Page Top
  • 2021.1.15(金)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    【動画公開のお知らせ】ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」

    2020年1029日(木)、ザ・シンフォニーホールで開催いたしました《関西フィル第314回定期演奏会》の動画を関西フィル公式YouTubeチャンネルで公開いたしました。

    内容変更の上開催いたしました本公演、ご来場いただきましたお客様に深く感謝するとともに、幅広いお客様にご覧いただきたく動画を公開いたします。

    ◆関西フィル第314回定期演奏会
    [日時]2020年1029()19:00開演
    [会場]ザ・シンフォニーホール
    [指揮]大山平一郎
    [管弦楽]関西フィルハーモニー管弦楽団
    [曲目]ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
                                   (1878/80年 ノヴァーク版第2稿)

    今後とも当楽団へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

    公益財団法人関西フィルハーモニー管弦楽団


  • 2021.1.13(水)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    関西フィル友の会(シート会員)について

    みなさま、こんにちは
    2021年度シーズンプログラムは、もうご覧いただきましたでしょうか?

    ↓こちらからご確認いただけます↓
    関西フィル2021年度シーズンプログラム

    2020シーズンは中止や変更で、お客様にはご迷惑をおかけいたしました。
    2021シーズンこそ予定通りの開催を祈り、
    デュメイ・藤岡・飯守の三指揮者や、客演指揮者の方々との
    バラエティに富んだプログラムを企画いたしました

    関西フィル定期・特別演奏会(10)をお得にお聴きいただける
    関西フィル友の会(シート会員)の入会受付を
    明日(1/14)から開始いたします

    A席にスポットを当てたものにはなりますが、
    スタッフおすすめのお席を紹介したブログがございますので、
    是非こちらもご覧ください
    https://kansaiphil.jp/column_50th/15040/

    25歳以下の学生の方にご入会いただける学生会員なら
    10回の演奏会を特別価格でお聴きいただけます。
    ※学生会員は当日座席指定券と引換。座席はクワイア席(W列~Z)

    ご不明な点がございましたら、関西フィル事務局(06-6577-1381)
    まで、お気軽にお問合せください
    ご予約お待ちしております

    お申込期間 1月14日(木)10:00~3月19日(金)

    【関西フィル友の会(定期会員)】
    [会員種別]
    SS会員・・・お客様専用のS席でお聴きいただきます
     年会費 ¥55,000 
     年間4回、定期演奏会以外の主催演奏会にペアでご招待
     2021シーズン招待公演
     8/11(水)Meet the Classic Vol.43
     9/20(月・祝)兵庫特別演奏会
     11/21(日)住友生命いずみホールシリーズVol.51
     22/1/15(土)Meet the Classic Vol.44
     ※状況により対象公演が変更となる可能性もございます。

    S会員・・・お客様専用のS席でお聴きいただきます
     年会費 ¥35,000 
    A会員・・・お客様専用のA席でお聴きいただきます
     年会費 ¥28,000 
    B会員・・・お客様専用のB席でお聴きいただきます
     年会費 ¥24,000 
    学生会員・・・演奏会当日、クワイア席の座席指定券と引換。
     年会費 ¥6,000 

    [お問合せ・入会申込]
    関西フィル事務局 06-6577-1381
    (平日10001700 土10001600 日・祝休み)


  • 2021.1.5(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    【出演者再変更のお知らせ】1/23(土)ワーグナー特別演奏会

    2021年1月5日

    お客様 各位

                        公益財団法人 朝日新聞文化財団
                  公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団


          ワーグナー特別演奏会
        バリトン歌手再変更のお知らせ

     

    平素より関西フィルの活動にご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

    2021年123日(土)「ワーグナー特別演奏会」につきまして、
    来日を断念しておりましたバリトンのミヒャエル・クプファー=ラデツキー
    氏は、入国日を再調整した結果、来日が可能となり、当初の予定通り
    同演奏会へ出演するはこびとなりました。

    代役をお願いしたバリトンの青山貴氏をはじめ、関係者の皆様、
    青山貴氏の出演を楽しみにしていただいた皆様には混乱を招き、
    ご迷惑をおかけする結果となってしまい、心よりお詫び申し上げます。

    ミヒャエル・クプファー=ラデツキー氏は、ドイツ出国前と日本到着時に
    新型コロナウイルスの検査を受けて陰性が証明され、
    現在、国内にて14日間の自主隔離中です。

     

    なお、この変更によるチケットの払い戻しはございません。

    本公演は、「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大
    予防ガイドライン」に従った感染予防対策を講じた上で開催致します。

    何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

     


  • 2021.1.5(火)
    50周年記念コラム 関西フィルNews
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへOp.0105

    皆様こんにちは!

     2021年お正月、いかがお過ごしでしょうか。
    50周年記念コラムOp.0105です。
    今回は“横顔シリーズ”「徳岡写真館」新年号!! 

    2021年最初の記念コラム、今回は徳岡カメラマンが
    文章も盛り込んで全体を作成してくれました。
    最初にはわざわざ今日のために作ってくれた“新年フォト”も。

     写真の枚数もかなり多くなっていますので、ご自宅でのひととき、
    のんびりとご覧くださいませ~。

     * * * * * * * * * * *

     

    あけましておめでとうございます。
    皆様どのようなお正月をお過ごしでしょうか?

