Page Top
  • 2020.11.30(月)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.1130

    皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.1130、

    今回は「関西フィルの「セカンドヴァイオリン」にフォーカス!!!」と題し、
    2ヴァイオリンのメンバーたちに焦点を当て、4回にわたってご紹介いたします

     普段第2ヴァイオリン(以下セカンド)は「第1ヴァイオリン(以下ファースト)より低い声部を受け持ち、サポートをするパート」などと紹介され、あまり実態が把握できないであろう我々。関西フィルのセカンドは現在7名在籍していますが、実は、実は、ものすご~く個性派揃いのパートなんです!実施したアンケートをもとに、セカンドのお仕事、メンバーが考えていることなど、皆様にもぜひ味わっていただき、今後もさらなる応援を頂ければ幸いです!最後には懐かしい名前も登場するかもしれません!?
    お楽しみに

    Q.最初からセカンドヴァイオリン? 
     Yes 6名 No 1
     Q.セカンドで苦労したこと、していることは?

    入団して最初の10年はファーストで演奏していました。実はセカンドに移った途端、出すべき音程がわからなくなり、音が出せなくなった時期があります。どこを基準に音を取れば良いのか、ハーモニーとしての取り方、メロディーとしての取り方、いろんなことを考えなければならないということを学んでいきました。また、バランスをとることも難しいと感じます。すぐ隣のファーストの音ばかり聴いてしまいがちですが、自分が今誰とどういう役割を担っているのかをもっと勉強しなくてはと感じています。

     

    テンポをしっかりキープしてリズムの頭を演奏するパートと、気持ちよく伸び縮みしながらメロディーを演奏するパートのあいだを、セカンド内でズレないように注意しながら音楽全体の流れに歪みが出ないよう調整しながら…。要するに臨機応変な立ち回りができるよう、常にアンテナ ビンビンで頑張ってます。

    学生時代にセカンドがものすごく上手いクヮルテットに衝撃を受け、そこから「セカンドが上手い人」になりたいとひそかに志を抱き、オーケストラの世界でトップを志願したという私ですが、いざ関西フィルに入団し、セカンドの仕事をしてみると(まだ入団5年目なので仕事しているうちに入りませんが…)、土台をしっかり構えるバス群、朗々と奏するメロディー。はて私が記憶している「面白い」セカンドは?入り込むスペースはいずこへ?ひたすら目の前のアンサンブルから目を逸らさず間を縫い、隙あらば内側から違う音色を求め…というのを目指してさらなる経験を積みたいです。

    Q.セカンドといえば、キザミ(8分音符や16分音符などを連続して正確に弓を往復する技法、音楽用語の通称)も大切な役割の1つですが、これは大変!という作曲家や作品は?

     第1位『ベートーヴェン』特に【交響曲第6番「田園」4楽章】
     圧倒的多数!
     
    補足:第4楽章のタイトル「雷雨、嵐」。雨粒からの突然の嵐をキザミにより表現。他パートがメロディーに移ろうがキザミ続けます嵐が去った後の第5楽章冒頭、ファーストから引き継ぐ、セカンドの美しいメロディー。激しく刻んだ「痺れた右腕」が言うことを聞かず、若干震えながらさらなる追い打ちをかけられます…勝負どころ!

    増永『「嵐」を起こしすぎて(筋を)やってしまいました』「(かかりつけ整体師)あぁ、やってしまいましたか~。はい、はーい了解。」という経験あり。

     第2位『ヨハン シュトラウス』
     
    補足: ワルツは3拍子で、セカンド(とヴィオラ)は23拍目を、またポルカなどの2拍子は主に裏拍を演奏します。この時、弓の元の方を使用することが多く、演奏会のプログラムによっては2時間(演奏会時間)右腕を「胸の高さでキープ」し続けなければならない。

    西村 「実は私、キザミはそんなに苦になってないんです」苦しさを通り超えて楽しくなっちゃってます。ヨハン・シュトラウスの「ウン チャッチャ」をひたすら引き続ける手当が欲しい。(以前ウィーンフィルの方と一緒に演奏させていただいた時、ニューイヤーコンサートの後は、ファーストの人に奢ってもらうんだと笑ってらっしゃいました。)

     第3位『ドヴォルザーク』
     

    大きな音を持続させるための刻みが多く「ここから倍速で刻んでください」という指示もあったりします。

    Q. 正直、キザミ手当が欲しい!  Yes 4名   No 3名

     

     

    今回はここまで~
    次回は、メンバーがおススメする作品や今後についてお楽しみに


  • 2020.11.25(水)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへOp.1125

     みなさまこんにちは!

