Page Top

  • 2016.3.4(金)
    関西フィルNews
    明日の土曜日はぜひ定期演奏会へ!!

    みなさまこんにちは!!
    明日の定期演奏会の練習は無事終了しました。

    昨日・今日と、2日間、ピアニストのアレクサンドル・タローさんが
    練習に参加してくださいました。
    IMG_5056-2

    とても素敵だったのが、タローさん自作のカデンツァ!!
    1楽章と3楽章にあります

    飯守さんも、
    「聴いたことが無いカデンツァだったよ!
    協奏曲でのカデンツァは、大体よく演奏される物というのがあるけど、
    本来は演奏者が自由に弾く物なのだから、これが本来の形だね。
    音楽的な新しいカデンツァが聴けるのはとても嬉しいね。」
    とウキウキされていました

    モーツァルトの音楽に沿ったカデンツァですが、ところどころタローさん
    のオリジナリティが垣間見られる音が聴こえてきます。
    ドイツ音楽では割り切れないフレンチ・スピリッツなのでしょうか

    あの有名な2楽章、天に向かってゆっくりと飛翔するように
    メロディーをつむがれていました。
    IMG_5062-2

    煌くような鮮やかなピアノ、というより、少し鼻にかかったセピア色の
    雰囲気のあるピアノの音色です。
    静謐で品格のあるモーツァルトをお楽しみいただけると思います

     

    さてさてメインのブルックナー
    飯守さんのお言葉も交えながら少しご紹介しますね。

    交響曲第6番はブルックナーの中でもあまり人気がありませんね。
    飯守さんいわく、
    「曲の開始がいわゆる”ブルックナー開始”ではないんですよ。
    あの重々しく神秘的な最初ではない、ということで人気がないんでしょうね。
    でもこれはブルックナーの”今までとは違うことをやるぞ!!”という
    意気込みが現れているのですけどね」
    とおっしゃっていました。
    軽やかな出だしの第1楽章です。でもすぐにブルックナーらしい大伽藍が
    お目見えします

    第2楽章で、飯守さんは「人の声です!」「熱く熱く!」「情熱的に!」
    とよくおっしゃっていました。途中の葬送行進曲のあの深さ…
    ブルックナーの指定通りの”きわめて荘重に”という音楽をお届けできれば。 

    IMG_5026-2

    第3楽章は、”聖なる野人”ブルックナーのスケルツォ。
    「この冴え渡るリズム、躍動感をもっともっと表現したい!!」
    とおっしゃっていました。

    第4楽章、とてもバラエティーに富んでいる楽章です。
    飯守さんも「4楽章はまさしく変化の嵐!」とおっしゃっていました。
    IMG_5019-2

    この変化の嵐というのは、ある意味まとまりの無い、とも感じ
    られるかもしれません。他の交響曲の終わり方はとても堂々と
    ”これで終わり~!!!”という感じで終わりますが、第6番は終わり方が
    ちょっと突然な雰囲気があります。
    でも金管楽器の咆哮やブルックナーの頑固さなどは健在

    あまり演奏機会の無い第6番、関西フィルも初めての演奏となります。
    ぜひ明日、実演をご確認ください!

    当日券は12:45から発売開始します。
    C席・学生席はほとんど残席がありません。
    当日券発売開始直後に売り切れの可能性があります。
    ご注意ください~。
    13:40からの飯守さんのプレトークもお忘れなく

    余談ですが、明日の定期は”タロー&ジロー”定期です
    (飯守さんの(泰)次郎とピアニストのタローが韻を踏んでいますね~。)
    みんな思っていて口に出せなかったのですが、
    飯守さんご自身が
    「明日はタローとジローですね」言ってくださったので公に

     


  • 2016.3.2(水)
    関西フィルNews
    いよいよブルックナー6番です!!

    みなさまこんにちは
    つい先ほど、5日(土)の定期演奏会の練習が始まりました

    IMG_5046-2

    13時から14時のひとコマ、ブルックナーの1楽章をみっちりと練習
    したので、今日はブルックナーだけで終わりそうです

     

    今朝、今回のピアノのソリスト、アレクサンドル・タローさんから
    演奏曲に対するメッセージをいただきましたので、ご紹介致します。

    Tharaud-Alexandre-03

    バイエルン放送響、ミュンヘン放送管、フランス国立管など、名だたる
    オーケストラと共演されているタローさん、モーツァルトのピアノ協奏曲
    をリクエストした所、第21番を選曲してくださいました。
    その理由が知りたい~!!