    第4回は “ヨーロッパ編その2” ということで2015年の
    関西フィルのヨーロッパツアーで移動中や自由時間に撮った写真から
    ピックアップしてみました。

    ツアーではスイス、イタリア、ドイツを回ったのですが、
    見慣れた日本の街並みとはまた違った美しさ、
    面白さにキョロキョロしっぱなしの道中でした。

    街の雰囲気というものもやはり音楽と同様、「生」で体感する感動は
    格別です。
     街の雰囲気に大きく影響を与えるのが建物ですが、日本にお寺や
    神社があるようにヨーロッパでは行く先々でしばしば教会の尖塔が
    目につきます。

    【スイス・マルティニー】

     

    【ドイツ・ケルン】

     

    【ドイツ・デュッセルドルフ】

     

    中でも圧巻はツアー最終公演地のヴュルツブルクに向かう
    途中に一泊した南ドイツ・ウルムの大聖堂で、昼夜問わず
    街のどこからでも見ることができます。

     

    高さ約162mは教会の建築としては世界一なのだそうで、
    その迫力は教会前の広場で撮った次の写真からもご想像いただけるかと
    思います。

     

    ↓巨大な聖堂の外壁面には気が遠くなるほど手の込んだ装飾が
     加えられています。

     

     ウルムという街、このツアーでは宿泊しただけで公演はしなかった
    (スイスのモントルーもそうでした)のですが、
    非常に印象的で魅力的な街でした。
    そのウルムでの写真をもう少し。

     

      かのアインシュタイン博士の生まれた町として知られており・・・

     

    ↓伝説にもなっているスズメが街のシンボルとしてあちこちに
     デザインされています。

     

    ↓昔ながらの建物があるかと思うとこんなモダンな建物も。

    機会があればもう一度訪れてもっとじっくり回ってみたいものです。

     

     

    さて建物と言えば、昔から使われている建物ではレンガ色の屋根が
    多いようです。

    【左:ベルガモ 右:ブレシャ いずれもイタリア】

    全体的にも茶色系の壁の建物が目につきます。

     

    ↓ベルガモ空港着陸直前に飛行機から見たユニークな8の字型の建物。

     

    そして街を歩くとさりげなく花を飾るセンスの良さに目を惹かれます。

    【上の段:いずれもベルガモ/下の段 左:ブレシャ 右:ドイツ・ヴュルツブルク】

     

    足元を見れば石畳の多いことにも気がつきます。

    【上の段 左と中央:ベルガモ 右:ヴュルツブルク/下の段:ウルム】

     

    道路標示も見慣れないものがいろいろ。
    【上:ベルガモ 下:ヴュルツブルク】

    それにしても、上を向いたり下を向いたりしながら歩き回るとお腹が
    空きます。ちんぷんかんぷんのメニューに悪戦苦闘しながらも
    いろいろと本場の味を楽しみました。

    【左:マルティニー 右:ベルガモ】

     

    【ベルガモ】

     

    【左の3枚:ヴュルツブルク 右:ウルム】

     

    「写真館」第4回如何だったでしょうか?
    次回はいよいよ最終回。3月にお届けの予定です。

     

      昨年は感染症の大流行によって世の中全体が大打撃を受け、
    我々関西フィルは楽団創立50周年という華々しい記念の年である筈が、
    決まっていた公演が次から次へと予定表から消えていくという
    「無念の年」となってしまいました。
    しかし、ただ無念をかみしめていただけではありません。
    ほとんど全てのイベント類が世の中からなくなってしまって暫く経った
    5月ころからだったでしょうか、
    「早く演奏会に行きたい」、「生のオーケストラが聴きたい」
    という声が私の周りからも聞かれるようになってきました。
    生きていく上での心の栄養として音楽が必要と思っておられる方、
    また、音楽を演奏する我々を必要としてくださる方が少なからず
    おられるということを感じ、大変勇気づけられました。
    そして6月の活動再開後も楽団に直接寄付をいただいたり、
    クラウドファンディングなど色々な形での温かく力強いご支援を
    いただきましたこと、
    楽団員の一人として心から厚くお礼を申し上げたいと思います。

     まだまだウイルスが猛威を振るっており、普通に生活する中にも
    より注意深さの必要な毎日が続きそうですが、この状況もいつかは
    必ず出口にたどり着くはずです。
    今年一年の皆様のご健康をお祈り申し上げますとともに、
    「禍」による痛手も近い将来必ず「福」に転じることができると信じて、
    一歩ずつ歩んでいきたいと思います。

      本拠地移転で新たなスタートを切る関西フィルを
    今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

     

       徳岡裕紀

     

     *  * * * * * * * * * *

     

    4月から始めた「50周年記念コラム」、無事新年を迎え
    残りも3か月となりました!

    3月末まで、引き続きご覧いただければ嬉しいです♪

    では、また“5”の付く日にお会いしましょう!!

     

     

     


  • 2020.12.24(木)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    関西フィル事務局、年末年始休業のお知らせ

    みなさま、こんにちは
    今年も残すところ、あと一週間となりました

    新型コロナの影響で、たくさんの公演を見送ることになり
    お客様へ十分に音楽をお届けできなかったこと、悔いは残りますが、
    開催されたコンサートにご来場くださったお客様、関係者の皆様の
    ご尽力と温かいご支援あって
    本年を終えられますこと、
    心より御礼申し上げます。

    年末年始は、
    27日(日)「メイシアター開館35周年記念ウィンターコンサート」で弾き納め、
    1月9日(土)「21世紀の新世界」で新年弾き初めです

     

       pic六花    pic六花    pic六花  

    さて誠に勝手ながら、関西フィル事務局は
    12/27(日)~1/5(火)の期間、冬季休業とさせていただきます。
    (12/26(土)は通常どおり10:00~16:00の営業です。)

    1/6(水)10:00より通常営業を開始いたします。
    ご不便をおかけしますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

    尚、上記期間中もオンラインでのチケットご予約は承っておりますpic.よつば
    関西フィルWebチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/

     pic六花    pic六花    pic六花     

    2021年も、たくさんの演奏会でお会いできることを
    楽しみにしております!
    それではみなさま、良いお年をお迎えくださいませ