Page Top

  • 2020.9.26(土)
    公演情報 関西フィルNews
    「市民の人生に寄り添うメイシアター/古矢直樹さんへのインタビュー」

     2020年95日、吹田メイシアターがリニューアルオープンしました。
    おめでとうございます

     2018年6月の大阪府北部地震でホール損壊のショック、新型コロナウイルスの影響で予定日にオープンできるかという不安を乗り越え、迎えられたリニューアルオープン。 
     オープンをどのような思いで迎えられたかを、常務理事・事務局長、古矢直樹さんにお伺いしました。

    リニューアルオープンを迎えられた今の心境をお聞かせください。

     うれしさと安心と、両方の気持ちです。
    2年前の地震は頭に焼き付いています。地震発生後、大ホールの天井の損壊で使用できなくなり、各関係者に催しの中止連絡をスタッフとしたことや、翌日に予定していたオペラ公演のセットを使用する必要がなくなったので舞台袖に置いておかないといけなくなり、居たたまれない気持ちになったことは忘れられません。場所がなくなることは、公演に関係する全ての方の生活を奪ってしまうという味わったことのない辛さでした。その後、新型コロナウイルスの影響が及び、9月に間に合わなくなるのではという不安にかられましたが、予定通りオープンでき、本当に安心しています。

     お客様に気持ちよくご利用いただくために、旧メイシアターの古き良きイメージを残しつつ、いかに近代化に取り組むかに最大限注力しました。例えば、混雑緩和のために女性トイレの個室を増設、エレベーターと大・中ホールに車椅子席を設置、前の座席との感覚を広くとるなど、お客様がご利用しやすくなりました。他にも大ホールの天井を形に工夫を凝らし、音響にもこだわりました。そのことで音の残響が0.4秒もアップするなど、ホールの空間としてのクオリティも格段に上がっています。

     オープン後にはお客様から、「音の響きがよくなった、よく飛んでいる」や「きれいになってよかった」と感想をいただき、喜んでいただけていると感じました。
     また、工事期間中、事務所のスタッフは3か所にわかれて業務していましたが、事務局、そして舞台、清掃、警備、設備などのスタッフの皆様と久方ぶりに全員顔を揃えることができて、本当に嬉しく思いました。
     

     

     

     

    以前のインタビューで、お客様から「市民が参加できる第九があるから、どんなことでも頑張れる」と声をかけていただいたと、おうかがいしました。このようにして、メイシアターは市民との距離がとても近いと感じますが、これはどうしてでしょうか。

     吹田市は文化活動や市民活動が盛んです。例えば、関西フィルとの第九公演のように市民参加型の催しが多いことが、要因かと思います。第九に参加されている方々でクラシック音楽が好きな方は、正直左程多くないと思っています。カラオケや詩吟を愛好されている方が「一度第九を歌ってみたい」と参加されて以降、やみつきになって、毎年参加されている方々がたくさんおられます。中には、「第九公演に出演=人生のステータス」や「=1年間の人生の集大成」にしてらっしゃる方もおられます。

    このようにして「いつも市民の人生に寄り添っている」。これこそが、メイシアターの存在意義です。そして、「メイシアターは、いつも催しをしているから行ってみよう」と、お客様がいつでも足を運べる場所であり続けたいです。

     

    最後にお客様へメッセージをお願いいたします。

     皆さま、お待たせいたしました。リニューアルした大ホールは、音のクオリテイが進化して、どの座席でも均質な音でお聴きいただけます。
     そして、1227()4年ぶりに、関西フィルとコンサートを開催します。生の音楽に飢えていらっしゃる方がたくさん居られると思いますので、是非リニューアルした大ホールにおいて関西フィルのダイナミックな演奏をお楽しみください。
     指揮の藤岡幸夫さんが、ホールについてどんな感想を持たれるかも楽しみです。もちろん、この公演にご来場くださるお客様の反応も。進化したメイシアターでお待ちしています。

     

    <吹田市制施行80周年・第183回吹田市民劇場>
    藤岡幸夫指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団ウィンターコンサート