    「私は、モーツァルトが作曲をしました後期のピアノ協奏曲がとても
    好きだ、というのが選曲の大きな理由の一つです。
    聴衆の皆さんにもとても人気があり、そして、何よりも3楽章全て
    キャラクターが違うことが演奏者としての自分にとても魅力的です。

    1楽章はオペラのアリアの様。ピアノもオペラ歌手のように雄弁に奏でます。
    2楽章は、深く、穏やかで、それでいて浮遊しているようなイメージを
    感じていただけると思います。
    3楽章は、軽やかに踊るようで、そして、まるで赤ちゃんをあやす様な、
    そんな優しさに満ちています。

    この3つの大きな変化を、聴衆の皆さんに存分に楽しんでいただければ、
    嬉しいです。これは個人的なことですが、実は自分が子供のころ見ていた
    テレビ番組で、この協奏曲の2楽章が良く流れていて、演奏するたびに、
    自分の子供のころを思い出すんです。」

    とのこと

    2楽章は、1960年代のスウェーデン映画、「みじかくも美しく燃え」でも
    有名ですね。タローさんが子供の頃の思い出を織り込み、どのように演奏
    してくださるかとても期待してしまいますね

    また練習風景もご紹介します。
    どうぞお楽しみに!!

    3月4日(金)の17時まで事前ご予約を受け付けています
    (関西フィル:06-6577-1381)

    公演詳細

     


  • 2015.8.17(月)
    関西フィルNews
    藤岡幸夫&関西フィルの音楽番組がBSジャパンで好評放送中!


    [今後のラインナップ]
    ◎第65回(12月29日)《名場面&名演奏スペシャル》
     ゲスト:斉藤一也(テレビ東京アナウンサー)
    【2016年】
    ◎第66回(1月5日)《ニューイヤー・スペシャル〜ヨハン・シュトラウス2世を大特集》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)

    藤岡幸夫&関西フィルの音楽番組が2014年10月よりBSジャパンで好評放送中!

    2014年10月7日(火)より好評放送中!(全国放送!)
    BSジャパン(7ch)にて、毎週火曜日23:00〜23:30
     ※2016年4月より、毎週月曜日23:00〜23:30となります。
    エンター・ザ・ミュージック 〜音楽はお好きですか?〜
    提供:阪急電鉄株式会社
       株式会社コーセー
       株式会社ワン・ダイニング
       高砂熱学工業株式会社

    指揮&司会:藤岡幸夫(関西フィル首席指揮者)
    アシスタント:繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
    オーケストラ:関西フィルハーモニー管弦楽団

    毎回お招きするゲストと藤岡幸夫が「音楽は世界を豊かにする!」のコンセプトを元に、音楽のジャンルを越えたトークや演奏に挑戦し、今までの常識を打ち破った「新しい世界」へ誘います。クラシック音楽の新たな魅力を発見し、ぐっと近くに感じることのできるライヴ・ミュージックショーです!

    番組発表記者会見の様子はこちら!
    (ぴあ関西版WEBより)

    [放送予定]
    【2014年】
    ◎第1回(10月7日)《熱演!ラプソディ・イン・ブルー》
     ゲスト:山下洋輔(ジャズ・ピアノ)
    ◎第2回(10月14日)《大人とサックス特集!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第3回(10月21日)《オペラの世界の「恋多き女性たち」》
     トークゲスト:安倍なつみ
    ◎第4回(10月28日)《コンサートマスターの熱い思い》
     ゲスト:岩谷祐之(ヴァイオリン/関西フィル・コンサートマスター)
    ◎第5回(11月4日)《オーケストラで映画音楽を楽しもう》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第6回(11月11日)《ピアニスト・横山幸雄×ショパンの魅力》
     ゲスト:横山幸雄(ピアノ)
    ◎第7回(11月18日)《小学生チェリストと弦楽器特集》
     ゲスト:北村陽(チェロ)
    ◎第8回(11月25日)《「プログレッシブ・ロック」の正体!?》
     ゲスト:荒井英治(ヴァイオリン/東京フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスター)
    ◎第9回(12月2日)《サクソフォン奏者・須川展也と吹奏楽部を訪問!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第10回(12月9日)《バレエ・ダンサー×チャイコフスキー三大バレエ》
     トークゲスト:神戸里奈(バレエ・ダンサー)
    ◎第11回(12月16日)《情熱のタンゴとバンドネオン》
     ゲスト:三浦一馬(バンドネオン)
    ◎第12回(12月23日)《クリスマス合唱スペシャル》
    ◎第13回(12月30日)《年末スペシャル》

