Page Top
  • 2020.7.5(日)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへOp.0705

    みなさまこんにちは!

    関西フィル50周年記念コラム~未来の関西フィルへ Op.0705です。

    今回は“横顔シリーズ”として、「徳岡写真館」を
    お届けしたいと思います

    第一ヴァイオリン奏者の徳岡裕紀は、普段からよくカメラを
    持ち歩き、写真を撮っています。
    2015年のヨーロッパ公演の時にも資料作成のために、
    「徳岡さん!〇〇〇の写真撮っていませんか??」と
    写真を提供してもらっていました…。
    “横顔シリーズ”「徳岡写真館」、何回かに分けて徳岡の写真を
    ご紹介します♪♪

    徳岡に、カメラとの馴れ初めを尋ねてみたところ…

      子供の頃からカメラに限らずラジオや無線機、車など、
       機械には
    とても興味がありましたが、改めてそのきっかけが
       何だったのかは・・・
    よくわかりません。
      でも、小さな筐体にボタンやレバーや目盛りやレンズが
       ぎっしり
    収まっているのを見ると今でもワクワクします。 

    とのこと。
    徳岡少年、写真ではなくて“カメラ”自体が魅力的だったのですね。

     現在、デジタルカメラ2台と交換レンズを数本所有していて、
    普段はその中から最軽量の組み合わせを持ち歩いているとのこと。

     第一回目の今回は、まだまだ梅雨が明けない日々なので、
    清々しい気分になっていただける写真をご紹介致します~

     

    梅雨の季節の清々しい物として外せないのは紫陽花ですね。

    はっとするほど鮮やかなブルー!

    ふんわりした気持ちになるピンクの紫陽花も。
    土の状態で色が変わる紫陽花、雨の日も明るい気持ちになれますよね!

    紫陽花の花言葉の中には、「家族愛」「家族団らん」という言葉が
    あるそうです。
    まさにこの季節のステイホーム・フラワー

    そして雨と言えばカエル。雨とカエルはセットです

    カエルが鎮座している場所が、
    大砲の砲身の上なのか、チャッカマンなのかによって
    カエルの大きさがかなり変わってきますよね~。
    (正解は徳岡の車のアンテナ。丹波市だそうです。)

    カエルが何をつぶやいているのか、想像してみましょう。

     

    「やっべっ!行き止まりやん。。」

    「マスクしていないから絶対しゃべりませんよ、私は。」

    「下りるのめんどくさくなってきたな~」

    「この形状はトンボがとまるはずやねん。」

     

    カメラマンからは
    「“雨あめ降れふれもっと降れ”やろ。」
    と素直な回答が。

     

    次はマイナスイオンたっぷりの1枚
    熊本県南阿蘇村の有名な湧き水、白川の水源とのことです。

    少しシャッタースピードを遅くする(1.3秒)、という手法で
    このニュアンスになるそうです。

    水音が聴こえてきますね~。
    体感温度も下がってきました!

    お次は季節の食べ物
    宮崎県延岡市のマンゴーパフェ。
    夏の色、夏の香りです!!

    ぱっと見、すぐにパフェだとわかりませんよね。

    太陽の塔的な、
    エミール・ガレのガラスのオブジェ的な、
    ガウディの建築物的な、
    何かに見えませんか??

    暗闇の中に浮かび上がる、ワイルドながら妖艶なマンゴーパフェ
    なかなかの迫力です!

     

    最後は、熊本県宇城市で撮影された写真をご紹介します。

    コロナ禍でガラッと日常が変わってしまい、来月、どのような世の中に
    なっているのか正直わかりませんね。
    そんな中にもきっとひとかけらの希望はあるはず、と前向きに
    過ごしていきたいものです
    そんな想いを込めてこの写真をご紹介します。
    美しい夕日の次の日は晴れ

     

    徳岡カメラマン、当たり前ですがオケの中ではヴァイオリンを
    しっかり弾いています。

    コンサートマスター、岩谷の左に座っているのが徳岡裕紀です!
    応援よろしくお願いします

     

    “横顔シリーズ”「徳岡写真館」、次回をお楽しみに!

