Page Top
  • 2015.3.27(金)
    関西フィルNews
    いよいよ最終決戦!明日に迫りました!!

    みなさまこんにちは

    いよいよ年度末決戦、「大坂春の陣」が始まります
    「春の陣」のプログラムは、去年9月の「秋の陣」のプログラムを
    上回るおもしろさだと自負しております

    ベートーヴェンとストラヴィンスキー、一般的なコンサートで、
    この2人を組み合わせることはそう多くないと思いますが、
    両者とも、時代の革命児

    そして、「運命」「田園」「ペトルーシュカ」「火の鳥」、4曲とも、
    2人の天才作曲家の煌めく才能が結晶化した珠玉作品です。

    「運命」と「田園」が同時に初演された1808年から、
    1919年「火の鳥」、1911年「ペトルーシュカ」の初演までは100年以上の隔たりが。
    この100年以上のオーケストラ作品の変貌は驚愕です

    DSCF2427

    弦楽器の音の作り方も違えば、
    管楽器の編成はもちろん、色彩感も全く別世界

    DSCF2411

    上の写真は火の鳥ですね

    「火の鳥」と「田園」、練習でも切り替えが大変です
    練習時間ギリギリまで、2つの音世界の探究が続きます。

    DSCF2420

    このコンサート、日本センチュリー交響楽団の飯森範親さんと藤岡さんの繋がりから
    始まったことは、皆様よくご存じだと思います。
    今回ももちろん、コンサートの中で飯森さんと藤岡さんのお話しを
    お楽しみいただきます

    IMG_6798-2

    (C)s.yamamoto

    そして、もう一つぜひお楽しみいただきたいのは、オーケストラの楽器の配置の違い

     ↓ 去年の「秋の陣」の写真、上は日本センチュリーさん、下は関西フィル。

    IMG_1499

    IMG_1431

    (C)s.yamamoto

    弦楽器の並び、ティンパニの配置の場所が全然違いますね

    同じホールの同じ席で、オーケストラの楽器配置の違いによる
    響きの違いを存分に感じていただけます
    しかも同じ時代の作品で画期的~

    「ペトルーシュカ」→「運命」→「火の鳥」→「田園」と、
    一世紀の時空を行き交うミュージック・ジャーニー

    ぜひお越しくださいませ

    本日17時までお電話での事前ご予約を承っております。
    (関西フィル:06-6577-1381)
    明日は14時から当日券を発売開始致します。

    【大坂春の陣2015】

    [日時]2015年3月28日(土)15:00開演(14:00開場)
    [場所]ザ・シンフォニーホール
    [出演]
    ≪先攻≫
    指揮:飯森 範親(日本センチュリー首席指揮者)
    日本センチュリー交響楽団
    ◆ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」 《1947年版》
     (ピアノ:法貴 彩子)
    ◆ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」

    ≪後攻≫
    指揮:藤岡 幸夫(関西フィル首席指揮者)
    関西フィルハーモニー管弦楽団
    ◆ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」 《1919年版》
    ◆ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 作品68 「田園」

    ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
    あらかじめご了承ください。

    [チケット代金]
    A席 6,000円 B席 5,000円 C席 4,000円 車いす席 4,000円
    (全席指定・消費税込み) ※お客様の入れ替え無し。

    関西フィルハーモニー管弦楽団
    06-6577-1381

     


  • 2015.3.19(木)
    関西フィルNews
    明日は中央公会堂特別演奏会です!!