    【2015年】
    ◎第14回(1月6日)《箏とオーケストラで迎える新年》
     ゲスト:遠藤千晶(箏)
    ◎第15回(1月13日)《錦織健×オペラの魅力》
     ゲスト:錦織健(テノール)
    ◎第16回(1月20日)《福田進一×クラシックギターの魅力》
     ゲスト:福田進一(クラシックギター)
    ◎第17回(1月27日)《「交響曲」とは》
    ◎第18回(2月3日)《映画音楽特集 第2弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第19回(2月10日)《イージーリスニングとエレクトーン》
     ゲスト:長谷川幹人(エレクトーン)
    ◎第20回(2月17日)《パイプオルガン特集》
     ゲスト:片桐聖子(オルガン)
    ◎第21回(2月24日)《チャイコフスキー「交響曲第4番」》
    ◎第22回(3月3日)《藤井フミヤ×「ポップスとクラシック」》
     トークゲスト:藤井フミヤ(歌手)
    ◎第23回(3月10日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第2弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第24回(3月17日)《交響詩「ローマの松」大特集》
    ◎第25回(3月24日)《奇跡の歌声「ソプラニスタ」》
     ゲスト:岡本知高(ソプラニスタ)
    ◎第26回(3月31日)《名場面・名演奏スペシャル》
     ゲスト:斉藤一也(テレビ東京アナウンサー)
    ◎第27回(4月7日)《宝塚の魅力》
     ゲスト:明日海りお(宝塚歌劇団・花組トップスター)、南里沙(クロマチックハーモニカ)
    ◎第28回(4月14日)《ワルツ王、ヨハン・シュトラウス2世》
    ◎第29回(4月21日)《日本の歌》
     ゲスト:高津佳(歌手)
    ◎第30回(4月28日)《フォルテピアノの魅力》
     ゲスト:久元祐子(フォルテピアノ)
    ◎第31回(5月5日)《寺井尚子×ジャズ・ヴァイオリンの魅力》
     ゲスト:寺井尚子(ジャズ・ヴァイオリン)
    ◎第32回(5月12日)《冨田勲「ジャングル大帝」》
     ゲスト:冨田勲(作曲家)
    ◎第33回(5月19日)《18歳でデビューした天才ピアニスト・松田華音×ロシア》
     ゲスト:松田華音(ピアノ)
    ◎第34回(5月26日)《“天使の歌声”ウィーン少年合唱団》
     ゲスト:ウィーン少年合唱団
    ◎第35回(6月2日)《安倍なつみ×関西フィルが贈るミュージカルナンバー》
     ゲスト:安倍なつみ
    ◎第36回(6月9日)《トランペット特集》
     ゲスト:白水大介(関西フィル首席トランペット奏者)
    ◎第37回(6月16日)《夏の夜にオーケストラで楽しむ千夜一夜物語・・・「シェエラザード」に隠された謎》
    ◎第38回(6月23日)《映画音楽特集 第3弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第39回(6月30日)《ベートーヴェン、不滅の恋人》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)
    ◎第40回(7月7日)《平原綾香×「ポップスとクラシック」》
     トークゲスト:平原綾香(歌手)
    ◎第41回(7月14日)《「ねこふんじゃった」の世界》
     ゲスト:デイヴィッド・ハウエル(指揮者、作曲家)
    ◎第42回(7月21日)《冨田勲×シンセサイザー》
     ゲスト:冨田勲(作曲家)
    ◎第43回(7月28日)《林英哲×「太鼓とクラシック」》
     ゲスト:林英哲(太鼓奏者)
    ◎第44回(8月4日)《左手のピアニスト、舘野泉》
     ゲスト:舘野泉(ピアノ)
    ◎第45回(8月11日)《山中千尋×ジャズの魅力》
     ゲスト:山中千尋(ジャズ・ピアノ)
    ◎第46回(8月18日)《オペレッタの魅力》
     ゲスト:三谷結子(ソプラノ)
    ◎第47回(8月25日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第3弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第48回(9月1日)《映画音楽特集 第4弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第49回(9月8日)《クロマチックハーモニカの魅力》
     ゲスト:南里沙(クロマチックハーモニカ)
    ◎第50回(9月15日)《生誕150年記念!シベリウス特集》
    ◎第51回(9月22日)《作曲家・菅野祐悟の世界》
     ゲスト:菅野祐悟(作曲家)、藤原道山(尺八)
    ◎第52回(9月29日)《冨田勲「源氏物語幻想交響絵巻」》
     ゲストコラボ:ホリ・ヒロシ(人形師)
    ◎第53回(10月6日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第4弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第54回(10月13日)《交響詩「モルダウ」大特集》
    ◎第55回(10月20日)《荘村清志&福田進一「ギターアンサンブルの魅力」》
     ゲスト:荘村清志(ギター)、福田進一(ギター)
    ◎第56回(10月27日)《サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付」大特集》
    ◎第57回(11月3日)《映画音楽特集 第5弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第58回(11月10日)《門奈紀生×タンゴの魅力》
     ゲスト:門奈紀生(バンドネオン)
    ◎第59回(11月17日)《神戸里奈×バレエ音楽の魅力》
     トークゲスト:神戸里奈(バレエ・ダンサー)
    ◎第60回(11月24日)《ベートーヴェン「交響曲第7番」大特集》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)
    ◎第61回(12月1日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第5弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第62回(12月8日)《奇跡の歌声「ソプラニスタ」岡本知高の素顔》
     ゲスト:岡本知高(ソプラニスタ)
    ◎第63回(12月15日)《組曲「宇宙戦艦ヤマト」》
     ゲスト:ささきいさお(歌手・声優・俳優)
    ◎第64回(12月22日)《クリスマス・スペシャル》
     ゲスト:半田美和子(ソプラノ)

    [今後のラインナップ]
    ◎第65回(12月29日)《名場面&名演奏スペシャル》
     ゲスト:斉藤一也(テレビ東京アナウンサー)

    【2016年】
    ◎第66回(1月5日)《ニューイヤー・スペシャル〜ヨハン・シュトラウス2世を大特集》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)

    を予定しています。

    どうぞお楽しみに!