Page Top
  • 2019.9.18(水)
    関西フィルNews その他
    藤岡幸夫&関西フィルのCD「菅野 祐悟:交響曲第2番~Alles ist Architektur~」

    首席指揮者 藤岡幸夫と関西フィルハーモニー管弦楽団によるCDが完成いたしました。菅野 祐悟「交響曲第2番~Alles ist Architektur~」の世界初演の模様を収めた貴重なライヴ録音です。
    皆様、是非お買い求めいただき、ご高評下さい。
    詳細は日本コロムビアでご確認下さい。
    COCQ-85472 本体価格¥3,000+税

    菅野 祐悟:交響曲第2番~Alles ist Architektur~
     ●指揮:藤岡幸夫
     ●関西フィルハーモニー管弦楽団
     ●録音:2019年4月29日 ザ・シンフォニーホール
         (関西フィル「第300回記念定期演奏会」でのライヴ録音)

    劇伴音楽の若き匠・菅野祐悟による新曲交響曲、待望のCD化
     劇伴音楽の旗手として、「劇場版MOZU」(2016年)「3月のライオン」「昼顔」(2017年)、「累-かさね-」等、大ヒット映画の音楽を担当。さらに、TVドラマでNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」やNHK連続テレビ小説「半分、青い。」をはじめ、「花咲舞が黙ってない」「東京タラレバ娘」「白衣の戦士!」「パーフェクトワールド」等、連続テレビドラマの音楽を60番組近く手掛けている菅野祐悟。
     映像作品に欠かせない存在として、絶大な信頼を集めており、2010年、映画「アマルフィ 女神の報酬」で日本映画批評家大賞「映画音楽アーティスト賞」と日本シアタースタッフ映画際「音楽賞」を受賞。2014年5月、放送批評懇談会で劇伴作曲家として月間ギャラクシー賞、2015年6月、第52回ギャラクシー賞テレビ部門で劇伴作曲家として奨励賞を受賞している。
     メディアを通した作曲活動に加えて、オーケストラによるコンサート活動にも注力している菅野。2016年には、自身初の交響曲である「交響曲第1番」が発表された。第1番の発表から3年を経て、待望の「交響曲第2番」が誕生。菅野の才能に惚れこみ、第1番初演の仕掛人でもある、マエストロ藤岡幸夫による指揮のもと、関西フィルハーモニー管弦楽団によって、2019年4月29日「第300回記念定期演奏会」にて初演された。満員の観客を前に披露され感動を巻き起こした、臨場感あふれる演奏をライヴ収録。

     ※関西フィルのCDまとめはコチラへ。


  • 2019.8.2(金)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    関西フィル事務局、臨時休業のお知らせ

    みなさま、こんにちは

    明日8/3(土)は、第5回親子定期演奏会開催のため、
    関西フィル事務局は臨時休業とさせていただきます。
    お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

    尚、事前のご予約受付は終了いたしました。
    当日券は13:00より発売開始いたします。

    それでは、みなさまのご来場、心よりお待ち申し上げております


  • 2019.6.7(金)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    関西フィル事務局、臨時休業のお知らせ

    みなさま、こんにちは

    明日6月8日(土)は、びわ湖ホール特別演奏会開催のため、
    関西フィル事務局は臨時休業とさせていただきます。
    お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

    尚、事前のご予約受付は終了いたしました。
    当日券は13:15より発売開始いたします。
    S席は完売、A席僅少とB席がございます。

    それでは、みなさまのご来場、心よりお待ち申し上げております


  • 2019.1.28(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    曲目変更のお知らせ(3/31(日)開催『第299回定期演奏会』前半曲目)

     皆様には、日頃より関西フィル公演にご来場・ご支援賜り誠にありがとうございます。
     さて早速ですが、3/31
    (日)開催「第299回定期演奏会」前半の曲目が変更になりましたので、以下ご連絡させて頂きます。ソリスト、ヴェロニカ・エーベルレさんの強い希望により、当初予定しておりましたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲「第4番」より、「第5番《トルコ風》」へと変更になりました。何とぞご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

