Page Top

2018年 11月

  • 2018.11.30(金)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    東大阪市に出現する本格的で壮大なホール

        5年の準備期間を経て、2019年9月1日にオープンする
    東大阪市文化創造館(近鉄八戸ノ里駅から徒歩すぐ)
    9月時点で建設の進捗率は35%ですが、完成するとヨーロッパの伝統的な
    劇場を思わせる馬蹄形の大ホールを備えた、本格的で壮大なホールが
    東大阪市に現れます。

     お会いするたびに、文化創造館について熱く語ってくださる
    準備室の畑中室長。
    ホールを創るために、畑中室長をはじめ東大阪市が取り組まれたことを
    お伺いしました。

     東大阪市のホールの建設意義
     『市民の文化芸術活動を支援し、舞台芸術に高めていくこと』
    それには、クラシック、オペラ、ミュージカル、ポップス、
    演劇、狂言、文楽、歌舞伎と全ジャンルを網羅しているべきだという
    思いをお持ちです。そのために、

    ①100ヶ所以上のホール見学
     「音楽については全くの素人で開設準備室に配属されてから、
    まずホールに行ってみようと思い、初めてホールで
    クラシック音楽を聴きました。
    それから公共のホールをはじめ民間のホールも含めて
    100ヶ所以上に足を運んでいます。公演がないときのホールよりも
    公演時のホールのお客様の動きやバックステージ動線に
    重点を置いて見ています。
    そこから、文化創造館ではお客様、主催者、出演者、会館職員が、
    スムーズに移動できるように大ホール・小ホール・多目的室を
    1階に配置し、バック動線でもつながるようにしています。
     また、市民の皆さまが色々な文化活動に参加できるように、
    練習諸室は20部屋配置します。普通の練習室ではなく、
    ミュージック・ダンス・カンファレンスなどのジャンルに
    対応できるようになっており、他のホールにはないことです。
    他にも『音の反響』についてインスピレーションを得たのが、
    ザ・シンフォニーホールと東京オペラシティです。
    ザ・シンフォニーホールは音の響きがとても心地よい、
    東京オペラシティは音が濃密という印象です。
    これらから、生音の響き豊かな空間を創りたい、
    音響はどこにも負けないようにしようと思いました。」

    ②音の反響
     「そこで永田音響設計さんに、音が濃く聞こえる理由をお伺いし、
    シュミレーションしました。ステージ上の音が客席に伝わるように、
    サイドバルコニー席を設けて音響ひさしの効果を高めています。
    また、プレーヤーの方にも話を聞くと、ステージにも音の返りが
    欲しいとおっしゃる方もいました。
    そこで、音響反射板の壁に工夫を凝らし、
    プレーヤーにより音が跳ね返るようにしています。
    実際に大ホールを見たときに、変わった反響板を発見できます。」

    ③市民の声
     「『演歌や歌舞伎も見たい』、市民の皆さまから
    このような要望をいただきました。
    このホールはクラシック、オペラ、ミュージカル、ポップス、
    演劇、狂言、文楽、歌舞伎と全ジャンルの公演が行えます。
    他にも『ホールには緑地が欲しい』『カフェが欲しい』という
    要望もいただき、正面に芝生広場やカフェレストランを設け、
    にぎわいとやすらぎが調和した文化薫るまちを創っていきます。
    設備だけでなく、外観にも注力を注いでいます。
    ですので、ホールの全てを堪能していただけます。」

    畑中室長よりメッセージ
     「文化創造館は、文化芸術活動の拠点施設として高機能のホールと
    多機能な練習室が充実しています。
    施設だけでなく、公演も多彩なものを行います。
    プロの公演や市民の方が参加できる公演、ワークショップ、
    市民参加のオペラ・演劇を行う予定です。
    皆さまのお越しをお待ちしております。」

     建設中のホールにもおじゃまさせていただきました。
    まだ足場ばかりですが、これらがどこになるのかを想像しながら、
    オープンをお楽しみに。

     

     


  • 2018.11.27(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売日のお知らせ~大阪市中央公会堂特別演奏会、第299回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_105498

    先日の第297回定期演奏会にご来場いただきました皆様
    ありがとうございましたpic_27303
    今年最後のデュメイウィークはお楽しみいただけましたでしょうか?

