Page Top
  • 2019.3.5(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    4月13日(土)アプラたかいしにて名曲アワー♫

     
     アプラたかいしでの公演が決まったと聞いたとき、大変失礼なことですが
    「高石市に行ったことがない」と思い、お話をお伺いしたいと
    アプラ高石の建設された当時のアドバイスにも関わられ、
    現在はミュージックアドバイザーを務められている橋本徹雄さんに
    ホールと高石市の特徴をインタビューさせていただきました。

    アプラの意味は?
     アプラの語源はアプローズ、つまり「喝采」です。
    プロ、アマチュアに関係なく全ての方にホールを提供できるように
    「喝采」を浴びるほど皆さんにご利用いただきたい、
    と言う想いを込めています。

    ホールの特徴を教えてください。

    *駅から近い
     ホールは駅前にないといけないと強く思っています。
    それは、せっかく良いものを観たり聴いたりしたあとに
    雨に濡れたり、遠い道を歩いて寒い思いをお客さまに
    させてはいけないという考えからです。
     最寄駅は南海本線高石駅、改札を出て右に曲がると目の前に
    ホールが現れます。

    *ホール
     細部にこだわりました。譜面台は折り畳み式ではなく、
    スタンドで固定されているものを使用しています。
    演奏者の椅子は結婚式場にあるような椅子を用意しました。
    私自身がオーボエ奏者なので、演奏中にお尻が痛くならないように
    配慮しています。
    これは奏者も大切にしないといけないという思いがありました。
     大ホールの一番の特徴は、1階席の椅子を床に沈めて
    平土間にできることです。
    主に音楽を提供することを前提に造られましたが、
    こうすることでボクシングや格闘技等の試合、
    ウォーキングセミナーを開催できました。
    1階で300人の吹奏楽の奏者が演奏し、2階から聴いていただいた
    公演は圧巻でした。
    面白い企画としては紙飛行機大会です。同じように1階をアリーナにして、
    2階から紙飛行機を飛ばして距離を競いました。
    どの企画もお客さまに大変楽しんでいただき、音響にこだわったホールで
    このようなことができるのは珍しいことだと思います。

    1階席を床に沈めて、アリーナ形式にしたホール

    高石市について教えてください。

    *音楽が盛ん
     実は、高石市は人口が約6万人しかいませんが音楽に関心が高い市です。
    合唱団も吹奏楽もあります。
    合唱団は少人数の団体が15団体ほどありますが、
    少人数だと合唱できる曲が多くないため、
    それなら皆で集まってやろうということになりました。
    年に1回、大曲をオーケストラや吹奏楽団と
    一緒にできる大合唱団=アプラフィルハーモニー合唱団ができたことで、
    私が音楽監督をしているニューフィルハーモニック大阪という
    オーケストラと合唱団で毎年ニューウェーブコンサートを3年に1回開催する
    第九公演は今年で5回目を迎えます。

    お客様へのメッセージをお願いします。
     関西を代表するオーケストラを高石市民の皆さまに
    知っていただける機会だと思います。
    クラシックに疎遠な方も映画音楽から楽しんでクラシックを
    知っていただきたいです。
     今回の名曲アワーでは、800名程を収容できるホールとしては、 
    本格的なホールに劣らない音響で映画音楽とシンフォニーを 
    堪能していただけることは間違いありません。

     

    アプラたかいし特別演奏会“名曲アワー”

    日時:4月13日(土)

    開場 13:30 開演 14:00

    指揮:藤岡 幸夫(関西フィル首席指揮者)

    プログラム
    【第1部】華麗なるスクリーン・ミュージックの世界
    ●B.グレイ/川上 肇編曲:映画「サンダーバード」テーマ
    ●J.ウィリアムズ:「ハリー・ポッターと賢者の石」より”ヘドウィグのテーマ”
    ●チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より”金平糖の踊り”
    (映画「くるみ割り人形と秘密の王国」より)
    ●バデルト/リケッツ:「パイレーツ・オブ・カリビアン」メドレー
    ●マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」より“間奏曲”
    (映画「ゴッドファーザーPart3」より)
    ●M.スタイナー:「風と共に去りぬ」より”タラのテーマ”

    【第2部】
    ●ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」

     


  • 2019.2.20(水)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    開館100周年おめでとうございます!!大阪市中央公会堂

