Page Top

指揮者Conductor

音楽監督Music Director
オーギュスタン・デュメイ Augustin Dumay ©ELIAS
オーギュスタン・デュメイAugustin Dumay
プロフィール詳細
閉じる

オーギュスタン・デュメイは、クラシック界におけるヨーロッパの偉大な伝統の継承者としてその地位を確立しており、今世紀最高のヴァイオリニストのひとりとして国際的に高く評価されている。カラヤンとの共演やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのコンサート、さらにEMIからリリースされている数々の録音により卓越したヴァイオリニストとして注目を集めるようになった。

“正統派スタイル”と定評のある彼の奏法は、ドイツ・グラモフォンに録音したマリア・ジョアン・ピリスとのベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ全集」や、カメラータ・アカデミカ・ザルツブルクとのモーツァルト「ヴァイオリン協奏曲集」など、多くの優れた録音にも表れている。

ヴァイオリニストとして世界の主要オーケストラおよび著名な指揮者と定期的に共演しているほか、10年程前からは指揮者としても勢力的に活動しており、2003年からはワロニー王立室内管弦楽団の音楽監督を、また2011年からは関西フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めている。

2004年よりブリュッセルのクィーン・エリザベス・ミュージック・チャペルの教授を務めており、才能ある若手ヴァイオリニストたちの指導にあたっている。

映画監督のジェラール・コルビオは、デュメイのドキュメンタリー映画『Augustin Dumay, laisser une trace dans le coeur』を制作した。

これまでにEMI、ドイツ・グラモフォン、ONYXから40以上の録音をリリースしており、数々の賞を受賞している。

首席指揮者Principal Conductor
藤岡 幸夫 FUJIOKA Sachio ©SHIN YAMAGISHI
藤岡 幸夫FUJIOKA Sachio
プロフィール詳細
閉じる

英国王立ノーザン音楽大学指揮科卒業。「サー・チャールズ・グローヴス記念奨学賞」を特例で受賞。

1993年BBCフィルの定期演奏会が「タイムズ」紙などで高く評価され、翌1994年「プロムス」にBBCフィルを指揮してデビュー。以降ロイヤル・フィル、ロイヤル・リヴァプール・フィル等数多くの海外オーケストラに客演。2006年オヴィエド歌劇場ブリテン「ねじの回転」でスペインにオペラ・デビュー。その年の同劇場新演出作品のベスト・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤーに輝き、2009年にR.シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」で再び脚光を浴びた。2016年にはブリュッセルでA.デュメイ、V.アファナシエフと共演。2017年5月にはアイルランド国立交響楽団にマーラーの第5交響曲で客演、聴衆総立ちの大成功を収めた。

マンチェスター室内管弦楽団、日本フィルを経て、現在、関西フィル首席指揮者、東京シティ・フィル首席客演指揮者。毎年40公演以上を指揮し、2019年に20年目のシーズンを迎えた関西フィルとの一体感溢れる演奏は常に高い評価を得ている。

テレビ、ラジオへの出演も多く、番組の立ち上げに参画し、指揮・司会として関西フィルと共に出演中のBSテレビ東京「エンター・ザ・ミュージック」(毎週土曜23:30~)は放送250回を超え、2019年10月には6年目のシーズンを迎える。

滋賀県長浜市PR大使(文化観光大使)、東大阪市特別顧問。
現在、朝日新聞夕刊(関西版)に、エッセイ「音楽はお好きですか?」を連載中(毎月一回、第2木曜日に掲載)。

桂冠名誉指揮者Honorary Conductor Laureate
飯守 泰次郎 IIMORI Taijiro ©武藤 章
飯守 泰次郎IIMORI Taijiro
プロフィール詳細
閉じる

1962年桐朋学園大学音楽科卒、同時に藤原歌劇団公演「修道女アンジェリカ」にてデビューを飾る。1966年ミトロプーロス国際指揮者コンクール、1969年カラヤン国際指揮者コンクールでともに第4位入賞。1972年、芸術選奨新人賞とバルセロナのシーズン最高指揮者賞を受賞。

これまでに読売日響、ブレーメン、マンハイム、ハンブルク、レーゲンスブルクの各歌劇場の指揮者、エンスヘデ市立歌劇団第一指揮者、東京シティ・フィル、名古屋フィル、関西フィルの常任指揮者を歴任。古典派からロマン派にかけてのレパートリーを根幹に、意欲的な活動を展開。特に2000年から4年がかりで東京シティ・フィルと取り組んだワーグナー「ニーベルングの指環」全4作ツィクルス上演では、その功績により2003年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

ヨーロッパの歌劇場で積み上げてきたオペラに対する深い造詣、特にワーグナー作品を積極的に日本楽壇へ紹介してきた功績には特筆すべきものがあり、バイロイト元音楽祭総監督ヴォルフガング・ワーグナーも、「飯守こそドイツ語でKapellmeisterと呼ぶにふさわしく、そこにはマエストロと言う言葉以上に大きな尊敬の念が込められている。」と評した。

現在、東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者および関西フィル桂冠名誉指揮者。

2012年9月から新国立劇場オペラ部門芸術参与、2014年9月から同芸術監督に就任。

CD制作に関してはフォンテックレーベルから多数リリース、その演奏の充実ぶりが各誌より絶賛されている。

これまでに、2000年度第32回サントリー音楽賞、2004年11月紫綬褒章、2008年第43回大阪市市民表彰、2010年11月旭日小綬賞、2012年度日本芸術院賞、2014年度第56回毎日芸術賞などを受ける。また、2012年度の文化功労者に選ばれ、2014年12月には日本芸術院会員に選ばれた。