Page Top
  • 2020.7.31(金)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0731

    皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0731
    今回は首席トランペット奏者、池田悠人からのメッセージをお届けします。

     僕と関西フィルとの関係は十数年前、学生だった頃から始まりました。

     白水さん(関西フィル首席トランペット奏者)の出演する演奏会を聴きにいき、声をかけてもらってエキストラに行ったのが初めてだった気がします。

     その頃は経験が浅く未熟だった上この規模のプロオーケストラで演奏すること自体が初めてでしたが、若さゆえの無謀か不安や緊張よりも楽しみが勝っていました。
    プロフェッショナルの演奏に興味津々で一緒に演奏するトランペットセクションの音を耳を大きくして聴いていました。プロの奏者のアタック、ダイナミクス、スタミナ、タイミング、表現力、凄みを感じ、とにかく強い衝撃を受けたことを覚えています。
     
    僕の当時の実力は周りと大きく隔たりがありましたが、セクションの一員としてこの凄さに混ざれた喜びと感動は筆舌に尽くしがたいです。

     元々オーケストラプレイヤーになりたかったわけですが、プロの現場を経験してその気持ちがより明確になったことは間違いありません。
    その後も沢山の公演で経験を積ませてもらいました。その一つひとつが糧になって今があるんだと感謝の気持ちでいっぱいです。

     そうやって育ててくれたトランペットパートの方々と2年前に同僚となれたことに深い感慨を覚えます。
    思い入れのある関西フィルの50周年を団員として迎えられたことを嬉しく思うと同時に、その歴史が培った個性をさらに魅力的に、それが関西フィルの伝統になっていくよう丁寧に積み重ねていきたいです。

    首席トランペット奏者 池田 悠人

     

     

     

     

     

     


  • 2020.7.25(土)
    50周年記念コラム 関西フィルNews その他
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ Op.0725

    みなさま、こんにちは

    美しい音楽を奏でるためには、十分な気力体力が必要…
    英気を養うためには、美しいものを見て、
    美味しいものを食べるのが一番 ということで(?)、
    関西フィルには食道楽がたくさんいます!

    公演でお邪魔するホールさんの、
    周辺のお店などをご紹介する“はらぺこシリーズ”。
    今回は、パン屋さん編!
    スタッフのおすすめを交えてご紹介します

    『パンド』
    年10回の定期演奏会ほか、たくさんの演奏会でお世話になっている
    ≪ザ・シンフォニーホール≫
    日本初のクラシック専用ホールとして1982年に開館して以来、
    今なお芳醇で素晴らしい響きで、ダイナミックな音が体感できます。

    「パンド」は、ホール裏手側にあるレトロなパン屋さん兼喫茶店で
    モーニングやランチもあるとか。(食べてみたい…!)

    つい先日、第312回定期演奏会の日にも行ってまいりました!

    スタッフのイチオシは「スイートポテトタルト」と「アップルパイ」。

    「スイートポテトタルト」(上の写真左)は、
    しっとりしたお芋の甘みとホロホロとくずれるタルト生地が絶妙…。
    「アップルパイ」(上の写真右)は、半月状のハーフサイズで、なんと360円
    アプリコット(?)のジャムをぬったパイ生地に
    カスタードと肉厚のリンゴがごろっと入っていて、
    幸せなボリュームです!!

    ほかにも、サンドイッチやお惣菜パンもあり…


    (左上から時計回りに、ピザパン、アップルパイ、スイートポテトタルト、ハムチーズ)

    夕方には品薄になってしまうことが多いので、
    ぜひ公演前に立ち寄ってみてください!

    ※土・日・祝日はお休みです

     

    『BROWN BAKERY(ブラウン・ベーカリー)
    “いずみホールシリーズ”“Meet the Classic”などを開催している
    ≪住友生命いずみホール≫は、内装やシャンデリアがとても美しいホール
    やわらかな響きで、音楽の都ウィーンにいるような優雅な気分にひたれます。
    (いずみホールさんは、ウィーン・フィルの本拠地『ウィーン楽友協会大ホール』を
    理想として作られたそうです。)

    このホールの周辺からは、京橋駅・京阪モールの中にある
    おしゃれなパン屋さんをご紹介。上階がカフェバーになっています。

    おすすめは「パールショコラトースト」。
    ココアパンの上に、チョコのガナッシュクリームと
    つぶつぶのチョコパフがたくさん載っていて、食感も楽しい!
    チョコ好きにはたまらないパンです

     

    ガナッシュクリームはちょっぴりビターで、
    見た目のインパクトに反して甘さは控えめですよ

    もちろん、このほかサンドイッチなど、お食事系のパンもあります♪

     

    Boulangerie & Cafe gout(ブーランジェリー・グウ)
    ≪NHK大阪ホール≫のある地下鉄・谷町四丁目駅にあるパン屋さん。
    谷町6丁目に本店がある人気店です。
    こちらの店舗は、カフェスペースでパンをいただくこともできます。

