Page Top
  • 2016.12.10(土)
    関西フィルNews
    MBS”ちちんぷいぷい”に藤岡幸夫が出演します!

    みなさまこんにちは
    年末が目の前に迫っており、オーケストラは
    1年の中でも一番忙しい時期となっております

    今年は12月31日(土)に久石譲さんのジルベスターコンサート
    に出演させていただき、1月2日(月)はオリックス劇場さんの
    ニューイヤーコンサートに出演致します。
    お仕事で忙しいのは本当にありがたいことです
    年末も年始も当楽団の演奏をお聴きいただければpic_35839

    さて、そんな中ですが来週12月14日(水)の夕方、
    関西フィル首席指揮者の藤岡幸夫さんが、毎日放送さんの
    超人気番組、”ちちんぷいぷい”に生出演することになりましたpic_吹奏楽_m

    16時前後くらいからの”キッチンぷいぷい”のコーナーに出演予定です。
    (緊急ニュースなどで、時間や出演が変更になる可能性があります)

    藤岡さんから料理の話なんて聞いたことありませんが、
    さてどんな感じになるのでしょうか

    どうぞお楽しみにpic_110838


  • 2016.11.29(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~第281回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_105498

    先日のいずみホールシリーズVol.41にご来場いただきました皆様
    ありがとうございましたpic_27303
    今年最後のデュメイウィークはお楽しみいただけましたでしょうか?

    本日は、2017年3月31日(金)開催
    第281回定期演奏会」のチケット発売のお知らせです。
    明日11月30日(水)10:00より発売開始いたしますpic_99360
    ※お電話でのご予約は30日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は30日11:00からです。

    指揮は関西フィル・桂冠名誉指揮者の飯守泰次郎さんです。
    thumb_20170331
    (C)武藤章

    この日は飯守さんとのブルックナー・ツィクルス第7回目。
    交響曲第7番をお贈りします。

    前半はモーツァルトのピアノ協奏曲第25番をお贈りしますpic_2965
    飯守さんの強いご希望で若林顕さんをお迎えします!
    (3月)Akira Wakabayashi2 photo Wataru Nishida
    (C)Wataru Nishida
    どうぞお楽しみにpic_7434

    25歳以下の学生のお客様には学生席(\1,000)もございます。
    皆様のご予約、お待ちしておりますpic_136444

     

    《第281回定期演奏会》

    [日時] 2017年3月31日(金) 19:00開演(18:00開場)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:飯守泰次郎
        ピアノ:若林顕
    [曲目] モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503
        ~飯守のブルックナー・ツィクルス第7回~
        ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調
    [料金] S席 \6,000 A席 \4,500 B席 \3,000
        C席 \2,000 学生席(25歳以下)\1,000
        ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
        当日学生証のご提示が必要です。
        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮ください。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
          関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
          ※発売日当日は11:00より
          ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
         (10:00~18:00 休業日 毎週火曜日)
          チケットぴあ[Pコード:312-974] 0570-02-9999


  • 2016.11.25(金)
    公演情報 関西フィルNews
    今年最後のデュメイ監督との公演、そして4大オケの響演!!

    みなさんこんにちはpic_306927

    明日はいよいよ今シーズン最後のデュメイ監督との演奏会です
    今回は、ベートーヴェンの”1番”を3曲組み合わせた溌剌とした
    プログラムです

    前半では、ピアノソリストの小林海都さんに大活躍していただき、
    ヴァイオリン・ソナタ第1番とピアノ協奏曲第1番をお届けします。

    小林さん、21歳と大変お若いですが、マリア・ジョアン・ピリス氏の
    若手音楽家育成プログラムに参加され、世界中でご活躍されています。
    今回の出演もピリス氏からの推薦があり、演奏をお願いすることにpic_2965
    IMG_7646-2

    なんとまぁ、21歳とは思えない成熟した美しきピアニズム
    花珠真珠のネックレスのように、粒が揃い一音一音が光り輝いています。

    楽団員の一人が、
    「日本人のピアニストであんな音色が出せる人がいるなんて…」
    と驚愕していましたpic_110714

    小林さんと同じ年頃のベートーヴェンが書いた全く憂いの無い
    この協奏曲、あまり生で聴く機会はありません。
    この上もなく素晴らしいピアニストを迎えての明日の上演、
    ぜひご期待ください。

    デュメイ監督のヴァイオリンの聴き納めはベートーヴェンpic_109598
    いずみホールという最高の会場で、ヴァイオリニスト・デュメイの
    本領発揮間違いなし。
    ピアノ部分も充実したソナタなので、小林さんの演奏もお楽しみに

    そしてベートーヴェンの”ファースト・シンフォニー”もいずみホールに
    ぴったりですね。
    木管・金管が2人ずつの美しい古典オーケストラ編成です。
    IMG_7628-2

    デュメイ監督は弱音の部分で、可能な限り音を小さくすることを
    要求されていました。
    これをいずみホールで聴くと、とても繊細でニュアンスがある
    オーケストラサウンドを満喫いただけると思いますよpic_126714

    モーツァルトやハイドンの影響を受けた古典派らしい様式美が溢れた
    曲に聴こえますが、いやはやそこはベートーヴェン。
    その枠に納まらない彼の意思の強さや、この後8曲続く音楽遺産への
    発展が垣間見られる独自性ある完成度です。