    関西フィル50周年記念コラム~未来の関西フィルへOp.1125です。

    食欲の晩秋、
    今回は演奏させていただくホールさん周辺のお店などを
    ご紹介する“はらぺこシリーズ”、
    今回はラーメン屋さん編 2週連続でお届けします♪

     

    ラーメン…、この私達をうっとりとさせる響き、
    音楽家としてこの美しい響きに負けてられませんが、
    本当に抗い難い魅力を放っている存在ですよね。
    「ラーメン大王」と呼ばれている楽団員3名の意見を元に、
    独自にお店を選びました!

     

    *   * * * * * * * *

     

    まずは定期演奏会の会場、ザ・シンフォニーホール。
    JR大阪環状線の福島駅は、おいしいラーメン激戦区ですね。

    その中からまずは「西梅田らんぷ」をご紹介します。

    定期演奏会では、大きな編成でパワーが必要な曲を
    演奏する機会が多く、その前にがっつり食べたい所ですが、
    「西梅田らんぷ」は開店時間がちょっと変則的なため、
    演奏会のスケジュールの空き時間にさっと入ることが少し
    難しいそうです。
    このじれったさが食べたい気持ちをかきたてるのですよ。。。

     

    ラーメン担当の楽団員のコメントは、

     豚の旨味がたっぷりであっさりしながらも満足感が高い!
     透き通るスープであっさり系だけど、しっかりとした味があり、
     見た目と違いチャーシューがとても美味しい!

    とのことでした~。

    【西梅田らんぷ】

    (写真はすべて楽団員のカメラロールより)

    なかなか潔いビジュアルです!

     

    【西梅田らんぷ】お店HP

     

    そして1軒に絞れなかった福島駅周辺、もう1軒は
    「燃えよ麺助」をご紹介します。

    JR福島駅からザ・シンフォニーホール側ではなく、
    南側に少し行った所にあります。

     

    ラーメン担当奏者より。

     いつも行列のお店。
     鴨出汁と貝出汁どちらにするか、かなり難しい問題。
     見た目もお味も楽しめる。

     

    【燃えよ麺助】

    華やかなビジュアルですね!!
    ラーメンの中では、
    「ローエングリン」第3幕への前奏曲が流れてきそうなくらいの
    華やかさです。
    「レアチャーシュー」の色が美しいです!

     

    【燃えよ麺助】公式Facebook

     

    福島には他にもグルメ番組常連の超有名店もありますね。
    ぜひ定期演奏会前や終演後などに、お楽しみください!!
    本日25日(水)発売開始の、「第九特別演奏会」(1212(土))も
    ザ・シンフォニーホールでの開催です!
    14時30分開演なので、ラーメン・ランチと合わせてご来場ください~。

    ♪第九特別演奏会

     

     

    さて、次は藤岡さんとの「Meet the Classic」や
    「いずみホールシリーズ」でお世話になっているいずみホール周辺から、
    「ほそ道」というラーメン屋さんです。

    いずみホールでは、ホールの規模や芳醇な音響を生かした
    中規模編成の作品や古典の作品を演奏することがあります。
    古典の作品はとても緻密に書かれていてほんの少しのズレも許されず、
    けっこう神経を使うのですよ…。
    ということで結局ラーメンが食べたくなるのです!!