    第299回定期演奏会
    2019年3月31日(日)14:00開演
    指揮:飯守泰次郎
    ヴァイオリン:ヴェロニカ・エーベルレ
    ◆モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
    ◆ブルックナー:交響曲第9番
     ※なお、この変更によりますチケットのキャンセル、払い戻し、お取り替えはございません。

     それでは、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
     公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団


  • 2018.9.10(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    【謹告】オーギュスタン・デュメイ休演のお知らせ(9/15(土)開催「第295回定期演奏会」)

    【謹告】オーギュスタン・デュメイ休演のお知らせ(9/15(土)開催「第295回定期演奏会」)

     皆様には、日頃より関西フィル公演にご来場・ご支援賜り誠にありがとうございます。
     9/15(土)開催「第295回定期演奏会」に出演を予定しておりましたオーギュスタン・デュメイ氏は、体調不良(足のケガの影響)により出演が不可能となりました。
    代わってフェリックス・ミルデンベルガー氏にご出演いただくこととなりました。また、それに伴い序曲を変更させていただくこととなりました。
     やむを得ぬ事情とはいえ、お客様各位には、大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
     なお、この変更によりますチケットのキャンセル、払い戻し、お取り替えはございません。 
     諸事情をご勘案の上、皆様のご理解をお願いいたします。
     何卒、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。
    (なおデュメイ氏は、9/19(水)開催「北山クラシック倶楽部2018」には出演の予定です。)
         公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団

     9/15(土)開催「第295回定期演奏会」
     【指揮】フェリックス・ミルデンベルガー
     【チェロ】アンリ・ドマルケット
      ◆ムソルグスキー/R=コルサコフ編:交響詩「はげ山の一夜」
      ◆サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33
      ◆ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲「展覧会の絵」
       ※当初1曲目に予定しておりました、ラロ:「イスの王様」序曲が「はげ山の一夜」へ変更となりました。

     * フェリックス・ミルデンベルガー氏をご紹介いたします。
    http://www.japanarts.co.jp/artist/FelixMILDENBERGER

    【指揮】フェリックス・ミルデンベルガー Felix Mildenberger

    1990年生まれ。2017年12月のカダケス国際指揮者コンクールで第2位に入賞したドイツの若手。2016年にロバート・スパーノ指揮者賞を受賞し、2017年からフランス国立管弦楽団の副指揮者を務めるほか、2014年に自ら設立したフライブルク・クレッシェンド交響楽団の首席指揮者・芸術監督として活動している。フライブルク音楽大学ではオーケストラ指揮の講師経験もあり、現在ドイツ国内の指揮フォーラムなどで指揮研究員を務めている。
    ミルデンベルガーはヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを学んだのち、2011-15年にフライブルクとウィーンでケラー、ストリガー、マルクソンらに指揮を学んだ。アスペンやルツェルンなどの音楽祭やマスタークラスでハイティンク、P.ヤルヴィ、ジンマン、ウルフ、シュテンツ、N.ヤルヴィ、M.スターンらに師事。クリヴィヌ、マルクソンらの薫淘を受け、フランクフルト放送響、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、トロンハイム響、エネスク・フィルなど内外一流の楽団の現場で研鑽を積んできた。ティチアーティ、カリディス、フルシャらのアシスタントも務め、オペラの副指揮や現代音楽の指揮経験もある。2016,17年はアスペン音楽祭で指揮研究員を務めた。
    2015年のショルティ指揮コンクールでセミファイナリストとなって注目されたミルデンベルガーは、翌年フランクフルト放送響に招かれ客演。2017-18年シーズンはフランス国立管、ハレ州立劇場管、ニュルンベルグ響、テューリンガー響、ベルグラードフィルなどへデビューが決まっている。
    オフィシャル・ホームページ
    http://www.felixmildenberger.com