Page Top

  • 2019.8.12(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    2020年で開館25周年!関西フィルと20年のお付き合い/文化パルク城陽

     2020年に開館25周年を迎えられる、京都府城陽市にある文化パルク城陽(近鉄寺田駅より徒歩5分)。

     関西フィルはニューイヤーコンサート、城陽定期演奏会、第九演奏会に
    出演させていただいており、お付き合いは20年になります。
    開館当初から長年に渡ってご勤務されている中尾浩二さんと公演ご担当の西田陽子さんにインタビューをさせていただきました。中尾さんはとても楽しそうに、西田さんは眼をキラキラさせながら、関西フィル首席指揮者:藤岡幸夫さんについてお話しくださったことが印象的でした

     今回は藤岡さんについてお伺いしたことをピックアップします。

     

    【きっかけ】
     「1999年からニューイヤーコンサートを始めました。
    そのお客さまアンケートに『関西フィルを呼んでほしい』との
    ご要望があり、藤岡さんと関西フィルに依頼させていただいたのが
    きっかけです。指揮は1回目から藤岡さんで、藤岡さんの「城陽市にクラシックを根付かせないといけない」という熱い想いに共感し、毎年、ニューイヤーコンサートを開催するようになりました。
    その後、第九演奏会、8月の城陽定期演奏会と続いています。
     ニューイヤーコンサートが20年も続いているのは、藤岡さんの
    『ウェルカム!!』という対応のお蔭です。
    例えば、コンサート前のロビーコンサートを藤岡さんは
    お客さんと一緒に聴かれていることもあり、本番前に指揮者がロビーに
    いることに驚かされました。また、演奏者に『(演奏が)すごくいいよ!!』、
    お客さまに『楽しんでいってね』と気軽に声を掛けられています。
    『指揮者』は遠い存在と思っていたので衝撃でした。
    城陽定期演奏会後のビアパーティーも、初めは藤岡さんとホール職員だけで
    開催していましたが、『お客さまも一緒に』という藤岡さんの提案で
    お客さまも一緒に開催するようになりました。
    この距離の近さがお客さまと職員に好かれています。」

     

    【藤岡語録】
     「藤岡さんと共に特に力を入れているのが、文化パルク城陽での公演を
    もっと若い世代にも知っていただくことです。
    城陽市にある高校の合唱部や吹奏楽部とのコラボレーションは、
    藤岡さんから直接、指導を受けられることやプロの演奏家と
    共演できることは、高校生にとってかけがえのない体験だと思います。
     また、藤岡さんとの関係は、私たちのモチベーションのアップにも
    繋がっていて、仕事にも良い影響を与えてくれています。
    私たちが『藤岡語録』と呼んでいる
    藤岡さんの言葉は、実生活や仕事にも通じるところがあります。
    例えば、藤岡さんは、よく『愛』という言葉を使われます。
    『お互い愛し合わないといけない』、『愛が足りないんだよ』
    これらは、お互いを思いやる気持ちを持たないといけないという意味だと思いますが、つまずいたときやコミュニケーションが上手くいっていないと
    感じるときは思い出すようにしています。
    藤岡さんが『愛』に溢れた人だからこそ出てくる言葉であって、
    こんなにも心に響くんだなぁと。」

    【宝物】
     「藤岡さん、関西フィルの皆さまのおかげで20年も
    公演を続けてこられました。文化パルク城陽での公演は、私たちにとっての宝物です。是非、文化パルク城陽に、両者の見事なマッチングを聴きに来てください。」

    公演情報

    8月25日(日)第9回城陽定期演奏会

     


     

    12月22日(日)第九フェスティバル

     

     

    2020年1月13日(月・祝)ニューイヤーコンサート
    日時: 2020年1月13日(月・祝)
    指揮:藤岡幸夫
    ※8月25日(日)城陽定期演奏会終演後、2020年1月13日(月・祝)ニューイヤーコンサートのチケットを文化パルク城陽ロビーにて先行販売されます。
    お問合せ先: 0774-55-1010


