Page Top
  • 2019.1.28(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    曲目変更のお知らせ(3/31(日)開催『第299回定期演奏会』前半曲目)

     皆様には、日頃より関西フィル公演にご来場・ご支援賜り誠にありがとうございます。
     さて早速ですが、3/31
    (日)開催「第299回定期演奏会」前半の曲目が変更になりましたので、以下ご連絡させて頂きます。ソリスト、ヴェロニカ・エーベルレさんの強い希望により、当初予定しておりましたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲「第4番」より、「第5番《トルコ風》」へと変更になりました。何とぞご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

    第299回定期演奏会
    2019年3月31日(日)14:00開演
    指揮:飯守泰次郎
    ヴァイオリン:ヴェロニカ・エーベルレ
    ◆モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
    ◆ブルックナー:交響曲第9番
     ※なお、この変更によりますチケットのキャンセル、払い戻し、お取り替えはございません。

     それでは、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
     公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団


  • 2018.9.10(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    【謹告】オーギュスタン・デュメイ休演のお知らせ(9/15(土)開催「第295回定期演奏会」)

    【謹告】オーギュスタン・デュメイ休演のお知らせ(9/15(土)開催「第295回定期演奏会」)

     皆様には、日頃より関西フィル公演にご来場・ご支援賜り誠にありがとうございます。
     9/15(土)開催「第295回定期演奏会」に出演を予定しておりましたオーギュスタン・デュメイ氏は、体調不良(足のケガの影響)により出演が不可能となりました。
    代わってフェリックス・ミルデンベルガー氏にご出演いただくこととなりました。また、それに伴い序曲を変更させていただくこととなりました。
     やむを得ぬ事情とはいえ、お客様各位には、大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
     なお、この変更によりますチケットのキャンセル、払い戻し、お取り替えはございません。 
     諸事情をご勘案の上、皆様のご理解をお願いいたします。
     何卒、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。
    (なおデュメイ氏は、9/19(水)開催「北山クラシック倶楽部2018」には出演の予定です。)
         公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団

     9/15(土)開催「第295回定期演奏会」
     【指揮】フェリックス・ミルデンベルガー
     【チェロ】アンリ・ドマルケット
      ◆ムソルグスキー/R=コルサコフ編:交響詩「はげ山の一夜」
      ◆サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33
      ◆ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲「展覧会の絵」
       ※当初1曲目に予定しておりました、ラロ:「イスの王様」序曲が「はげ山の一夜」へ変更となりました。

     * フェリックス・ミルデンベルガー氏をご紹介いたします。
    http://www.japanarts.co.jp/artist/FelixMILDENBERGER

    【指揮】フェリックス・ミルデンベルガー Felix Mildenberger

    1990年生まれ。2017年12月のカダケス国際指揮者コンクールで第2位に入賞したドイツの若手。2016年にロバート・スパーノ指揮者賞を受賞し、2017年からフランス国立管弦楽団の副指揮者を務めるほか、2014年に自ら設立したフライブルク・クレッシェンド交響楽団の首席指揮者・芸術監督として活動している。フライブルク音楽大学ではオーケストラ指揮の講師経験もあり、現在ドイツ国内の指揮フォーラムなどで指揮研究員を務めている。
    ミルデンベルガーはヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを学んだのち、2011-15年にフライブルクとウィーンでケラー、ストリガー、マルクソンらに指揮を学んだ。アスペンやルツェルンなどの音楽祭やマスタークラスでハイティンク、P.ヤルヴィ、ジンマン、ウルフ、シュテンツ、N.ヤルヴィ、M.スターンらに師事。クリヴィヌ、マルクソンらの薫淘を受け、フランクフルト放送響、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、トロンハイム響、エネスク・フィルなど内外一流の楽団の現場で研鑽を積んできた。ティチアーティ、カリディス、フルシャらのアシスタントも務め、オペラの副指揮や現代音楽の指揮経験もある。2016,17年はアスペン音楽祭で指揮研究員を務めた。
    2015年のショルティ指揮コンクールでセミファイナリストとなって注目されたミルデンベルガーは、翌年フランクフルト放送響に招かれ客演。2017-18年シーズンはフランス国立管、ハレ州立劇場管、ニュルンベルグ響、テューリンガー響、ベルグラードフィルなどへデビューが決まっている。
    オフィシャル・ホームページ
    http://www.felixmildenberger.com

     


  • 2018.8.9(木)
    関西フィルNews その他
    ラジオ放送のお知らせです!(再放送)

    ラジオ放送のお知らせです!(再放送)
    2018年8月12日(日)19:20〜20:20
    NHK-FM「ブラボー!オーケストラ」
    ◎ブラームス:悲劇的序曲 作品81
    ◎ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
    指揮:オーギュスタン・デュメイ(関西フィル音楽監督)
    ヴァイオリン:郷古 廉
    管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
    (以上、2017年6月22日開催、関西フィルハーモニー管弦楽団第284回定期演奏会より)
    どうぞお聴き逃しなく!
    (※2017年8月27日(日)放送回の再放送です。)


  • 2017.9.17(日)
    関西フィルNews その他
    ラジオ放送のお知らせです!