     昨年、開館100周年を迎えた大阪市中央公会堂。おめでとうございます

     中央公会堂は1918年に「人が集う」ことを目的に建てられました。
     関西フィルは毎年3月に演奏会を行っている場所で、
    歴史と風格があるホールです。今年は3月だけでなく5月には
    音楽監督オーギュスタン・デュメイが登場します。
    関西フィルのファンの皆さまは中央公会堂を良くご存知だと思いますが、
    中央公会堂をより深く知っていただこうと取材に行ってきました。
     中井雅博館長と広報ご担当の西川可奈子さんにお話を伺うにつれ、
    「クラシックカー」と「品格と親しみやすさ」が
    キーワードということが分かりました。

     

    「クラシックカー」
     現在と100年前が所々に詰まっていることを発見できます。
     「創建当初から大集会室の2階席で使用されていた木製椅子」
    椅子の下にシルクハットをかけられるフックが付いています
    「保存」されていますが、ちゃんと座れます

     「壁に残されたまるでアートのような塗装の跡」
      ここに塗装の跡があります、と教えていただかないと
    気づかないくらい壁に溶け込んでいます。

     「保存再生工事の際、新しい床の下に保存された100年前の床」
     こんな保存の仕方があるなんて

    最後はお気に入りを。何か分かりますか

     

    「品格と親しみやすさ」
     外観・歴史から敷居が高いと思っていましたが、
    かつて剣道の試合などにも使用されていたことをお伺いし、
    使われ方に驚いただけでなく身近に感じることができました。
     昨年はmt 10th Anniversary in OSAKA(マスキングテープのイベント)が
    開催され、「重要文化財にテープを貼ることは大丈夫か?」と
    不安になりますが、傷つかないかを念入りに調べられました。
    このイベントは開館100周年記念の新たな挑戦でもあり、
    多くの若い年代の方が中央公会堂を訪れるきっかけにもなったそうです。

    「mt 10th Anniversary in OSAKA写真提供:大阪市中央公会堂」

     中央公会堂をこれからも残していくため、利用者には規則に
    ご了承をいただいており、お客さまにはゴミを持ち帰ることなど
    ご協力をお願いされています。
    そして、職員の皆さまは何倍も気を遣われながら働かれています。
    これは「中央公会堂が好き」という気持ちと
    全員で守っていかなければいけないという、
    中井館長をはじめ職員の皆さまの想いからです。

     最後に中井館長に中央公会堂の目指す地点をお伺いしました。
     「東京から来られた方が、中央公会堂を知って大阪が好きになったと
    おっしゃっておられました。気軽に訪れることができ質の良いものを
    味わえると思っていただける、このようなお客さまを
    一人でも増やすことが究極のゴールです。
    これからもこのブランド力を高めていきたいです。」

     大阪市中央公会堂特別演奏会 《古典の真髄》
     
    日時:3月16日(土)開場14:00 開演15:00
     ・指揮:藤岡 幸夫(関西フィル首席指揮者)
     ・Vn:木嶋 真優
     ・プログラム
     ●ワーグナー:ジークフリート牧歌
     ●ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 作品26
     ●シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 作品97 「ライン」


    大阪市中央公会堂特別演奏会プレミアム

    ・ 日時:5月22日(水)開場14:00 開演15:00
    ・指揮:オーギュスタン・デュメイ
    ・Fl: 椎名 朋美(関西フィル首席奏者)
    ・Cl: 梅本 貴子(関西フィル首席奏者)
    ・プログラム
     ●モーツァルト:フルート協奏曲第2番 ニ長調 K.314
     ●モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
     ●ベートーヴェン:交響曲第8番 ヘ長調 作品93


  • 2019.2.12(火)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
    チケット発売日のお知らせ~びわ湖ホール特別演奏会、第302回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_105498

    先日のバレンタインコンサート、そして第298回定期演奏会に
    ご来場いただきました皆様、ありがとうございましたpic_27303

    本日は、
    2019年6月8日(土)開催「びわ湖ホール特別演奏会
    2019年6月14日(金)開催「第302回定期演奏会
    のチケット発売のお知らせです。
    明日2月13日(水)10:00より発売開始いたしますpic_99360
    ※お電話でのご予約は13日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は13日11:00からです。