     

    「ほそ道」、ラーメン大王の感想。

     なんといっても麺が特徴的!うどんを感じさせる色味と食感で
     濃いめのスープにとても合う。

     ホルモンをラーメンと合わせるという発想、ホルモンとスープの
     バランスが素晴らしい。
     サイドメニューの小モツ丼もアイディアが素晴らしく、
     タレと卵のバランスが抜群。
     炙ったホルモンの香ばしい香りが食欲をそそり、もっとホルモンが
     欲しくなる。。

     

    はい、見た目どうぞ。

    【ほそ道】

     

    小モツ丼と合わせるとなんて背徳的…。

    恐怖のダブル炭水化物ですが、卵とモツでたんぱく質強化してます、
    ご安心を。

    【ほそ道】オフィシャルLineアカウント

     

    いずみホールでの演奏、近々ですと、

    2人のプリマドンナの華やぎにオケも霞むわ…
    ♪Meet the Classic Vol.42(1/16(土))

    これぞ女子力コンサート♡
    ♪バレンタイン・コンサート(2/14(日))

    がございまして、どちらも発売中です~。

     

    次はフェスティバルホールでのラーメン、
    フェスティバルプラザ地下1階にある「而今」(じこん)です。

    フェスティバルホールでは、オーケストラピットに入る機会が
    多いですね。
    最近では、シネマコンサートやアニメやゲーム音楽の大規模な
    コンサートに出演させていただくことが増えました。
    客席数2,700席、この容積のホールに音を響かせるには、
    やはりラーメンの力が必要です!!

    「而今」に関して、

     洗練されたスープ、ライスが売り切れてるとショックを受ける。
     メニューが少しずつ変化するので飽きない。間違いないお味。
     こってりタイプで、食べるとこれだけで満足してしまう。
     フェスティバルホールはバレエ公演が多いので、しっかり
     体力の補給になる。

    などの意見が寄せられました。

    【而今】

     

    【麺道 而今】公式twitter

     

    フェスティバルホールさんでは、朝日新聞文化財団さん主催の
    「大阪国際フェスティバル」でお世話になっています。
    2020年5月に開催予定だった飯守さんとのワーグナー公演、
    2021年123日に会場をザ・シンフォニーホールに変更し、
    開催致します!!

     

    ♪飯守泰次郎×関西フィル ワーグナー特別演奏会

    (この時は“西梅田らんぷ”か“燃えよ麺助”を)

     

    また、
    3月3日には大阪名物「大阪4オケの4大シンフォニー」に
    出演致します!!こちらはフェスティバルホール。

    ♪大阪4オケの4大シンフォニー 


    ホールとラーメン店で皆様にお会いできれば嬉しいです~♪

     

     次回、Op.1205では近畿各地の演奏会場から
    ラーメン店情報をお届けします!


  • 2020.11.17(火)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.1117

    皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.1117
    今回は、トロンボーン奏者、松田洋介とクラリネット奏者、西峰里美からのメッセージをお届けします。 

     関西フィルを応援してくださる皆さま、
    いつも温かいご支援をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございます!

     私が関西フィルに入団してちょうど10年、忘れられないのが本採用が決まった日の2011311日。厳しい現実と共に私の団員としての日々が始まりました。
     それから世の中には様々な事が起こり、現在にいたってこの状況
    人が生きていく上で困難や苦しみが絶えないという事を実感せざるを得ない10年でした。そんな中で音楽と共に過ごしてきて、やはり音楽、芸術は人に欠かせないものであり、人の心を動かすものだという思いがより一層強くなった10年でもあります。

     楽団創立50周年という節目にあたり、これからも皆さまに更なる感動が伝えられるよう、音楽文化に貢献できるよう、素晴らしい同僚と共に精一杯努めてまいります。
     皆さまあっての関西フィル、そして芸術です。
    今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

    一日も早い収束を、皆さまが健やかな毎日を過ごせますよう心からお祈りします!

    トロンボーン奏者 松田 洋介

                         

     関西フィルをご支援くださる皆様、演奏会へ足を運んでくださるお客様、いつも本当にありがとうございます。長い自粛期間を経て、徐々にまたコンサートができるようになってきました。改めて仲間と音を重ねる楽しさ、お客様に演奏を聴いていただける喜びをより強く感じています。

     50周年という節目をオーケストラの一員として迎えることができ、とても嬉しく思っています。これまで関西フィルを守ってきてくださったすべての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。

     関西フィルがずっとずっと皆様から愛されるオーケストラであるように、これからも心を込めて演奏をお届けしていきたいと思います。

    クラリネット奏者 西峰里美


  • 2020.11.15(日)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへOp.1115

    皆様こんにちは!