  • 2019.7.20(土)
    関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    「ソフィット」とは?「三次元のビリヤード」とは?/永田音響設計、小口恵司さんへのインタビュー

     2019年9月1日(日)にオープンする東大阪市文化創造館。
     東大阪市文化創造館開設準備室の畑中室長、
    佐藤総合計画関西オフィスの竹馬聡さんに続いて、
    音響に携わられた永田音響設計の小口恵司さんに
    インタビューさせていただきました
    キーワードは「ソフィット」と「三次元のビリヤード」です。

     小口さん「文化創造館の大ホールは、舞台と客席がなめらかに繋がるように
    音響反射板と客席の形を整え、舞台上の音が客席でもよく響くように、
    壁から突き出たサイドバルコニー席を設置しました。
    こうすることで、音がバルコニー下の天井とその奥の壁で反射し、
    客席に響くようになります。
     また、舞台上の奏者にも音がよく聴こえるようにするためには、
    舞台にもサイドバルコニー席的な要素を組み込めれば良いのですが、
    大ホールの反射板は可動式なのでそれは難しく、
    代わりに反射板の厚みの中にサイドバルコニー席のような
    音響庇(ひさし)の役割を果たす要素を組み込んで、
    奏者にも反射音が豊富に届く工夫をしています。
    その要素をソフィットと呼びます。」

    【東大阪市版ソフィット】

    小口さん「天井が高いと豊かな響きになりますが、
    音の跳ね返りが遅くなり、奏者が演奏しにくくなってしまいます。
    そこで、天井に当たった音よりも早く音が奏者に返るようにするために
    『ソフィット』という、出っ張った部分を設置しました。
    客席からステージ上の壁を見ると、格子に見える部分があります。
    この格子の奥にソフィットが設けてあり、そこからの反射音が、
    天井からの反射音より早く奏者に返り、より演奏しやすくなります。」

     

    客席から見た東大阪市版ソフィットについて、説明してくださる小口さん

    ステージ上(音響反響板の側面)から見たソフィット
    格子の裏側は、壁の後ろに出っ張っています。

    【三次元のビリヤード】

    小口さん「音の響きの質」を決めるために、コンピューター上で
    シミュレーションをしています。このシミュレーションのことを
    『音の三次元のビリヤード』と呼んでいます。
     下の図は、黄色の丸から四方八方に1万個ほどの音の粒を飛ばし、
    その音の粒が天井や壁にあたり、反射して床に落ちるまでを表しています。
    赤色は1回、黄色は2回、緑色は3回反射して床に落ちたもので、
    赤・黄・緑が適度に分布されないと、音が響きすぎたり、
    響きが少なかったりします。
    反射音が適度に分布されるように何度もシュミレーションし、
    『音の響きの質』の検討を進めました。」

    左がステージ、右が客席(大ホールを上から見たシミュレーション図)

     小口さん「音のシミュレーションの観測時間は、舞台から直接音が届いた後
    わずか0.1秒です。この0.1秒より後に届いた反射音が続く時間を
    残響時間と言います。どの客席でも残響時間はほとんど変わりませんが、
    なぜ席によって演奏の印象が変わるのでしょうか。
    それは耳に届く音が、『どの方向から届いたのか』、
    『どのような反射を繰り返したのか』が違うからです。
    つまり、赤・黄・緑の分布の違いによるということです。」


    6月時点でのホールの進捗状況をご覧になった小口さんのご感想

    「完成間近で様々な音響性能を確認している期間に、
    インタビューいただく機会を得ました。特殊な信号を使って
    音響性能を確認していて、演奏を聴いた訳ではありませんが、
    濃密かつ繊細な響きになりそうでワクワクします。
    こけら落とし公演のプログラムであるマーラーの交響曲第1番『巨人』は
    好きな曲の一つなので、演奏を楽しみにしています。
    小ホールも豊かな響きですので、お楽しみいただけたらと思います。」