    ではまた“5”の付く日に

     


  • 2020.7.2(木)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0702

     皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0702
    今回は、特別契約Vc首席奏者、向井航からのメッセージをお届けします。

     「よく弾いた平成時代の、最後の本番が昨日の関西フィル第300回定期演奏会だった。良い演奏会になって、良かった。
    関フィルに入ってすぐの頃に第200回定期があって、200回かぁ、
    長い歴史があるんだな、と思った。
    200〜300の歴史に関わってきたんだと思うと、感慨深い。」

     2020年、関西フィルハーモニー管弦楽団は創立50周年を迎えた。
    「人生は退屈すれば長く、充実すれば短い」というシラーの言葉があるように、「長い」ということが無条件で尊いとされるわけではないが、
    楽団創立当時からの先輩達は
    「良い時も悪い時もあったけど、乗り越えてきた。これからはお前たちの時代だ」と言って下さる。その言葉は、音楽をより多くの人に届ける貢献を今後も継続し、発展していくことを期待して下さっているのだと、私は理解している。

     2007年、当時は最年少で27歳の時に関西フィルの首席チェロ奏者に就任した私は、今年で40歳になる。
     オーケストラ奏者になってからの13年間という時間は、
    長いような気もするし短いような気もするが、楽団の50年という歴史は、
    生きてる時間が40年弱の私からすると、尊敬の念を抱く長さだ。

     関西フィルに入るまでの私は、クラシックの分野以外にスタジオミュージシャンとしても仕事をしていた。ハンガリーに留学した後、藝大に復学した時からチェリストとして演奏の仕事をするようになった私は、多くの素晴らしい先輩や友人に恵まれ、運良くその世界での仕事の機会を得た。
    自分でもバンドを組んでデビューしたこともあって、
    当時は国内外のロックアーティスト、J-popや演歌、映画のための音楽、
    テレビドラマやCMのための、いわゆる劇伴音楽をレコーディングスタジオで録音する仕事で、都内のスタジオを毎日駆け回っていた。

     Liveやテレビ出演するアーティストの後ろでも演奏し、弱冠20歳そこそこの私が、著名なミュージシャンやアーティストの皆さまと行動を共にさせて頂き、自分も、自分が演奏する音楽で多くの人を幸せにしていると勘違い出来るほど、華々しい世界を沢山見せて頂いた。 

     しかし、新興の音楽のクリエイティブな魅力が大好きでありながらも、
    チェロというクラシック音楽を起源とする楽器を演奏する以上、
    一度はオーケストラに所属して、スケールも歴史も壮大な交響曲やオペラを
    演奏することが、何にも代え難い夢の一つだとも感じていた。

     一般的に「クラシック音楽」と言われるものは、グレゴリオ聖歌を含まないとしても16世紀から、400年以上の歴史があると言える。
    クラシック音楽で使われる楽器の種類は多種多様で、オーケストラでは
    その代表的なものを集めて構成され、演奏されている。

     チェロという楽器も300年以上の歴史があり、かつては
    Basso continuo(通奏低音)として主にリズムとベースラインという役割が
    多かったのだが、古典以降は、立ち位置を低声部に置きながらも
    次第に編成の大型化や楽器の改造も加わり、内声、対旋律、主旋律も演奏するオールマイティな楽器に進化していった。
    チェロ を必要とする曲、チェロの為に書かれた曲がとても沢山存在するので、日々探求、研究していても未だにその魅力と奥深さは計り知れない。

     その300年の歴史の中で、多くのチェロが製作されているので、現在では様々な年代の楽器が使用されている。私の楽器は1928年、イタリアのトリノで製作されたものだそうで、引き算が間違っていなければ今年92歳になる。もちろん0〜300歳以上のものが存在するので、比較的に若いものと言えるかも知れない。
     しかし、チェロをつくる為に使われる木は、少なくとも樹齢100〜200年以上だそうで、つまりこの楽器に使われている木が地球上に生まれてから
    およそ200〜300年以上経つということになる。

     そんなチェロを自分が練習で弾いているときに、なんでうまく弾けないんだ…という局面に幾度となく遭遇する。そういう時はいつも、自分より圧倒的に長い年月を知っている「楽器」に、その答えを教えてもらう事にしている。
    それは即ち、うまく弾けないのは自分なのであって、うまく弾きさえすれば、楽器は素晴らしい音で音楽を奏でてくれる。
     地球に根をはった大木になるまでの長い年月に見てきたもの、感じてきた事、知っている事、楽器となってからの92年間にも、きっと何人もの素晴らしいチェリストが弾いてきたことだろう。何度も素晴らしい音楽家、楽器達とアンサンブルをしてきたことだろう。だから楽器は良い音も、良い弾き方も、良い音楽も全て知っていて、うまく弾けた!と自分で思えた時、楽器が素晴らしい音で歌ってくれた時、
    「そう、その弾き方なら、こんな音が出るよ。」と、教えてくれるのだ。
    そして楽器のこの先の100年の為にも、私が使っている時代に悪い音に
    するわけにはいかないので、少しでもより良い音が出るような弾き方を
    銘肝して弾いている。