    ラジオ放送のお知らせです!
    2017年9月24日(日)19:20〜20:20
    NHK-FM「ブラボー!オーケストラ」
    番組サイト
    ◎シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調 D.485(全曲)
    指揮:オーギュスタン・デュメイ(関西フィル音楽監督)
    (2017年6月22日開催、関西フィルハーモニー管弦楽団第284回定期演奏会より)
    ◎シューマン:交響曲第2番 ハ長調 作品61(第3楽章は割愛)
    指揮:ディエゴ・マルティン・エチェバリア
    (2017年7月5日開催、関西フィルハーモニー管弦楽団第285回定期演奏会より)
    どうぞお聴き逃しなく!


  • 2017.9.14(木)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    【謹告】オーギュスタン・デュメイ休演のお知らせ(9/20(水)開催「第286回定期演奏会」)

    【謹告】オーギュスタン・デュメイ休演のお知らせ(9/20(水)開催「第286回定期演奏会」)

     皆様には、日頃より関西フィル公演にご来場・ご支援賜り誠にありがとうございます。
     9/20(水)開催「第286回定期演奏会」に出演を予定しておりましたオーギュスタン・デュメイ氏は、ケガ(肋骨の負傷)の回復具合が思わしくないため出演が不可能となりました。
    代わってロッセン・ゲルゴフ氏にご出演いただくこととなりました。なお、曲目・ソリスト・開演時刻等に変更はございません。
     また、この変更によるチケットのキャンセル、払い戻し、お取り替えはございません。
     やむを得ぬ事情とはいえ、お客様各位には、大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
     諸事情をご勘案の上、皆様のご理解をお願いいたします。
     何卒、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。
         特定非営利活動法人 関西フィルハーモニー管弦楽団

     9/20(水)開催「第286回定期演奏会」
     【指揮】ロッセン・ゲルゴフ
     【ヴァイオリン】岩谷祐之(関西フィル・コンサートマスター)
     【チェロ】パヴェル・ゴムツィアコフ
      ◆ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
      ◆ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
       ※曲目、曲順、ソリストに変更はございません。

     * ロッセン・ゲルゴフ氏をご紹介いたします。

    【指揮】ロッセン・ゲルゴフ Rossen Gergov

    1981年ブルガリア生まれ。これまでミヒャエル・アンゲロフ、ウィーン国立音楽大学でレオポルト・ハーガー、湯浅勇治各氏に師事。01年小澤征爾氏に才能を認められ、タングルウッド音楽祭に招待される。同音楽祭でボストン交響楽団のスカラシップを授与される。
    01年同大学を、04年同大学院をそれぞれ首席で卒業。その後09年までウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団のアシスタント・コンダクターを務める。07年5月エフゲニー・スヴェトラーノフ国際指揮コンクールにて入賞。
    オペラ指揮者としての経験も多く、21歳でマイニンゲン劇場(ドイツ)に専属コレペティトア兼指揮者として所属。07年ブレゲンツ音楽祭デビュー。以降、08年ブレゲンツ音楽祭でのウィーン交響楽団との「トスカ」、09年ブルノ歌劇場、10年にはウィーン・フォルクスオーパーに「こうもり」でデビュー。
    これまでにバンベルク響、BBC響、BBCスコットランド響、パリ室内管、グラーツ管、ORFウィーン放送響、バーゼル響、ノールランドオペラ響、チロル響、ウィーン・トーンキュンストラー管、ウィーン響ほか日本各地のオーケストラを指揮。
    近年は、イエナ・フィル(ドイツ)、ザグレブ・フィルなどと共演のほか、夏のブレゲンツ音楽祭への再客演、11年にはオペラ・ノースにて英国オペラ・デビュー、ウィーン・フォルクスオーパーへ「リゴレット」で再客演している。
    rossen-gergov-7cekisei-sonoda