    みなさまこんにちは

    今日はよく雨が降りましたが、明日はお天気になるようですね
    19時から、大阪市中央公会堂で特別演奏会を開催します

    チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲とベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
    というスケールの大きなプログラム

    練習は滞りなく終了致しました

    DSCF2388

    上の写真はベートーヴェンの練習中ですね。
    金管楽器はホルン3本とトランペット2本という小編成なのに、
    まさしく「英雄」というタイトル通りの壮大さ

    ベートーヴェン自身が一番出来に満足していたと言われている第3番「英雄」。
    チェロの有名なメロディーから始まる第1楽章、
    第2楽章はクラシック史上に残る葬送行進曲ですよね。
    ホルンに彩られる第3楽章の”スケルツォ”、そして壮大に展開される
    変奏曲形式の4楽章

    DSCF2348

    3楽章のホルン三重奏によるあのフレーズを楽しみにしてらっしゃる方も
    多いと思います
    ホルンが3本という編成、珍しいですよね~。
    ホルンの編成ですが、ベートーヴェンの交響曲の中では、
    第9番「合唱付き」は4本、第3番「英雄」が3本、それ以外(1.2.4.5.6.7.8番)
    は2本です。

    ベートーヴェンに限らずホルン3本のオーケストラ作品は本当に少ないのです。
    その中で、ホルン3本の意味と威力が最大限に発揮されるのが
    この「英雄」の第3楽章
    中央公会堂のあたたかい響きの中、どのような感じに聴こえるか、
    どうぞお楽しみに

    そしてもう一つの偉大なる名曲、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲

    ヴァイオリンのソリストは内尾文香さんです
    この3月で高校をご卒業されました。

    2012年の全日本学生音楽コンクールで第1位になられ、2013年に
    吹田市主催の「七夕コンサート」で始めて共演致しました。
    この時の共演があまりに素晴らしかったこともあり、すぐに明日の演奏会での
    共演をお願いしました

    DSCF2331

    なんともどっしりとした演奏!!
    この難曲中の難曲を、完全に手の内に入れられています
    チャイコフスキーが残した偉大な音楽遺産を、何の迷いもなく
    ぐんぐん弾き進められました

    美しい中央公会堂の舞台と、お客様を前にしてきっと
    明日はさらに変貌してくださることでしょう
    楽しみですね

    その中央公会堂の中、美しいですよ!
     ↓ ↓ ↓
    中央公会堂の内部はこの過去のブログをどうぞ

    中央公会堂のふくよかでゴージャスな響きが加わり、
    この偉大な作品達をさらにお楽しみいただけると思います

    明日、当日券は18時から中央公会堂の正面入り口で
    発売開始致します。
    お待ちしております

    【中央公会堂特別演奏会】

    [日時]2015年3月20日(金)19:00開演 (18:00開場)
    18:40~ 指揮:藤岡幸夫によるプレトーク開催!
    [出演]
    指揮:藤岡 幸夫(関西フィル首席指揮者)
    独奏:内尾 文香(ヴァイオリン)

    [プログラム]

    ◆チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
    ◆ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」

    ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。【入場料】(全席指定・消費税込)
    一般:4,000円高校生(18歳)以下:2,000円

    関西フィルハーモニー管弦楽団
    06-6577-1381


  • 2015.3.13(金)
    関西フィルNews
    飯守泰次郎さんの定期演奏会、完売いたしました!!

    みなさんこんにちは

    明日の定期演奏会、全席完売いたしました
    ありがとうございます。

    当日券の販売予定はありませんが、
    キャンセル待ちを設定致します(12:45から整理券を配布)。
    残席が出た場合、チケットをご購入いただけます。
    残席が無い場合、立ち見券を枚数限定で販売致します。

    何卒、ご了承くださいませ。
    詳しくはホームページをご覧ください。
     ↓ ↓
    関西フィルHP

    さて、今日はヴァイオリンの清永あやさんに参加して
    いただいてのメンデルスゾーンの練習も行いました。

    神戸ご出身の清永あやさん、関西フィルとは4回目の共演になります。
    最初の共演は2004年、清永さんが16歳の時
    現在27歳で、この3月に東京藝大大学院を首席でご卒業なさる
    予定ということ
    とても大人っぽくなってらっしゃいます

    DSCF2308

    飯守さんとは2007年の定期演奏会でのシベリウスに引き続き、2回目の共演です

    名だたるコンクールに入賞されていて、協奏曲もたくさん弾かれて
    らっしゃるのですが、今回のメンデルスゾーンを弾かれるのは
    中学生以来、とのことでした。意外ですね