     
     昨年から東大阪市文化創造館開設準備室の畑中室長、
    佐藤総合計画関西オフィスの竹馬聡さんと
    文化創造館に関わってこられた方に
    インタビューさせていただきましたが、
    お伺いした様々な工夫の完成形を想像すると興奮してきます
    完成した姿を想像しながら、オープンを楽しみに待ちましょう
    東大阪市文化創造館HP⇒https://higashiosaka.hall-info.jp/index.html

    畑中室長インタビュー⇒https://kansaiphil.jp/information/9094/

    竹馬さんインタビュー⇒https://kansaiphil.jp/information/9874/

     


  • 2019.3.25(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売のお知らせ~第5回親子定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic.よつば

    昨年もご好評いただきました「第5回親子定期演奏会
    本日よりチケット発売開始いたしましたpic_99360

    5年目となる今回は、これまでよりも一歩踏み込み、
    作曲家と音楽の歴史をたどるプログラムpic_wa-i
    普段何気なく耳にしている音楽を、より深く、
    興味をもって聴いていただけるプログラムです
    お子さまには特典として、
    夏休みの自由研究に役立つ【研究シート】をプレゼント

    みなさまのご予約、お待ちしておりますpic.ト音記号_m

    ≪第5回親子定期演奏会≫

    [日時]20198月3日() 1400開演(1300開場)
    [会場]ザ・シンフォニーホール
    [出演]指揮:藤岡幸夫 オルガン:冨田一樹(★)
    [曲目]
     【第1部】
     ♪バッハ:トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565 (★)
     ♪モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
     ♪ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章
     ♪シューベルト:イタリア風序曲 ハ長調
     【第2部】
     ♪リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番
     ♪ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第2楽章
     ♪ブラームス:交響曲第2番より 第4楽章  ほか

    【料 金】A席:¥4,320、A席小人(4才~中学生まで):¥2,160
         
    B席:¥3,240、B席小人(4才~中学生まで):¥1,620
         
    (全席指定・税込)
    【ご予約】関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         
    (平日 10:0017:00、土 10:0016:00、日・祝休み)
         
    関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         ザ・シンフォニーホール 06-6453-2333
         チケットぴあ[ Pコード:144-971 ] 0570-02-9999
         ローソンチケット[ Lコード:56011] 0570-084-005
         イープラス http://eplus.jp(PC・携帯共通)


  • 2018.10.26(金)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    2019年度定期演奏会のお知らせです♪

    みなさま、こんにちは

    大変お待たせいたしました。
    2019
    年度の定期演奏会ラインナップのお知らせです
    まだ未定の部分もございますが是非ご確認くださいませ

    【関西フィル2019年度定期演奏会ラインナップ】

    ◆第300回記念定期演奏会
    2019年4月29日(月・祝) 14:00
    指揮:藤岡幸夫 チェロ:宮田大
     ♪ディーリアス:春を告げるカッコウ
     ♪エルガー:チェロ協奏曲 ホ短調 作品85
     ♪菅野祐悟:交響曲第2番 【世界初演】

    ◆第301回定期演奏会
    2019年5月17日(金) 19:00
    指揮:オーギュスタン・デュメイ ピアノ:(調整中)
     ♪ハイドン:交響曲第49番 ヘ短調 「受難」
     ♪メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番 ト短調 作品25
     ♪ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 作品60

    ◆第302回定期演奏会
    2019年6月14日(金) 19:00
    指揮:鈴木優人 ピアノ:小菅優
     ♪黛敏郎:シンフォニック・ムード【黛敏郎生誕90年記念】
     ♪矢代秋雄:ピアノ協奏曲【矢代秋雄生誕90年記念】
     ♪芥川也寸志:交響曲第1番【芥川也寸志没後30年記念】

    ◆第303回定期演奏会
    2019年7月12日(金) 19:00
    指揮:飯守泰次郎
    出演: 関西フィルハーモニー合唱団   
        石橋栄実(ソプラノ)、福原寿美枝(アルト)
        畑儀文(テノール)、与那城敬(バリトン)   ほか
     ♪メンデルスゾーン:オラトリオ「エリア」(全曲/字幕付の予定)