    実はこのお店の近くに、関西二期会さんの練習場と事務局があり
    スタッフもよくお世話になっています

    とてもたくさんの種類のパンがあるのですが、
    イチオシは「ジャンボン・コンテ」と、
    北海道の小麦粉“春よ恋”を使用したコッペパンで作った「練乳&ジャムサンド」、
    「トントロウィンナー」です。


    (皿上がトントロウィンナーとジャンボン・コンテ、右上が練乳&ジャムサンド)

    筆者の好みにド直球なパンたち。。
    “カスクート”とはバゲットで作ったサンドイッチの呼称ですが、
    “ジャンボン”→ハム、“コンテ”→フランスを代表するハードチーズ の名のとおり、 「ジャンボン・コンテ」は、しっとりしたロースハムと
    塩気の強いチーズに、バターが少しはさんであります
    歯ごたえ抜群のバゲットと相まって、
    シンプルな具材なのにとっても満足感があります

    「トントロウィンナー」は、ころんとした可愛いフォルム
    かたすぎないハード系のパンに、ぎゅっとつまったジューシーなウィンナー、
    胡椒の風味が、口の中でふわっと広がります…。

    真っ白でふわふわの“春よ恋”コッペパンは、このジャムサンドのほか、
    だし巻き卵やコロッケをはさんだドッグサンドにも使われており、
    売り切れ必至の人気商品です
    パンのみの“春恋コッペ”も販売されているので、

    ぜひ、このふわふわ感を味わっていただきたい…!

    定休日は木曜と第1・3水曜だそうです
    ※7月22日~31日まで夏季休業中

    まだまだご紹介したいお店は尽きませんが、今回はひとまずここまでで。
    コンサートは意外と、素敵なお店の近くで開催していたりしますよ!
    演奏会に出向かれる際は、ぜひぜひお気に入りのお店を探してみてください

    それではまた、次の”5”が付く日に!


  • 2020.7.22(水)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0722

     皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0722
    今回はヴィオラ奏者、田代直子からのメッセージをお届けします。
     

     関西フィルを応援してくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。2020年は東京オリンピックの年、関フィル50周年記念の年…。
    「華やかな忘れえない年になる」と、お正月にわくわくと考えていたのはつい最近のようで、かなり前のようで…。

     音楽業界には2月半ばから影響が及び始めたコロナ禍によって、
    お正月に思い描いたものとは程遠い形で記憶に残る2020年の日々が過ぎています。オリンピックは延期に、50周年記念はもちろん、他にも沢山の楽しみにしていたコンサートも延期・中止となり、演奏活動の出来ない寂しい時間が過ぎていきました。けれど、そんな時間が教えてくれた沢山の事もあります。

     家族といる時間が増えて、その有難味を感じたり、基礎練習やソロのレパートリーをさらう時間が増えて、久しぶりに自分の音とゆっくり向き合ったり…なかなか最近は出来ていなかった読書、庭の草引きなども楽しんでいました。草引きは、ちょうど活動自粛がスタートしたのが草木が栄え始める時期だったので、綺麗にしたと思って振り返ると、もう新たに生えている…というかんじで、自然界と根比べをしている気分になりますが、雑草の生命力は凄いな、と妙に感心してみたり…

     そんな中で、庭に沢山のブライダルベールの花が咲いているのを見付けました。母に聞くと、以前ダメになったと思って鉢を土ごと庭に捨てた辺りだとか…。雑草の生命力はともかく、あんな繊細な花が、一度枯れてもこうやって野生として蘇って、綺麗な花を咲かせて魅せてくれるんだな、と心に何かジンと来るものを感じました。

     けれど、アンサンブルが出来ない時間に得たものもある代わり、どれだけ自分が誰かと音を合わすことを好きなのかも痛感しました。内声を、キザミを、周りの音を聴きながら弾きたい気持ちは日々どんどん強くなり、自粛明けに初めてアンサンブルが出来た時、そして6月の定期演奏会で舞台に出てお客様のお顔が見れた時のゾクっとした感覚は、生涯忘れないと思いますし、忘れたくありません。

     音楽は美しい、綺麗、楽しい、癒される…そんな言葉で表現される事が多いですが、そんな形容と同時に、その音楽を演奏する私たちの強い意志でもっても、私が庭のブライダルベールを見て感じたように、応援してくださるみなさまに生命力あるエネルギーをお届け出来るようでありたいな、と思います。

     まだまだ不安な状況が続きますが、新しい環境とうまく共存しながら、
    より多くの方々とコンサート会場で元気に笑顔でお会い出来る日を心待ちにしております。
    今後とも関西フィルをよろしくお願いいたします。

    ヴィオラ奏者 田代 直子


  • 2020.7.15(水)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへOp.0715

    みなさまこんにちは

    関西フィル50周年記念コラム~未来の関西フィルへ Op.0715、
    今回は“つれづれシリーズ”として、元数学教師の事務局スタッフの
    文章です。

    ここまで理路整然と書いてみると、「おぉ…、なかなか…」と
    音楽が手強い物に感じられますが
    きっと、難しい数式でも表現できる緻密で正確な物なのでしょうね、
    普段はほとんど意識していませんが。

    でもまぁ、音楽は素晴らしく楽しいものであることに変わりは
    ありません
    気楽な気持ちでお読みください!!