     オーケストラも、楽器と似た性質がある。
    良い時間を過ごせば良い音に、まあまあな時間であればまあまあな音になると思うし、進む方向も、その寿命も、関わる人によって大きく変わってくると思う。

     次々と勉強して弾き続けた13年間は、あっという間の短い時間だった気もするが、私が関わった時間もオーケストラにとって少しでも、良い時間であったのだろうかと、自問出来る程度には、長くやってきた気もする。

     50年という時間、多くの音楽家と関わってきたこのオーケストラは、
    少しでも良い音で鳴るためにはどうしたら良いのか、
    低声部の位置から模索を続ける私に、これからもきっと、
    たくさんの事を教えてくれる。

     

     現在、新型コロナウィルスの影響で公演中止があいつぎ、
    音楽業界全体が未曾有の危機に直面しています。
    もうコンサートホールでオーケストラという形態の演奏会をしていくことは
    無理なのではないか、と悲観的に思わざるを得ないような状況が続きますが、多くの応援メッセージや寄付を頂き、深く感謝申し上げます。

     山登りをする人にとって、どの山もそれぞれの魅力やおもしろさがあるそうです。
    関西フィルは数ある山の一つとして、これまでの50年に敬意を払いつつ、これからの50年も、歴史ある「音楽」を多くの人と共有する役割を担う団体で
    あり続けたいと思っています。

    特別契約Vc首席奏者 向井 航

     


  • 2020.6.20(土)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0620

     皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0620
    今回は、コントラバス奏者、大野緑からのメッセージをお届けします。

     皆様
     いつもありがとうございます。
    コントラバス奏者として入団して35年が経ちました。
    いつも怖い顔をして前列で演奏しています。

     そもそもピアニストになりたくて音楽高校に進み、
    副科で何か別の楽器を選択しなければならず、
    最後までジャンケンで負け続け、最も人気のなかったコントラバスを
    やる事になったというのが私とコントラバスとの出会いです。

    大学在学中からいろんなオーケストラのエキストラとして
    勉強させて頂きましたが、最初に呼んでもらったのが
    関西フィルの母体であるヴィエールフィルでした。
    オーケストラの中でのコントラバスの魅力に取り憑かれ、
    絶対オーケストラに入りたい!と思ってオーディンを受け、
    入団できた時の喜びは今でも忘れられません。

     関西フィルは今年50周年を迎えいろんな企画で皆様に楽しんで頂こうと
    思っていたところにこの事態自粛が始まりお客様の前で
    演奏する事がどれだけ幸せな事なのかを痛感しました。
    少しずつ工夫をしながら、従来の演奏会ができるようになるのを心待ちにしています。

     皆様の応援・ご支援あっての関西フィル、本当に感謝しています。
    これからもどうぞ宜しくお願い致します。

    コントラバス奏者   大野 緑


  • 2020.6.15(月)
    50周年記念コラム 関西フィルNews
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ Op.0615

    みなさまこんにちは!

    関西フィル50周年記念コラム、今回は“横顔シリーズ”です!
    楽団員や指揮者の、音楽以外の一面を紹介していこうと思っています。

    初回は、第一ヴァイオリン奏者の髙本みわです。
    彼女はかなりの料理上級者なのです!!
    普段から、忙しい本番・練習のスケジュールの合間に家族のためにきちんと
    手料理を作っていましたが、今回の自粛期間の間は、かなり手の込んだ
    料理を作っていたそうなので紹介します!

    テレビ番組では、「赤ちゃん・ペット・食べ物」が高視聴率になる
    要素トップ3とのこと。
    50周年コラムも髙本みわの料理で高視聴率狙っていきます…!!

    まずは絵力爆発のお肉から。

    牛肉のバーベキュー!!
    お庭にバーベキューセットがあり、よくお肉を焼くそうです。
    お肉はやばいですね~。
    眺めていると頭がぼおぅっとしてきますね。。。

    自宅にはスモーカー(燻製器)もあるらしく、それでお肉のスモークも
    よくしているということでした。

    ↓そのスモーカー

    高本家のスモーカー、結構大きい。コピー機くらいありそう。

    ↓これは豚ロースと豚肩ロースの燻製。

     

    次は、思わず「これはお店で食べるやつでは…」とつぶやきたくなる2品。

    「エッグ・ベネディクト」!!
    トーストしたイングリッシュマフィンに、焼いたベーコンとポーチドエッグ
    を乗せ、オランデーズソース(卵黄、レモン汁、湯、少し塩胡椒、バターで
    作ったマヨネーズのようなもの)をかけるそうです~。