    【公演日】20201227() 15:00開演 14:00開場
    【会場】メイシアター 大ホール
    【ゲスト】チェロ:堀江牧生
    【 
    プログラム】
     モーツァルト      歌劇ドン・ジョヴァンニ” K.527-序曲
     ドヴォルザーク   チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104
     
    ベートーヴェン   交響曲第7番 イ長調 Op.92

     ※チケット発売日:2020年11月5日(木)
     
    ※お問い合わせ:06-6386-6333(メイシアターチケット予約・問い合わせ)


  • 2020.8.20(木)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    クラウドファンディングを始めました/「ONE KANSAI」で関西フィル応援プロジェクト

     関西フィルハーモニー管弦楽団は、202012月に創立50年を迎えます。20204月より様々な記念事業を実施する予定でした。

     しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響で次々と演奏会が中止となり、関西フィルは大きな経済的打撃を受け、運営が困難な状況になっています。今までに多くの方々より心温まるご寄附をいただいておりますこと、心より感謝申し上げます。

     ただ、楽団が今後も存続していくためにはまだまだ活動資金が不足しております。そこで関西フィルの首席指揮者藤岡幸夫氏が発起人となり、関西にご縁のある方々、企業の皆様のご協力を得て、クラウドファンディングを立ち上げました。
    クラウドファンディング立ち上げに伴い、記者発表会をさせていただきました。発起人の藤岡幸夫氏、ご協力いただきました掛布雅之氏、辰巳琢郎氏のお言葉を紹介させていただきます。

     

    藤岡幸夫氏お言葉

    「関西フィルと活動して21年になり、楽団と私の関係はどのオーケストラよりも濃密だと自負しております。これまでダイキン工業さま、サントリーさまをはじめ多くの企業にご支援いただいて活動してきました。
     コロナ禍で大打撃を受けましたが、この状況でなければできないことをやろうとクラウドファンディングを立ち上げました。
     掛布雅之さんはオーケストラ大変お好きで、掛布さんが音楽を好きなことをみなさまに知ってもらいたいとも思い、ご協力をお願いしました。
     辰巳琢郎さんはとても気さくな方でクラシックにも造詣が深いです。
     お二人には心から感謝申し上げます。」

    掛布雅之氏お言葉

    「関西フィルの公演を初めて聴いたとき、いろいろな楽器の音が一つになり私の身体全体に響き、クラシックは耳でなく身体全体で聴くものだと思いました。まるで『掛布コール』を聞いているような激しい音を関西フィルから感じました。
     一軍から二軍に降格した選手に“野球をやる上で、心の笑顔を最後まで持ち続けないと自分の野球は終わってしまう”と伝えていましたが、心の笑顔を忘れないためにも関西フィルの音は絶対に必要だと思います。関西フィルのために皆さま、ご協力よろしくお願いいたします。」

    辰巳琢郎氏お言葉

    「関西をいかに盛り上げるかはずっと考えていたことでした。コロナ禍の中で芸術・文化という人間の活動がどれほど大事でなくてはならないものだと、改めて感じました。この状況で人間は何を糧にして生きられるのか、それは自粛生活を通して、リモートより生のつながりが最も大事だということです。
     藤岡さんという素晴らしい方がいて、関西フィルをもっと知ってほしい、公演ももっと開催してほしいと思っています。関西フィルは非常に可能性を持った楽団です。だからこそ、関西フィルがもっともっとクラシック界を引っ張っていってほしい、いろんな発信をしてほしいです。そういう気持ちを込めて協力させていただきました。今回、声をかけていただいて嬉しく思っています。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。」

     



  • 2020.1.13(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売日のお知らせ~スプリング・スペシャルコンサート、第10回城陽定期演奏会♪


    みなさま、こんにちは

    本日は「スプリング・スペシャルコンサート
    第10回城陽定期演奏会」のチケット発売日のお知らせです。
    明後日1月15日(水)10:00より発売開始いたします
    ※お電話でのご予約は15日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は15日11:00からです。