    主催公演としては初めて
    びわ湖ホールで演奏会を行います
    テノール歌手の錦織健さんをお招きし、
    クラシック、映画音楽、ミュージカル、アニメ、そしてクイーン…
    などなどバラエティ豊かな演目でお贈りいたします

    そして何と!BSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」(毎週土曜23:30~)でお馴染みの繁田美貴アナウンサーにも、司会者としてご出演いただく事が決定しました!
    「エンター・ザ・ミュージック スペシャルコンサート」と題し、映像収録も行う予定です(^^)/

    第302回定期演奏会では、
    ピアノの小菅優さんをお招きし、
    全て日本人作曲家のニッポンプログラムをお贈りします

    どちらの公演も、お聴き逃しなく

    《びわ湖ホール特別演奏会~エンター・ザ・ミュージック スペシャルコンサート~

    ↑チラシクリックで大きくなります↑

    [日時] 2019年6月8日(土) 14:00開演(13:15開場)
    [会場] 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
    [出演] 指揮:藤岡幸夫
        テノール:錦織健(★)
        司会:繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
    [曲目] <第1部>
        アンダーソン:舞踏会の美女
        モーツァルト:歌劇『後宮からの迷走』より「ここで君に会えるのか」(★)
        ロッシーニ:歌劇『セヴィリアの理髪師』より「空は微笑み」(★)
        マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲
        プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」(★)
        ワーグナー:歌劇『タンホイザー』序曲
        <第2部>
        映画『風とともに去りぬ』より「タラのテーマ」
        ニーノ・ロータ:ロミオとジュリエット~愛のテーマ~(川上肇編)(★)
        ディズニー映画「アナと雪の女王」メドレー(川上肇編)
        ディズニー映画『アラジン』より「A whole new world」(柿沼唯編)(★)
        宮川泰:宇宙戦艦ヤマト
        ルパン三世のテーマ(川上肇編)
        クイーン:伝説のチャンピオン(柿沼唯編)(★)
        エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
         ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
         あらかじめご了承ください。
    [料金] S席 ¥4,000 A席¥3,500 B席¥3,000
        学生(25歳以下) ¥2.000 (全席指定・消費税込)
         ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
          当日学生証のご提示が必要です。

         ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮下さい。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         びわ湖ホールチケットセンター 077-523-7136
         (10:00~19:00 火曜日休館・休日の場合は翌日)
         関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
         チケットぴあ[Pコード:139-890] 0570-02-9999
         イープラス http://eplus.jp

     

    《第302定期演奏会》

    [日時] 2019年6月14日(金) 19:00開演(18:00開場)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:鈴木優人
        ピアノ:小菅優
    [曲目] 黛敏郎:シンフォニック・ムード《黛敏郎 生誕90年記念》
        矢代秋雄:ピアノ協奏曲第1番 ト短調 作品25《矢代秋雄 生誕90年記念》
        芥川也寸志:交響曲第1番《芥川也寸志 没後30年記念》
    [料金] S席 \6,000 A席 \4,500 B席 \3,000
        C席 \2,000 学生席(25歳以下)\1,000
          ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
         当日学生証のご提示が必要です。
        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮ください。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
          関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-s/
          ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
         (10:00~18:00 休業日 毎週火曜日)
          チケットぴあ[Pコード:138-587] 0570-02-9999


  • 2019.1.28(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ その他
    曲目変更のお知らせ(3/31(日)開催『第299回定期演奏会』前半曲目)

     皆様には、日頃より関西フィル公演にご来場・ご支援賜り誠にありがとうございます。
     さて早速ですが、3/31
    (日)開催「第299回定期演奏会」前半の曲目が変更になりましたので、以下ご連絡させて頂きます。ソリスト、ヴェロニカ・エーベルレさんの強い希望により、当初予定しておりましたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲「第4番」より、「第5番《トルコ風》」へと変更になりました。何とぞご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

    第299回定期演奏会
    2019年3月31日(日)14:00開演
    指揮:飯守泰次郎
    ヴァイオリン:ヴェロニカ・エーベルレ
    ◆モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
    ◆ブルックナー:交響曲第9番
     ※なお、この変更によりますチケットのキャンセル、払い戻し、お取り替えはございません。

     それでは、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
     公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団


  • 2019.1.21(月)
    公演情報 関西フィルNews 事務局からのお知らせ
     愛する人と聴いてほしい、とびきり甘い夜/バレンタインコンサート

