Page Top

2019年 3月

  • 2019.3.20(水)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    3月31日第299回定期演奏会、前売チケット完売のお知らせ

    みなさま、こんにちはpic.きらり

    3月31日(日)開催の「第299回定期演奏会」は
    おかげ様をもちまして、前売チケット全席完売いたしましたpic_27968
    たくさんのご予約ありがとうございました

    なお、当日券およびキャンセル待ちの有無につきましては
    現在調整を進めております。ご了承くださいませ。

    みなさまのご来場を、心よりお待ちしておりますpic_27303


  • 2019.3.12(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売日のお知らせ~第303回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_ハチ

    今週末の16日(土)は毎年多くの皆さまにお越しいただいている
    大阪市中央公会堂特別演奏会ですpic_5738
    今メディアでも話題のヴァイオリニスト木嶋真優さんをゲストにお迎えします!
    まだ残席ございます!!是非お越しくださいませpic_27303

    さて本日は、2019712(金) 開催
    第303回定期演奏会」チケット発売日のお知らせです。
    明日313()1000より発売開始いたします
    ※お電話でのご予約は13日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は13日11:00からです。

    指揮は飯守泰次郎さん。

    ソリストには石橋栄実さん(ソプラノ)
     

    福原寿美枝さん(アルト)

    畑儀文さん(テノール)

    与那城敬さん(バリトン)


    田中めぐみさん(ソプラノ)
    村井優美さん(アルト)
    総毛創さん(テノール)
    武久竜也さん(バリトン)

    をお迎えし、メンデルスゾーンのエリアをお贈りします

    皆さまのご予約、お待ちしておりますpic_133950

    ≪第303回定期演奏会≫
    【日 時】2019712(金) 1900開演(1800開場)
    【会 場】ザ・シンフォニーホール
    【出 演】指揮:飯守泰次郎
         ソプラノ:石橋栄実
         アルト:福原寿美枝
         テノール:畑儀文
         バリトン:与那城敬
         ソプラノ:田中めぐみ
         アルト:村井優美
         テノール:総毛創
         バリトン:武久竜也
         合唱:関西フィルハーモニー合唱団
    【曲 目】
          ♪メンデルスゾーン:オラトリオ「エリア」
    【料 金】S席¥6,000A席¥4,500B席¥3,000C席¥2,000
         学生席(25歳以下)¥1,000 (全席指定・税込)
         ※学生席をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
         ※当日学生証の提示が必要となります。

    【ご予約】関西フィル事務局 06-6577-1381
          (平日 10:00~17:00、土 10:00~16:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
         チケットぴあ[ Pコード:138-589 ] 0570-02-999


  • 2019.3.5(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    4月13日(土)アプラたかいしにて名曲アワー♫

     
     アプラたかいしでの公演が決まったと聞いたとき、大変失礼なことですが
    「高石市に行ったことがない」と思い、お話をお伺いしたいと
    アプラ高石の建設された当時のアドバイスにも関わられ、
    現在はミュージックアドバイザーを務められている橋本徹雄さんに
    ホールと高石市の特徴をインタビューさせていただきました。

    アプラの意味は?
     アプラの語源はアプローズ、つまり「喝采」です。
    プロ、アマチュアに関係なく全ての方にホールを提供できるように
    「喝采」を浴びるほど皆さんにご利用いただきたい、
    と言う想いを込めています。

    ホールの特徴を教えてください。

    *駅から近い
     ホールは駅前にないといけないと強く思っています。
    それは、せっかく良いものを観たり聴いたりしたあとに
    雨に濡れたり、遠い道を歩いて寒い思いをお客さまに
    させてはいけないという考えからです。
     最寄駅は南海本線高石駅、改札を出て右に曲がると目の前に
    ホールが現れます。

    *ホール
     細部にこだわりました。譜面台は折り畳み式ではなく、
    スタンドで固定されているものを使用しています。
    演奏者の椅子は結婚式場にあるような椅子を用意しました。
    私自身がオーボエ奏者なので、演奏中にお尻が痛くならないように
    配慮しています。
    これは奏者も大切にしないといけないという思いがありました。
     大ホールの一番の特徴は、1階席の椅子を床に沈めて
    平土間にできることです。
    主に音楽を提供することを前提に造られましたが、
    こうすることでボクシングや格闘技等の試合、
    ウォーキングセミナーを開催できました。
    1階で300人の吹奏楽の奏者が演奏し、2階から聴いていただいた
    公演は圧巻でした。
    面白い企画としては紙飛行機大会です。同じように1階をアリーナにして、
    2階から紙飛行機を飛ばして距離を競いました。
    どの企画もお客さまに大変楽しんでいただき、音響にこだわったホールで
    このようなことができるのは珍しいことだと思います。

    1階席を床に沈めて、アリーナ形式にしたホール

    高石市について教えてください。

    *音楽が盛ん
     実は、高石市は人口が約6万人しかいませんが音楽に関心が高い市です。
    合唱団も吹奏楽もあります。
    合唱団は少人数の団体が15団体ほどありますが、
    少人数だと合唱できる曲が多くないため、
    それなら皆で集まってやろうということになりました。
    年に1回、大曲をオーケストラや吹奏楽団と
    一緒にできる大合唱団=アプラフィルハーモニー合唱団ができたことで、
    私が音楽監督をしているニューフィルハーモニック大阪という
    オーケストラと合唱団で毎年ニューウェーブコンサートを3年に1回開催する
    第九公演は今年で5回目を迎えます。

    お客様へのメッセージをお願いします。
     関西を代表するオーケストラを高石市民の皆さまに
    知っていただける機会だと思います。
    クラシックに疎遠な方も映画音楽から楽しんでクラシックを
    知っていただきたいです。
     今回の名曲アワーでは、800名程を収容できるホールとしては、 
    本格的なホールに劣らない音響で映画音楽とシンフォニーを 
    堪能していただけることは間違いありません。

     

    アプラたかいし特別演奏会“名曲アワー”

    日時:4月13日(土)

    開場 13:30 開演 14:00

    指揮:藤岡 幸夫(関西フィル首席指揮者)

    プログラム
    【第1部】華麗なるスクリーン・ミュージックの世界
    ●B.グレイ/川上 肇編曲:映画「サンダーバード」テーマ
    ●J.ウィリアムズ:「ハリー・ポッターと賢者の石」より”ヘドウィグのテーマ”
    ●チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より”金平糖の踊り”
    (映画「くるみ割り人形と秘密の王国」より)
    ●バデルト/リケッツ:「パイレーツ・オブ・カリビアン」メドレー
    ●マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」より“間奏曲”
    (映画「ゴッドファーザーPart3」より)
    ●M.スタイナー:「風と共に去りぬ」より”タラのテーマ”

    【第2部】
    ●ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」