    髙本のご主人は、
    大阪フィルハーモニー交響楽団のトロンボーントップ奏者のロイドさん、
    ハワイ・オワフ島ご出身です。
    ロイドさんと一緒に里帰りをしたときにハワイでエッグ・ベネディクトを
    食べて、あまりのおいしさに家でも作ってみたそうです♪♪

    そして「ファラフェル」。
    普通のレストランでもメニューになかなかありませんよね~。
    エジプト、イスラエルなどの中東のお料理です。

    乾燥ひよこ豆を一晩水に漬けて戻します。
    もどしたひよこ豆をフードプロセッサーで細かくして、玉ねぎ、にんにく、
    塩胡椒、クミン、コリアンダー、カイエンヌペッパーを混ぜ、
    冷蔵庫で少し寝かせた後、ピンポン玉より小さいサイズに丸め、
    油で揚げるとのこと。

    そしてヨーロッパでは時々見かけるファラフェルのサンドイッチ!
    (そんなにヨーロッパに行っていませんが)

    ピタパンにトマト、レタスなどと挟み、
    ヨーグルトソース(ヨーグルト、すったキュウリ、にんにくすりおろし、
    塩コショウ、レモン汁、クミン)と、タヒニソース(練りゴマ、レモン汁、
    にんにくすりおろし、水、塩)がかけてあります。ソースが複雑!!

    シカゴの、“ピタイン”という中近東料理のファーストフード店で食べた
    ファラフェルがおいしくて、再現してみようと頑張ったそうです。
    Chicagoのファラフェル」、言ってみたいわ。

     

    最後に時間がかかるお料理を。
    まずは「オックステール・スープ」。オックステール、牛のしっぽですな。

    オックステール(コストコで購入)に塩をまぶしてジップロックに入れ、
    一晩冷蔵庫へ。

    次の日、沸騰したお湯に入れて煮こぼすとのこと。(煮こぼす!?)
    その後、薬味(八角、陳皮、生姜、にんにく)を入れて1時間、
    さらにピーナッツ入れて2時間、弱火で煮ます。 
    (合計3時間以上。ガス料金が気になる。)

    そのまま一晩置き、表面の脂を取って温め直し、
    器に持って香菜(シャンツァイ)を山盛りのせ、生姜醤油で食べる!!!
    2泊3日の行程となります。

    これはテンション上がります、チキンの丸焼き!!

    ブライン液(塩、砂糖、ローリエ、にんにく、粒胡椒、レモン)という
    お肉が柔らかくなる液に一晩漬けます。
    次の日、鶏をよく洗い、スタッフィング(茹でた大麦、野菜、ササミを
    ピラフの様に味付けした詰め物)を鶏の中にパンパンに詰め、
    タコ糸で足をくくります。
    塩胡椒、にんにくバターを表面に刷り込み、香味野菜の上に鶏を置いて、
    200度のオーブンで1時間半くらい焼きます。
    途中、20分おきにスープを鶏にかけ、焼き上がったらアルミホイルに
    包んで20分くらい休ませます。(これは1泊2日やった)

    下にひいていた香味野菜、バター、赤ワイン、醤油、スープの素で
    ソースを作り、切り分けたチキンにかける!
    メリー・クリスマス!!

    お庭でのバーベキュー、
    お肉を焼くのはご主人のロイドさんのお仕事とのこと!

    ↑「私が手伝っている所!」と届いた写真。肉渡しているだけ…?!

    ↓髙本の、普段のお仕事本気姿はこちら♪

    藤岡さんの左にコンマスの岩谷、岩谷の後ろの奏者の、左側(内側)に
    座っているのが高本みわです。(業界用語で2プルのイン)
    また、演奏会で探してみてくださいね!!

    では、また次の「5」の付く日に!!

     

     


  • 2020.6.12(金)
    50周年記念コラム
    50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0612

    皆さま、こんにちは!
     50周年記念コラム~未来の関西フィルへ K.0612
    今回は、オーボエ奏者、高名幾子からのメッセージをお届けします。

     関西フィルが50周年をむかえる事ができましたのは
    これまで支えて下さった多くの皆様のおかけです。
    本当にありがとうございます。

     現在、新種のウイルスによって
    世の中の流れが大きく変化し、
    先々の予想ができない状況におかれています。でも、
    視線の先には未来を見据えています。

     日常だった演奏活動を行うことが難しい
    今だからできる基礎練習(教則本)
    初歩から丁寧に繰り返しています。

     そしてオーケストラの演奏を皆様にお届けできる
    幸せな空間を想いうかべながらオーボエを吹いています。

     皆様、どうかお体を大切にお過ごし下さい。
    1日も早く、コンサート会場でお目にかかれる日が来ますように。

    オーボエ奏者 高名 幾子