    「中学生の時に感じたイメージと全然違います!!
    難しいのは一緒ですけどね・・・」とのこと。

    DSCF2217

    この曲の印象を少しお聞きしました。

    「メンデルスゾーンは、バッハを世に出した人なだけあって、
    この曲は古典的な書き方がしてあるとは思います。
    だけど中に秘めている物はやはりロマン派だと感じます。

    重厚でもなく、どちらかというと繊細な感じの音楽だと思うのですが、
    内に秘めている強いパッションを感じます。
    中でも2楽章が好きです!演奏していて幸せな気分になります。」

    この言葉通り、輝かしく芯の通った音色で情感豊かな
    メンデルスゾーンを奏でていただきました

    明日はどうぞお楽しみに!!

    【関西フィル263回定期演奏会】

    [日時]2015年3月14日(土)14:00開演 (13:00開場)
    13:40~ 指揮:飯守泰次郎によるプレトーク開催!
    [出演]
    指揮:飯守 泰次郎(関西フィル桂冠名誉指揮者)
    独奏:清永 あや(ヴァイオリン)

    [プログラム]
    ◆メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
    ◆ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調

    ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。

    入場券:全席完売いたしました。
    キャンセル待ち・立ち見券について → 関西フィルHP

    関西フィル:06-6577-1381
    (3月14日(土)は臨時休業致します)

     


  • 2015.3.11(水)
    関西フィルNews
    飯守さんのブルックナー5番の練習が始まりました!!

    みなさまこんにちは
    昨日、今日と急に寒くなりましたね

    今日から3月14日(土)に開催する定期演奏会の練習が
    始まりました

    今回の指揮者の関西フィル桂冠名誉指揮者の飯守泰次郎さん、
    当楽団主催公演への出演は、去年7月のいずみホールシリーズ以来と
    なります。
    最近は新国立劇場のオペラ芸術監督として、とてもお忙しそうです。

    「ブルックナーについて・・・」とお聞きすると、とても熱心に
    色々お話ししてくださいました

    DSCF2086

    「ブルックナー・ツィクルスがとうとう第5番にたどり着きました。

    この長いブルックナーの旅、始める時は本当に最後までやり遂げられるかどうか
    心配でしたが、なんと、半分まで到達してしまいました!


    123番はいわゆる発展期の作品、4番で一般的に“聴きやすい”名曲に
    なりました。
    6番はとてもロマンティックですね。7番もどちらかといえば
    聴きやすい。
    8番はブルックナーの交響曲の中でも人気のあるスケールの
    大きな曲、
    9番は“死”に至るまでの総集ですね。9番は未完に終わりましたが。


    この偉大な交響曲群の中で、第5番は最も宗教的でブルックナーの“信仰告白”と
    考えられます。
    信仰や哲学に深く入り込んだ曲、という意味で一番難しい曲なのです。


    DSCF2135

    後期ロマン派の音楽は、劇音楽、民俗音楽などがとても発展しましたが、
    ブルックナーは純粋音楽なのです。私は、ブルックナーは、純粋音楽に留まった
    最後の作曲家だと思います。

    人付き合いが下手で、服装にも気を使わず、きちんと挨拶もできなくて社会にも
    とけこめなかったブルックナー、そんな素朴な“ブルックナーおじさん”が
    なぜこのような宇宙的な音楽を作ることができたのか、本当に不思議です。


    DSCF2090

    ご存じの通り、関西フィルとは長いお付き合いで、重厚な音楽、例えばリヒャルト・シュトラウス、ワーグナー、マーラーなどの作品はずいぶん取り上げ、慣れてきたと思っています。

    しかしブルックナーは重厚なだけでなく、心の深い部分を吐露する音楽なのです。
    この深い部分に踏み込むことが必要なのです。
    5番は、今まで演奏してきた1番から4番までとは世界が違います。
    オーケストラにとっては大きな挑戦になると思います。