    本日は、
    2019年3月16日(土)開催「大阪市中央公会堂特別演奏会
    2019年3月31日(日)開催「第299回定期演奏会
    のチケット発売のお知らせです。
    明日11月28日(水)10:00より発売開始いたしますpic_99360
    ※お電話でのご予約は28日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は28日11:00からです。

    《大阪市中央公会堂特別演奏会》
     

    [日時] 2018年3月16日(土) 15:00開演(14:00開場)
    [会場] 大阪市中央公会堂
    [出演] 指揮:藤岡幸夫
        ヴァイオリン:木嶋真優
    [曲目] ワーグナー:ジークフリート牧歌
        ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26
        シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 作品97「ライン」     
        ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
        あらかじめご了承ください。
    [料金] 一般席 ¥4,000 学生(25歳以下) ¥2.000 (全席指定・消費税込)
         ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
          当日学生証のご提示が必要です。

         ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮下さい。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         チケットぴあ[Pコード:135-228] 0570-02-9999

     

    《第299回定期演奏会》
    飯守泰次郎(c)武藤章 

    [日時] 2019年3月31日(日) 14:00開演(13:00開場)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:飯守泰次郎
        ヴァイオリン:ヴェロニカ・エーベルレ
    [曲目] モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
        ~飯守のブルックナー・ツィクルス第9回~
        ブルックナー:交響曲第9番 ニ短調(ノヴァーク版を予定)
    [料金] S席 \6,000 A席 \4,500 B席 \3,000
        C席 \2,000 学生席(25歳以下)\1,000
        ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
        当日学生証のご提示が必要です。
        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮ください。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
          関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
          ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
         (10:00~18:00 休業日 毎週火曜日)
          チケットぴあ[Pコード:348-125] 0570-02-9999


  • 2018.11.24(土)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    DEPARTURE TO THE FUTURE

    【DEPARTURE TO THE FUTURE】

     11月13日(火)に大阪4オケ(関西フィルハーモニー管弦楽団、
    大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、
    日本センチュリー交響楽団)で2019年シーズン共同記者発表を行いました。

     関西フィルは2018年公益財団法人に生まれ変わり、
    そして2019年はオーギュスタン・デュメイ監督との契約を更新し、
    新たなスタートを切ります。更に、定期演奏会は300回を数え
    2020年には楽団創立50周年を迎えます。
     そんな節目のシーズンの始まりにふさわしく
    「DEPARTURE TO THE FUTURE」=未来への出航(たびだち)
    銘打って、関西フィルが誇る音楽監督オーギュスタン・デュメイ、
    桂冠名誉指揮者飯守泰次郎、首席指揮者藤岡幸夫とともに
    「芸術性」と強烈な「個性」で、より一段と充実した演奏をお届けします

     デュメイ監督とはベートーヴェンをはじめとする古典作品を
    軸にオーケストラ演奏の礎となる名作を取上げます。
     飯守泰次郎桂冠名誉指揮者とはマエストロが最も得意とする
    声楽分野の超大曲「エリア」を、藤岡幸夫首席指揮者とは菅野祐悟さんの
    最新交響曲を取上げます。

     デュメイ監督より
    「新しい観客・世代のファンをクラシック音楽に導き、
    社会的プレゼンスの向上を目指します。
    楽団の監督、楽団長、指揮者、個々の演奏のプログラミングを
    前に出して、個性を表すことが大切であり、
    これらを内外に示していきます。
     プログラムは、関西フィルを進化させることに焦点を当てた内容に
    なっています。また、若い音楽家を多数、招聘しています。
    彼らを育てていくことで、同じ若い世代の聴衆が共感できるようにします。」

    【2019年Season Program 】

     

    【OOKN(おおきに)ボックス】※
     大阪4オケの共同企画“とことんリヒャルト・シュトラウス”についても
    発表しました。2019年10月、11月に各楽団が開催する定期演奏会で、
    リヒャルト・シュトラウスの作品を演奏します。
    4オケ各楽団の定期会員様は、どの楽団のチケットセンターでも
    チケットをご購入いただける
    という
    新たな販売形式を実施します。
     関西フィルは11月29日(金)第306回定期演奏会が対象で、
    チケットは7月24日(水)発売です。
    購入方法については後日、ホームページでお知らせします。

    第306回定期演奏会】 
    指揮&Vn:オーギュスタン・デュメイ
    Pf:上田晴子(※)
    開演:19:00
    会場:ザ・シンフォニーホール
    曲:【R.シュトラウス没後70年記念】
    ♪R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 作品18(※)
    ♪R.シュトラウス:メタモルフォーゼン(変容)~23の独奏弦楽器のための~
    ♪メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調 作品56「スコットランド」

    ※4オケ各楽団のローマ字の頭文字、O=Osaka、O=Osaka、K=Kansai、N=Nipponを並べて、大阪弁の「おおきに」を当て、劇場のチケット売り場の意味であるBox Officeを組み合わせた名称

    左から、太田弦さん (2019年4月より大阪交響楽団正指揮者)
    尾高忠明さん(大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督)
    オーギュスタン・デュメイ(関西フィルハーモニー管弦楽団音楽監督)
    飯森範親さん(日本センチュリー交響楽団首席指揮者)

     

     2019年は関西フィルと一緒に未来へ

    会場で皆さまにお会いできることを楽しみにしております