    みなさまのご予約、お待ちしておりますpic_27303

    ≪スプリング・スペシャルコンサート≫
      

    【日 時】2020年5月8日(金) 19:00開演(18:30開場)
    【会 場】あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
    【出 演】ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ(関西フィル音楽監督)
         ピアノ:広瀬悦子
         ヴィオラ:中島 悦子(関西フィル首席奏者)
    【曲 目】
     ♪ブラームス:F.A.E.ソナタ より 第3楽章「スケルツォ」
     ♪ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 作品108
       ♪ブラームス:ヴィオラ三重奏曲 変ホ長調 作品40(原曲:ホルン三重奏曲)
    【料 金】一般席:¥4,000/学生(25歳以下):¥2,000(全席指定・税込)
    【ご予約】関西フィル事務局 06-6577-1381
          (平日 10:00~17:00、土 10:00~16:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         ザ・フェニックスホール 06-6363-7999
         チケットぴあ[ Pコード: 174-586 ] 0570-02-9999

    ≪第10回城陽定期演奏会≫
    (C)SHIN YAMAGISHI/藤岡幸夫(小) 
    [日時] 2020年8月23日(日) 14:00開演(13:20開場)
    [会場] 文化パルク城陽 プラムホール
    [出演] 指揮:藤岡幸夫(関西フィル首席指揮者)
        ピアノ:三浦謙司
    [曲目]
     ♪ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ほか

    [料金] 一般席:¥4,000/学生(25歳以下):¥2,000(全席指定・税込)
    [ご予約] 関西フィル事務局 06-6577-1381
         (平日 10:00~17:00、土 10:00~16:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         文化パルク城陽 0774-55-1010
         チケットぴあ[Pコード:175-028] 0570-02-9999
         ローソンチケット [Lコード:56880] 


  • 2019.9.17(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売日のお知らせ~Meet the Classic Vol.40♪

    みなさま、こんにちは

    昨日の第304回定期演奏会にお越し頂いた皆さま
    ご来場いただきありがとうございました。
    今週末(9/21土)には、兵庫県立芸術文化センターにて
    デュメイ&関西フィル兵庫特別演奏会」がございます
    古典音楽だけではなく、ニュー・シネマ・パラダイスや
    シンドラーのリストなどの映画音楽を
    デュメイ監督の演奏でお聴きいただける機会は、非常にレアですよ
    前売りは9/20(金)17:00まで受付しております。
    ご予約お待ちしております!

    さて本日は、2020年1月18日(土) 開催
    Meet the Classic vol.40」チケット発売日のお知らせです。
    明日9月18日()1000より発売開始いたします
    ※お電話でのご予約は18日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は18日11:00からです。

    毎年主催演奏会のスタートを飾っている「Meet the Classic」。
    指揮・藤岡幸夫さんのトーク付きで大人気の公演です

    ソリストには、箏の遠藤千晶さん

    尺八の藤原道山さん

    をお迎えしお送りいたします

    皆さまのご予約、お待ちしております

    ≪Meet the Classic Vol.40≫ 
     
     
    【日 時】2020年1月18日(土) 1500開演(14:30開場)
    【会 場】いずみホール
    【出 演】指揮&お話:藤岡幸夫
         箏:遠藤千晶
         尺八:藤原道山
    【曲 目】《第1部》
         アンダーソン:舞踏会の美女
         千住明:月光~尺八、十三弦箏とオーケストラのための~
         大島ミチル:筝と尺八のための二重協奏曲「無限の扉」

        《第2部》新春を彩るシュトラウス・ファミリー名曲選
         ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「ジプシー男爵」より“入場行進曲”
         ヨハン・シュトラウス2世:アンネン・ポルカ 作品117
         ヨゼフ・シュトラウス:ワルツ「天体の音楽」作品235
         ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「ハンガリー万歳!」作品332
         ヨハン・シュトラウス2世&ヨゼフ・シュトラウス:ピツィカート・ポルカ
         ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」作品314

    【料 金】1階席¥4,000/2階席¥3,000
         学生席(25歳以下)¥2,000 (全席指定・税込)
         ※学生席をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
                   ※当日学生証の提示が必要となります。

    【ご予約】関西フィル事務局 06-6577-1381
          (平日 10:00~17:00、土 10:00~16:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         いずみホールチケットセンター 06-6944-1188
         チケットぴあ[ Pコード:163-772 ] 0570-02-999
         イープラス http://eplus.jp/