    1楽章は、対位法(独立性を持ったいくつかの旋律を調和させて
    重ね合わせる手法)がとても入り組んでいます。スケールが大きくて壮重、
    巨大な時間と空間が広がります。



    DSCF2165

    この写真の飯守さん、多分、
    「教会の大伽藍に響き渡る
    オルガンのように!」
    と説明されているはず

    2楽章は全体が祈りの音楽ですね。オーボエなど木管楽器が祈りを奏でます。

    ブルックナーの純粋さが結晶化されていて、心の奥底まで揺さぶられます。


    3楽章、大教会の信仰の世界から離れ、農夫が軽やかなドイツ舞曲に戯れます。
    ブルックナーのドイツ民族としての血がさわいでいるようです。

    この楽章で音楽も聴衆も少しほっと心がほどけますね。


    そして第
    4楽章、この楽章は2つの要素に支配されています。
    ひとつは入り組んだフーガ(ひとつの旋律をずらして登場させ、次々に
    追いかけ絡み合わせる様式)、もうひとつはコラール(
    *下記ご参考まで)です。
    フーガは二重、三重ととても入り組み、コラールは金管楽器だけでなく弦楽器にも、
    また、ホルンとファゴット、のようにさまざまな楽器で演奏されるコラールです。

    最後には、このふたつの要素が一体化するのです。
    その迫力は想像を絶するものがあります。巨人が堂々と歩いてくるように、
    フーガとコラールが互い違いに押し寄せてきます。

    そして、123楽章のメロディーも出てきます。まさにフィナーレ。


    現代の社会はとても忙しいですね。若い方々が、長い時間スマートフォンを
    見ないでいることは難しい、というのを聞いたことがあります。
    生活の中に情報が溢れていて、何も考えず、何もしないでいることは
    不可能なのかもしれません。
    14日は、音楽ホールという非日常の空間で、時間を忘れてブルックナーの
    音楽空間に身を任せていただきたいと思います。


     (*)コラールとはドイツ語で直訳すると”讃美歌”です。
    讃美歌は教会に集まった人々が歌う音楽なので、あまり複雑ではなく長くもありません。
    今では、そのような美しくて素朴な和音進行のフレーズに対してよく使います。
    トロンボーンに代表される金管楽器で演奏されることが多いですね。

     

     この公演、S・A・B席は完売致しました。
    C席も残券僅少となっております。
    (状況によって、当日券の販売は無しになる可能性があります。)

    頻繁に演奏されることの少ないブルックナー5番、
    お聴き逃しのないよう!!
    会場でお待ちしています

    【関西フィル263回定期演奏会】

    [日時]2015年3月14日(土)14:00開演 (13:00開場)
    13:40~ 指揮:飯守泰次郎によるプレトーク開催!
    [出演]
    指揮:飯守 泰次郎(関西フィル桂冠名誉指揮者)
    独奏:清永 あや(ヴァイオリン)

    [プログラム]
    ◆メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
    ◆ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調

    ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。

    入場料:
    S席¥6,000(完売しました)/A席¥4,500(完売しました)/B席¥3,000(完売しました)/
    C席¥2,000/学生席(25歳以下)¥1,000(全席指定・税込)
    ※学生席は関西フィル・チケット受付でのみご予約承ります。

    関西フィル:06-6577-1381

     

    3月13日(金)17時まで事前ご予約をしていただけます。
    完売の場合はご容赦くださいませ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


  • 2015.3.4(水)
    関西フィルNews
    3月8日は「火の鳥」の予習!&3月6日ABCフレッシュコンサート放送!!