    本日11月15日は、いずみホールで公演を開催いたしますが、
    その前に関西フィル50周年記念コラムOp.1115をご覧ください

    今日は”つれづれシリーズ”として、
    自衛隊音楽隊出身の事務局員の思い出です~。
    音楽・時代的なこともあり、NHK連続ドラマ小節「エール」に
    はまっているようです

     

    * * * * * * 

    今年の10月には祝日がありませんでした。

    10月第2月曜日に設定されていた「スポーツの日」が、
    東京オリンピック開会式の開催予定だった7月24日に
    移動したからです。

    私の年代で10月の祝日と言えば、1010日の「体育の日」です。
    1964年の東京オリンピックの開会式が1010日だったので、
    これを記念して制定されました。
    当時テレビに見入ってワクワクした記憶が蘇ります。

    この「体育の日」は2000年から10月の第2月曜日に、
    そして今年2020年から「スポーツの日」に改められました。
    ハッピーマンデー制度や国民の休日
    (祝日と祝日に挟まれた平日を休日へ)、
    振替休日で連休・休日が増えるのは嬉しいですが、祝日制定した経緯や
    本来の意味合いが遠退くようで少々寂しく感じてしまいます。

    ここで改めて、1964年の東京オリンピックの開会式について
    振り返ってみました。
    現在、NHK朝の連続テレビ小説「エール」のモデル、古関裕而作曲の
    ”オリンピック・マーチ”がドラマの中でいかに描かれるか、
    こちらも楽しみですが、1964(昭和39)の開会式、選手入場行進では
    このオリンピック・マーチだけが演奏されたわけではありません。

    古関 裕而作曲「オリンピック・マーチ」、
    タイケ作曲「旧友」、
    アルフォード作曲「後甲板にて」、
    スーザ作曲「海を越える握手」、
    プランケット作曲「サンブル・エ・ミューズ連隊」、
    團 伊久磨作曲「祝典行進曲」、
    シュタルケ作曲「剣と槍」、
    スーザ作曲「エル・カピタン」、
    タイケ作曲「ツェッペリン」、
    ビゲロー作曲「われらの先駆者」、
    モルネー作曲「連隊行進曲」、
    ドゥーブル作曲「ブラビューラ」

    上記の順番で繰り返し演奏され、日本選手の入場の際には
    「オリンピック・マーチ」に切り替えたそうです。

    米英独仏の名だたる行進曲が選曲されたようですが、選曲の過程は
    分かりません。
    この、選手入場行進の演奏曲名はほとんど資料が残っておらず、
    Youtube等の開会式の映像は、ずっと「オリンピック・マーチ」
    が使用されています。
    上記の曲名は、この開会式で演奏していた先輩から教えてもらいました。

    ところで、この「オリンピック・マーチ」の終結部で突然日本的な旋律が
    現れます。
    作曲者本人はこれに関して何も言及していないので、
    5秒ほどのこの旋律の断片は、「君が代」の終わりの部分、
    雅楽「越天楽」、唱歌「紀元節」の冒頭、などの推測がなされています。

    「紀元節」は、初代天皇 神武天皇の即位の日をもって定めた祝日で、
    現在の「建国記念の日」211日の由来となっています。

    1940(昭和15)に開催が決定していた「東京オリンピック」は、
    日中戦争の影響で開催権を返上したため実現しませんでした。
    この幻のオリンピックは、
    神武天皇即位の年から数える紀元二千六百年記念行事として準備が
    進められていたということです。
    古関裕而は、この紀元二千六百年を象徴する「紀元節」の旋律を
    「オリンピック・マーチ」に登場させて、昭和39年と昭和15年を
    結び付けたという説があります。

    戦争によって大きく変貌した日本。
    古関裕而の真意はわかりませんが、戦前への郷愁、
    日本の歴史・伝統文化への想い、
    そんな想いを伝えようとしたのかもしれません。

    来年の東京オリンピックは新型ウィルス対策をはじめ、経費削減など
    開催に向けて検討が進められていますが、
    どのような開会式でどんな音楽が奏でられるのか、
    そしてオリンピックに関連する文化プログラムの行方も気になります。