     2月4日(月)いずみホールで初めての
    バレンタイン・コンサートを開催します
    バレンタインは女性が好きな男性にチョコレートを
    渡して告白する日ですが、今では家族、友達、仕事仲間、自分にと
    大切な人にも渡す日です。

     何と協賛してくださっている江崎グリコ株式会社様より、
    ご来場のお客様にチョコレートをプレゼントしてくださいます
    そのチョコレートについて、江崎グリコ株式会社経営企画本部の
    石田絵里子さんにお話をお伺いしました。

    どのチョコレートがプレゼントされるかは
    インタビュー内容から想像してください
    大切な人とシェアできる「懐かしさと新しさ」を合わせもつ
    あのチョコレートです

    ♪プレゼントしてくださるお菓子として、このチョコレートを選ばれた理由
     バレンタイン・コンサートという事で、
    この時期にぴったりのチョコレートを選びました。
    この商品は「イージー・ごほうびング」をテーマに、
    家事に仕事に家族のお世話にと、毎日いろいろ頑張っているんだから
    もっと手軽にごほうびしてもいいんじゃない?というコミュニケーションを
    展開しており、今回のお客様のような普段頑張っている方に
    是非とも召し上がっていただきたい、ということも選んだ理由の一つです。

    ♪プレゼントしてくださるチョコレートが生まれた経緯
     1955年、まだ日本中にこのチョコレートの中に入っている素材が
    広く知られていなかった時代に前身の商品を発売し、
    「一度で二度おいしい」というキャッチコピーとともに
    爆発的なヒットをしたことで、日本人に馴染みのある素材と
    なりました。この素材のパイオニアであるグリコが
    発売をしていった中で、一番新しいブランドが
    2011年に発売されたこの商品です。

    ♪開発で苦労されたこと
     素材をローストしながら表面をキャンディコートした“ひと手間加えた”
    グリコ独自のアメ焼き製法で、甘香ばしいおいしさのチョコレートという
    特徴の商品です。アメ焼き製法とは「ローストしながら表面を
    キャンディコートするという“ひと手間加えた”グリコ独自の製法」です。
    ひと手間かけたこだわりのおいしさを、いかに値ごろ感も出しつつ
    提供するか、の両立が最も難易度が高く苦心したところです。

    ♪2011年に発売され、7年も販売が続いている人気の秘密
     一粒ずつ丁寧にキャンディコートした素材を
    ミルク感のあるチョコレートで包んでいるので、
    一粒でしっかりスイートに癒されることができるところです。

    ♪コンサートに期待すること
     バレンタインに相応しい甘い選曲で、
    お客様の甘い夜を演出して頂ければ。
    そして、グリコもそのステキな思い出の一助となれば幸いです。

     

     グリコのお菓子をお供に、「とびきり甘い夜」を
    恋人、友達、家族…大切な人とお過ごしください
    そして、関西フィルと風早宏隆(トロンボーン首席奏者)と
    小川理子さん(ピアノ)が、それぞれの仲がさらにぎゅっ
    縮まるような演奏で盛り上げます。
    今まで過ごしたことのないような最高の一夜を

     

    ♫バレンタイン・コンサート

    日時:2月4日(月)開場18:30、開演19:00

    会場:いずみホール

    指揮:藤岡 幸夫

    トロンボーン:風早 宏隆(関西フィル首席トロンボーン奏者)

    ピアノ:小川 理子

    プログラム

    【第1部】

    • アンダーソン:プロムナード
    • アラン・メンケン(編曲/川上 肇):「美女と野獣」メドレー
    • リチャード・ロジャース(編曲/竹下 清志):マイ・ファニー・バレンタイン(小川)
    • リチャード・ロジャース:マイ・ロマンス(小川)
    • ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(小川)

    【第2部】

    • ダヴィッド:トロンボーン小協奏曲 変ホ長調 作品4(風早)
    • ミシェル・ルグラン(編曲/林 そよか):キャラバンの到着
    • ビル・エヴァンス(編曲/森 悠也):ワルツ・フォー・デビイ
    • ポール・デスモンド(編曲/森 悠也):テイク・ファイブ
    • グレン・ミラー(編曲/川上 肇):ムーンライト・セレナーデ
    • ビリー・ストレイホーン(編曲/川上 肇):A列車で行こう