    みなさまこんにちは
    今月28日(土)に開催する”大坂春の陣”、迫ってまいりました

    去年の”大坂秋の陣”の時にお客様にいただいたご意見を元に、
    ”春の陣”は少しスタイルを変えました。

    15時開演で終演は18時15分頃。
    3時間ちょっとの、少し長めのコンサートだと思ってください

    日本センチュリーさんから関西フィルに入れ替わるところで
    30分の休憩を挟みます。
    各オーケストラの曲と曲の間は、飯森さんと藤岡さんにおしゃべり
    してもらうだけで、休憩にはいたしません。

    今回のプログラムは”ストラヴィンスキー&ベートーヴェン”
    どちらも時代の革命児ですね~

    各オケ、後半に演奏するのはベートーヴェンの「田園」と「運命」という超直球で、
    皆様にご説明差し上げる必要もないと思いますが、
    もしかしたら、「ストラヴィンスキーはちょっと・・・」という方が
    いらっしゃるかもしれません。

    ”春の陣”を間近に控えた今、ストラヴィンスキーの「火の鳥」を予習して
    いただく機会を見つけたので、ぜひ皆様にお伝えしたいと思い筆を執りました

    今週日曜、3月8日(日)の午後9時からの「NHK音楽館」で、
    デュトワさん指揮の”火の鳥(1919年版)”が演奏されます

    「序奏と火の鳥の踊り」の部分、この世のものとは思えない雰囲気を
    醸し出す弦楽器のフラジオレット、  フラジオレットの説明はこちらのブログを♪
    「カスチェイの凶悪な踊り」に出てくるトロンボーンのグリッサンド、
    「子守唄」のファゴットのソロ、「フィナーレ」のホルンのソロ!!
    そして、最後の壮麗・豪華・キラキラのメロディー!!!

    8日の夜にこれらを把握していただき、”春の陣”で生演奏をお楽しみください
    フィナーレのあの鳥肌が立つような壮麗さは、絶対!コンサートホールで
    体感すべき音楽です

    この「火の鳥」と日本センチュリーさんの演奏される「ペトルーシュカ」、
    そして「春の祭典」を合わせた3曲が、ストラヴィンスキーの3大バレエ音楽
    この”3大”の内の2曲を1日で聴いてしまえるのは、なかなか貴重な機会かと

    そしてそして、もう一つお知らせが

    2015年2月8日(日)にABC音楽振興会主催で開催された
    「第23回ABCフレッシュコンサート」の模様が
    3月6日(金)25時34分~27時34分に朝日放送で放映されます
    6日(金)の深夜1時34分からですね

    藤岡さん指揮で出演させていただいたこのコンサートの中から、
    松岡井菜さん独奏のメンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、
    蓑田莉奈さん独奏のラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲が
    放送される予定です

    関西フィル練習場でのオーケストラ合わせの様子も
    放映してくださるそうですよ

    ぜひご覧ください

    【大坂春の陣2015】

    [日時]2015年3月28日(土)15:00開演(14:00開場)
    [場所]ザ・シンフォニーホール
    [出演]
    ≪先攻≫
    指揮:飯森 範親(日本センチュリー首席指揮者)
    日本センチュリー交響楽団
    ◆ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」 《1947年版》
     (ピアノ:法貴 彩子)
    ◆ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」

    ≪後攻≫
    指揮:藤岡 幸夫(関西フィル首席指揮者)
    関西フィルハーモニー管弦楽団
    ◆ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」 《1919年版》
    ◆ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 作品68 「田園」

    ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
    あらかじめご了承ください。

    [チケット代金]
    A席 6,000円 B席 5,000円 C席 4,000円 車いす席 4,000円
    (全席指定・消費税込み) ※お客様の入れ替え無し。

    関西フィル友の会・サポーター会員、日本センチュリー各種会員
    [会員割引価格]
     A席 5,500円 B席 4,500円 C席 3,500円 車いす席 3,500円
     ※関西フィル、センチュリー・チケットサービスでのみの発売。

    ◎ご予約お問い合わせ
    関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
    センチュリー・チケットサービス 06-6868-0591
    ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
    チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:246-246]
    ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード:53291]
    イープラス http://eplus.jp/ (PC・携帯共通)