    オリンピックは延期できますが、関西フィルの創立50周年は2020年、
    今年です。
    シーズンプログラムもこれまでのほとんどが変更しての実施に
    なっています。
    残された2020年度を少しでも充実した記念事業にしたいものです。

    ところで、このシーズンプログラム(定期演奏会の一覧チラシ)はご覧に
    なりましたか?
    このパンフレットには隠し文字が仕込まれています。
    各公演のサブタイトル、すべて横書きの文章ですが、縦に一文字ずつ読むと
    50周年の文章が読み取れるのです。
    ぜひ探してみてください。

     

     * * * * * *

    それでは今日はいずみホールで、
    そして次の”5”の付く日にお会いしましょう!!

     


  • 2020.11.10(火)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.1110

    皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.1110
    今回は、セカンドヴァイオリン奏者、村田啓明からのメッセージをお届けします。

     関西フィルに入団して14ヶ月になります、村田啓明です。ヴァイオリンを弾いています。
     昨年2019年の4月にオーディションがあり、それまで関西フィルの演奏会にエキストラで出演したことはなく、その前のオーディションを受けたこともなく、楽団員に知り合いが何人かいる程度でほとんどご縁がない状態で受験したのですが、当日の演奏で自分の音楽を伝えることができ、無事に合格をいただけました。
     課題を弾き終わった後、審査員(楽団員)の方々からの拍手がとても温かく、人柄の良い人達ばかりの楽団で良かったなと、まだ受かってもいないのにそんな安心感を持っていました。

     その後7月に入団し、有難いことに仕事の量が劇的に増えました。そうなるとわかっていた直前の5,6月、人生最後の夏休みということで好き勝手に1人で旅をして、雇い入れ時健康診断の当日の朝に夜行バスで帰って来たりと自由に過ごし、夏休みは一瞬にして溶けてなくなり、7月からオーケストラの楽団員としての人生が始まりました。
     ところが年を明けてびっくり、全く喜べない理由で2月末から6月末まで4ヶ月連休となり、人生最後の夏休みと思っていた翌年に早速また夏休みが来てしまいました。私にとっては少々給料が減っても休みが増えるのはうれしいことなのですが、さすがにここまで長い休みは神様にもサンタクロースにも頼んだ覚えがありません。特に45月は電車やバスに乗ることすら極力避けて厳重に対策をしてきましたが、世間が徐々に正しい恐れ方を理解してきて、6月末からリハーサルと演奏会が再開し、9月以降は以前とほとんど変わらない稼働率になってきました。

     つい先日、リハーサルの前に朝一で病院に診察を受けに(※風邪ではありませんが)行ったことがあったのですが、診察室に入った瞬間初めてお会いしたおじさん先生に「それなに!?トランペット!?」と聞かれました。あまり細かいことはツッコまないようにして、趣味ではなく職業として楽団でヴァイオリンを弾いていることをお伝えしました。仕事の減り具合についても聞かれ、今はほとんど戻っていることをお答えすると、(心の底から思っている感じで)「良かったねえ…!」と言っていただきました。こういった会話はいろんな方と何度もしてきましたが、このとき改めて自分が思っているよりはるかに多くの方が音楽業界を気にかけてくださっていることを実感しました。

     あくまで娯楽の世界なので、人間の生命の維持という観点では音楽がなくなっても誰も困らないのかもしれませんが、今まで何百年と続いている文化を受け継ぎ、子どもたちにその魅力を伝え、次の世代に繋げていくことはとても大切なことだと思っています。近年、演奏して稼ぐことがものすごく難しい時代になっていますが、自分がその立場になれた以上、オーディションに受かった時点で緩み切ることなく、死ぬまで腕を磨き続け、子どもたちに夢を与えていきたいと思います。と言っては大袈裟かもしれませんが、とにかく一心不乱・切磋琢磨に頑張っていきます。日頃からご支援いただき誠にありがとうございます。関西フィルだけでなく音楽業界全体を今後ともよろしくお願い申し上げます。 

    セカンドヴァイオリン奏者 村田 啓明