    ◆第304回定期演奏会
    2019年9月16日(月・祝) 14:00
    指揮:オーギュスタン・デュメイ ピアノ:(調整中)
     ♪ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22
     ♪ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21
     ♪ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 作品68 「田園」

    ◆第305回定期演奏会
    2019年10月16日(水) 19:00
    指揮:藤岡幸夫  ヴァイオリン:神尾真由子
     ♪ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲
     ♪ハチャトゥリアン:交響曲第2番 ホ短調 「鐘」

    ◆第306回定期演奏会
    2019年11月29日(金) 19:00
    指揮&ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ
    ピアノ:(調整中)
     【R.シュトラウス没後70年記念】
     ♪R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 作品18
     ♪R.シュトラウス:メタモルフォーゼン(変容)~23の独奏弦楽器のための~
     ♪メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調 作品56「スコットランド」

    ◆「第九」特別演奏会
    2019年12月14日(土) 14:30
    指揮:村上寿昭  出演:田辺第九合唱団  ほか
     ♪ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付」  ほか

    ◆第307回定期演奏会
    2020年2月28日(金) 19:00
    指揮:ゴロー・ベルク ピアノ:ダナエ・デルケン
     ♪シューマン:序曲、スケルツォとフィナーレ 作品52
     ♪クララ・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品7
     ♪ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98

    ◆第308回定期演奏会
    2020年3月31日(火) 19:00
    指揮:高関健  共演:(調整中)
     ♪ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ハ短調 作品65  ほか

    ※日程・曲目および出演者等は事情により変更となる場合がございます。
     あしからずご了承ください。
    ※会場は全てザ・シンフォニーホールです。

         


    上記10公演をお得にお聴きいただける
    『関西フィル友の会』

    1回券だと¥6,000のS席が10回分で¥35,000
    A席10回で¥28,000、B席10回で¥24,000の会員ランクがございます。

    さらに、SS会員(¥55,000)の制度もございます。
    定期演奏会はS会員同様お客様専用のS席でお聴きいただき、
    年間4回、定期演奏会以外の主催公演にペアでご招待いたします!
    (対象公演は、会報誌「K♪News」でお知らせいたします)

    友の会会員みなさまの特典として、
    演奏会当日のリハーサルを聴いていただけるゲネプロ見学会の開催や
    定期演奏会以外の主催公演チケットの割引等もございます

    2019年度関西フィル友の会の受付は
    12月17日(月)10:00から開始いたします
    また、12月15日(土)の「第九」特別演奏会の会場にて
    先行受付を開始する予定です

    ご連絡お待ちしております


  • 2018.9.25(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売日のお知らせ~Meet the Classic Vol.38♪

    みなさま、こんにちは

    本日は、2019年1月23日(水) 開催
    Meet the Classic Vol.38」チケット発売日のお知らせです。
    明日9月26日()1000より発売開始いたします
    ※お電話でのご予約は26日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は26日11:00からです。

    毎年主催演奏会のスタートを飾っている「Meet the Classic」。
    指揮・藤岡幸夫さんのトーク付きで大人気の公演です
    ソリストには、雅楽師の東儀秀樹さんをお迎えしお送りいたします

    皆さまのご予約、お待ちしております

    ≪Meet the Classic Vol.38≫ 
     
    【日 時】2019年1月23日(水) 1900開演(18:30開場)
    【会 場】いずみホール
    【出 演】指揮&お話:藤岡幸夫
         雅楽師:東儀秀樹
    【曲 目】
          《第1部》東儀秀樹とのファンタスティック・ステージ
          《第2部》ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
    【料 金】1階席¥4,000/2階席¥3,000
         学生席(25歳以下)¥2,000 (全席指定・税込)
         ※学生席をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
                      ※当日学生証の提示が必要となります。

    【ご予約】関西フィル事務局 06-6577-1381
          (平日 10:00~17:00、土 10:00~16:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         いずみホールチケットセンター 06-6944-1188
         チケットぴあ[ Pコード:129-162 ] 0570-02-999