Page Top

2022年 9月

  • 2022.9.20(火)
    公演情報
    【謹告】9/22(木)開催「第331回定期演奏会」プログラム変更につきまして

    平素より関西フィルハーモニー管弦楽団の公演にご来場賜り誠に有難うございます。
    9/22(木)開催「第331回定期演奏会」のプログラム変更につきましてお知らせ申し上げます。
    今回のプログラムは、
    ◆フランツ・シュミット:歌劇「ノートル・ダム」間奏曲
    ◆スメタナ:交響詩「ボヘミアの森と草原より」
    ◆バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36
    ◆シマノフスキ:交響曲第2番 変ロ長調 作品19
    という、日頃演奏される機会の希少な「国民楽派」を中心とした演目で構成される、難曲揃いのプログラムでした。
    その中、台風14号接近に伴う交通事情(鉄道計画運休)により、リハーサル初日である9/19(月祝)の時間短縮を余儀なくされました。
    完成度の高い演奏を求める指揮者マテュー・ヘルツォーク氏との熟慮の結果、止むを得ずフランツ・シュミットの作品をプログラムから外す決断を致しました。
    「ノートル・ダム」間奏曲を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、何とぞご理解賜りますよう心よりお願い申し上げます。

    それでは、今後とも関西フィルハーモニー管弦楽団を宜しくお願い申し上げます。

    公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団


  • 2022.9.19(月)
    事務局からのお知らせ
    事務局営業時間変更のお知らせ[2022年9月20日(火)]

    平素よりご高配を賜り、ありがとうございます。
    明日、9月20日(火)は、台風14号の影響により、暴風や大雨、公共交通機関の乱れが予測されます。
    つきましては、明日の営業時間を、「12:00~17:00」に変更させていただきます。
    尚、20日の午後におきましても、台風の影響が残っている場合には、9月20日を「臨時休業」とさせていただきます。

    大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。


  • 2022.9.10(土)
    公演情報 事務局からのお知らせ
    【チケット販売状況のお知らせ】

    ※9/10更新

    平素は関西フィルの活動にご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
    9月10日時点のチケット取り扱いにつきまして、ご連絡申し上げます。

    ———-
    《発売中》
    ◇9/16(金) 住友生命いずみホールシリーズVol.53
    ◇9/22(木) 第331回定期演奏会
    ◇10/28(金) 第332回定期演奏会
    ※独奏者が変更となりました。
    https://kansaiphil.jp/concert/#concert20221028
    ◇11/10(木) 第333回定期演奏会
    ◇11/16(水) 住友生命いずみホールシリーズVol.54

    ———-
    《発売予定》
    ◇12
    /7(水)「第九」特別演奏会

    9/14(水)から発売。
    お電話でのお申込みは10時から販売開始。
    WEBチケット、関西フィル事務局での直接購入は11時から受付です。

    関西フィル事務局 06-6115-9911
    関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/


  • 2022.9.6(火)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    奈良県立橿原考古学研究所と協定を結びました

     公益財団法人関西フィルハーモニー管弦楽団は、奈良県立橿原考古学研究所と音楽を通じて、考古学の新たな魅力を創造し、考古学・古代史ファンの裾野を広げることを目的とした「音楽を通じた考古学の魅力創造協定書」を締結しました。

     

     

    左から、奈良県立橿原考古学研究所副所長 岡林孝作さま、奈良県立橿原考古学研究所所長 青柳正規さま、浜橋元専務理事、首席指揮者藤岡幸夫

    「クラシックと考古学?」と不思議な感じがしますが、2021年11月3日の奈良県立橿原考古学研究所付属博物館のリニューアルオープン式典で、林そよかさん作曲のイメージ曲「瑞山の風~たまゆら~」を演奏させていただいたことがきっかけです。
    来賓の方々が、「博物館でコンサートを定期的に開催しては?」とご提案いただき、この運びになりました。

    青柳正規さまより

    一人ひとりの幸せや安らぎのためには、「文化」がもっと必要です。お互いが交流することで相互のファンが興味を持ち、異文化コミュニケーションが大きくなれば相乗効果で文化的な実りが得られます。日本で初めてのオーケストラと博物館との取り組みは、これからの日本が進むべき指針になると確信しています。

    首席指揮者藤岡幸夫より

    博物館での演奏は一回きりになってしまうことが多いです。しかし、この試みは、一回で終わりではなく、つまり、点が線になっていきます。お互いのファンがクラシックと歴史に興味を持ち合い、こうして繋がりを持っていけます。オーケストラと博物館が提携する、こんな面白いことはありません。発展する要素が詰まっています。

    浜橋元専務理事より

    日本各地で音楽を提供すること、小編成での演奏を提供することは、我々の使命に合致しています。博物館で室内楽をすることは初めてで、この新しく面白い試みが、お客様に大きな魅力を発信できると思います。

     ならムジークフェストや奈良県文化会館でコンサートをさせていただいています。そして、今回の協定でますます奈良とも繋がり、クラシックと歴史が生む新たな文化を創造してまいります。

    【関西フィルメンバーによる瑞山ホールコンサート】
    2022年11月12日(土)開場13:30、開演14:00
    会場:奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 瑞山ホール
    入場:無料
    定員:50名
    ※近日中に募集します。

    奈良県立橿原考古学研究所附属博物館HP


  • 2022.9.5(月)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    門真市ふるさと納税返礼品に関西フィルが追加されました!

    みなさま、こんにちは

    この度、門真市のふるさと納税返礼品に関西フィルが追加されました!
    『リハーサル見学参加証』、『コンサートのチケットとゲネプロ見学参加証』のセットをご用意しております。

    リハーサル見学では「オーケストラ公演ができあがっていく様子」を、
    ゲネプロ見学では「本番直前の最後の仕上がりの様子と演奏会本番との比較」を体験できます。

    どちらも普段見ることのできないオーケストラを味わえますので、
    みなさまからのお申し込みをお待ちしております

    ※非売品オリジナルグッズの特典付き。
    ※コンサートチケット+ゲネプロ見学参加証は、2022年10月より受付予定。
    ※門真市民の方は門真市へのふるさと納税寄附および返礼品の受け取りはできません。ご注意ください。

    門真市と関西フィルは2020年に「音楽と活気あふれるホームタウンパートナー協定」を締結しました。
    さまざまな連携・協力のもと文化芸術の振興および地域教育環境の充実をともにめざしています。

    寄附の使い道

    1. 未来へはばたく子どもの夢をかなえる学校教育環境の充実
    2. 出産・子育てがしやすく子どもがたくましく育つまちの実現!
    3. 住みたい・住み続けたいまちづくりの実現!
    4. 文化芸術・スポーツ活動等の充実!
    5. 地域コミュニティ活動等の充実!
    6. 市長におまかせ(災害や感染症への備えなど)

     

      各サイトからお申し込みいただけます。

      門真市ホームページふるさと納税サイト

      門真市ホームページ