  • 2019.8.12(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    2020年で開館25周年!関西フィルと20年のお付き合い/文化パルク城陽

     2020年に開館25周年を迎えられる、京都府城陽市にある文化パルク城陽(近鉄寺田駅より徒歩5分)。

     関西フィルはニューイヤーコンサート、城陽定期演奏会、第九演奏会に
    出演させていただいており、お付き合いは20年になります。
    開館当初から長年に渡ってご勤務されている中尾浩二さんと公演ご担当の西田陽子さんにインタビューをさせていただきました。中尾さんはとても楽しそうに、西田さんは眼をキラキラさせながら、関西フィル首席指揮者:藤岡幸夫さんについてお話しくださったことが印象的でした

     今回は藤岡さんについてお伺いしたことをピックアップします。

     

    【きっかけ】
     「1999年からニューイヤーコンサートを始めました。
    そのお客さまアンケートに『関西フィルを呼んでほしい』との
    ご要望があり、藤岡さんと関西フィルに依頼させていただいたのが
    きっかけです。指揮は1回目から藤岡さんで、藤岡さんの「城陽市にクラシックを根付かせないといけない」という熱い想いに共感し、毎年、ニューイヤーコンサートを開催するようになりました。
    その後、第九演奏会、8月の城陽定期演奏会と続いています。
     ニューイヤーコンサートが20年も続いているのは、藤岡さんの
    『ウェルカム!!』という対応のお蔭です。
    例えば、コンサート前のロビーコンサートを藤岡さんは
    お客さんと一緒に聴かれていることもあり、本番前に指揮者がロビーに
    いることに驚かされました。また、演奏者に『(演奏が)すごくいいよ!!』、
    お客さまに『楽しんでいってね』と気軽に声を掛けられています。
    『指揮者』は遠い存在と思っていたので衝撃でした。
    城陽定期演奏会後のビアパーティーも、初めは藤岡さんとホール職員だけで
    開催していましたが、『お客さまも一緒に』という藤岡さんの提案で
    お客さまも一緒に開催するようになりました。
    この距離の近さがお客さまと職員に好かれています。」

     

    【藤岡語録】
     「藤岡さんと共に特に力を入れているのが、文化パルク城陽での公演を
    もっと若い世代にも知っていただくことです。
    城陽市にある高校の合唱部や吹奏楽部とのコラボレーションは、
    藤岡さんから直接、指導を受けられることやプロの演奏家と
    共演できることは、高校生にとってかけがえのない体験だと思います。
     また、藤岡さんとの関係は、私たちのモチベーションのアップにも
    繋がっていて、仕事にも良い影響を与えてくれています。
    私たちが『藤岡語録』と呼んでいる
    藤岡さんの言葉は、実生活や仕事にも通じるところがあります。
    例えば、藤岡さんは、よく『愛』という言葉を使われます。
    『お互い愛し合わないといけない』、『愛が足りないんだよ』
    これらは、お互いを思いやる気持ちを持たないといけないという意味だと思いますが、つまずいたときやコミュニケーションが上手くいっていないと
    感じるときは思い出すようにしています。
    藤岡さんが『愛』に溢れた人だからこそ出てくる言葉であって、
    こんなにも心に響くんだなぁと。」

    【宝物】
     「藤岡さん、関西フィルの皆さまのおかげで20年も
    公演を続けてこられました。文化パルク城陽での公演は、私たちにとっての宝物です。是非、文化パルク城陽に、両者の見事なマッチングを聴きに来てください。」

    公演情報

    8月25日(日)第9回城陽定期演奏会

     


     

    12月22日(日)第九フェスティバル

     

     

    2020年1月13日(月・祝)ニューイヤーコンサート
    日時: 2020年1月13日(月・祝)
    指揮:藤岡幸夫
    ※8月25日(日)城陽定期演奏会終演後、2020年1月13日(月・祝)ニューイヤーコンサートのチケットを文化パルク城陽ロビーにて先行販売されます。
    お問合せ先: 0774-55-1010