     

     

     

    数学と音楽とは密接な関係があるという話をご存じですか。
    その関係について、改めて、調べてみました。

     「ドレミファソラシド」という音階を最初に発明したのは、
    「三平方の定理」でも有名な古代ギリシアの数学者、
    ピタゴラス(紀元前582年~紀元前496)です。

    カピトリーノ美術館(ローマ)のピタゴラス像 

    ある日、彼は、鍛冶屋の前を通りかかったときに、
    職人がハンマーを打ち下ろす「カーン、カーン」という音の中に
    きれいに響き合う音とそうでないものがあることに気づきました。
    これを不思議に思った彼は、鍛冶屋の職人のもとを訪れ、
    いろいろな種類のハンマーを手に取って調べ、きれいに響き合う
    ハンマーどうしはそれぞれの重さの間に、2:1や2:3といった
    単純な整数比が成立することを発見します。

     人が美しいと感じる響きの中に、単純な整数比が潜んで
    いるという意外性に惹かれた彼は、その後、高さの違う響き
    について研究しました。

    まず、彼はモノコード(下図)という楽器を発明しました。

     

    モノコードというのは共鳴箱の上に弦を一本張って、駒(こま)を
    移動させることによって、振動する弦の長さを変えられる装置のことです。

    このようなモノコードを2つ用意し、片方のモノコード(モノコードA)の
    弦の長さは固定しておき、これを基準とし、
    もう一方のモノコード(モノコードB)は駒を動かすことで
    弦の長さを短くしていきます。

    そうして2つの弦を同時に弾き、きれいに響き合う位置を探し始めました。
    すると、モノコードBの弦の長さがモノコードAの半分になったとき、
    高さの違う2つの音が重なり合うことが分かりました。
    (オクターブです!)

    彼はこの発見により、弦をいろいろな長さにして、相性のいい音色を
    探そうとしました。
    例えば、モノコードBの弦の長さを3分の2にしたときの音色は、
    モノコードAの音色と非常に相性が良く、美しく聞こえました。

    このようにしてピタゴラスは、弦の長さを調節することで、
    1オクターブの中に、相性よく聞こえる複数の音を発見したようです。

    「万物は数なり」
    宇宙のすべては、数の法則に従い、数字と計算によって解明できるという
    彼の思いが、現在の音階の基礎を作り上げたのではないでしょうか。

    もし、ピタゴラスが存在していなかったならば、現在のような音階が
    存在していなかったかもしれませんね。

     

     

     

    現在、この時ピタゴラスが発見した「相性の良い音」の組み合わせに
    ついては、無限に広がっているように思います
    バロック・古典の音楽から、近現代の作曲家の音楽まで、
    音の組み合わせによって生まれる響きの種類の多いこと
    昔の人に比べて、これらを全部楽しめる現代の私達は幸せです♪♪
    そして今後の、「音楽」の有り方の変化が楽しみですね~。

    それではまた「5」の付く日にお会いしましょう!!

     


  • 2020.7.13(月)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0713

     皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0713
    今回は第1ヴァイオリン奏者、松本リカからのメッセージをお届けします。

     いつも関西フィルを応援頂き有難うございます。
    楽団創立50周年を迎えることが出来、これ迄に関わって下さった全ての方のご尽力、ご支援に心より感謝申し上げたいと思います。 

     記念すべき年となりましたが、パンデミックとなった新型肺炎、先の見えない不安に覆われ世界中の人が今、自分に何が出来るのか、何をしたら良いのか模索しています。

     大学卒業後オーケストラの魅力に惹かれて入団しました。
    オーケストラは世界で最も大きい楽器と言われるように、多彩な楽器を使って描かれた楽曲の力は息を呑む様な繊細な音から、まさにダイナミックな表現まで圧倒されるものです。音楽は常に人間と共にあり、その祈り、心を伝えます。
    関西
    フィルも音楽を愛するメンバーと共にその本質を伝える楽団として
    成長してきたと思います。

     初めて生の演奏に触れる方、長年支えて頂いている方々に安心して
    コンサートホールに来て頂けることの大切さを、今このような活動自粛が続く状況となり改めて実感しているところです。

     アフターコロナは今とは異なる世界になると云われています。
    関西フィルは未来に向かって進みます。最初は小さな編成からになりますが
    50周年記念事業を携えて動き始めています。どうぞ変わらぬご支援をお願い致します。

     会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
    皆様、どうぞご自愛下さい。

    第1ヴァイオリン奏者 松本 リカ