    3つのジャンルの最初の作品、ぜひベートーヴェンの秘めた可能性を
    皆さまご自身で見出してくださいpic_onpu

    明日は14時から当日券を発売開始致します

    そして今日は、2017年4月8日(土)開催の「4大オーケストラの響演」
    の記者発表会でした。
    情報解禁が発売日ギリギリだったので、「いつ内容がわかるの?!」
    とご心配いただいていたお客様、お待たせしました
    取り急ぎ、公演情報です

    【開催日】2017年4月8日(土)16:00開演(19:00終演予定)
    【会場】フェスティバルホール
    【演目】(演奏順)
    飯森範親/日本センチュリー交響楽団
    ハイドン:交響曲第103番「太鼓連打」

    外山雄三/大阪交響楽団
    チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」

    角田鋼亮/大阪フィルハーモニー交響楽団
    R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」

    藤岡幸夫/関西フィルハーモニー管弦楽団
    レスピーギ:交響詩「ローマの松」

    【チケット料金】
    S席¥8,500 A席¥7,000 BOX席¥14,000 
    バルコニーBOX席(2席セット)¥17,000 
    学生席¥1,000(100席限定、25歳以下)

    この度、関西フィルがコンサートの”トリ”を務めさせていただきます。

    「ローマの松」は舞台上のオーケストラと別に、金管楽器の別働隊が
    必要なのですが、出番が終わった他のオーケストラの奏者さんに出て
    いただけることになりました

    15:30からは、トランペットとトロンボーンによる
    ”大阪国際フェスティバル”のためのファンファーレ演奏、
    (團 伊玖磨さん作曲!!!)
    ホルンアンサンブル、指揮者4人のプレトークを開催し、
    開演前もお楽しみが盛りだくさんです

    関西フィル友の会先行発売は11月29日(火)10:00より、
    関西フィル事務所で受け付け致します(会員割引はございません)。

    指揮者4名が集まった記者発表会、4人とも思いのままにおしゃべりになり、
    楽しい時間でした…。
    IMG_7586-2

    少し見づらいですがチラシはコチラ→「4大オーケストラの響演」チラシ

    3回目を迎えるこの話題の公演、前回までもすごい勢いでチケットが
    売れています。
    良い席はどうぞお早めにご予約くださいpic_ぱちくり


  • 2016.11.19(土)
    関西フィルNews
    明日は伊丹市での室内楽コンサートです!

    みなさまこんにちは
    今日は少しぱっとしないお天気でしたね。
    明日はどうでしょうか~

    明日、伊丹市のアイフォニックホールで室内楽のコンサートを
    開催しますpic_109598

    1年に2回開催しているデュメイも演奏する室内楽の公演で、
    楽団員も大きな影響を受けています。

    メインはブラームスの弦楽六重奏曲第1番。
    IMG_7508-2

    右から、デュメイ監督、ヴァイオリンの野口まつの(デュメイの陰に…)、
    客演チェロ奏者の荒 庸子さん、チェロの大町剛、
    ヴィオラの飛田千寿子、中島悦子です。

    ブラームス27歳の時の作品で、若々しいながらもヴィオラ2本、
    チェロ2本という楽器から重厚な響きになっています。

    今回唯一、20代でこのアンサンブルに参加することになった
    野口まつの、2014年入団の若いメンバーです
    今回のこの大抜擢にかなり緊張しながら練習に参加しています。

    「同じ大きさの楽器とは思えない音圧と表現の豊かさです
    デュメイ監督のたった”一音”にとてつもない豊かな表情があり、
    それに全員が集まってくる感じです。」
    と興奮していましたpic_5738

    プログラム前半では、楽団員のみの室内楽をお届けします。

    今年9月の日本音楽コンクールフルート部門に入賞した
    河本朋美のソロで、モーツァルトのフルート四重奏曲の
    1番と4番をお聴きいただきます。
    下記写真の河本朋美、増永花恵のヴァイオリン、椎名弘明のヴィオラ、
    大町剛のチェロで演奏致しますpic_126714

    益々輝きを増す河本の音色にご期待くださいpic_フルート

    そして1部のトリはベテラン&俊英の首席奏者3名でお届けする
    ドヴォルザークの三重奏曲。
    コンサートマスターの岩谷祐之、第2ヴァイオリン首席奏者の
    増永花恵、ヴィオラ首席奏者の中島悦子でお届けします。

    中島悦子より、
    「ヴァイオリン2本、ヴィオラ1本というとても珍しい曲です。
    17日に定期演奏会で演奏した交響曲第7番と同じ時期に作曲された
    とても充実した曲です。
    3人がアンサンブルする部分と、ソリスティックな部分、
    ドヴォルザーク節に乗せてお楽しみいただけると思います!」
    とのこと

    増永は11月初旬に無事試用期間を終え、正式入団になったばかりです。
    若いながらもオーケストラの経験豊かな奏者で、第2ヴァイオリン
    パートをぐいぐいまとめていってくれています。
    今回、初めてソロをご披露致します。ぜひご注目くださいpic_☆_m
    (諸事情により、フルート四重奏を弦楽三重奏の写真は撮影できませんでした)

    明日は14時15分から当日券を発売開始致します

    公演詳細

     


  • 2016.11.16(水)
    公演情報 関西フィルNews
    明日は今年最後のデュメイの定期演奏会です♪

    みなさまこんにちはもみじ

    明日の練習、今日も時間一杯まで行っていました~。
    IMG_7439-2

    昨日からチェロのブルネロさんも参加してくださっています。
    カメラ目線キラ~ンキラキラ_m
    IMG_7460-2

    ハイドンのチェロ協奏曲2曲、この2粒の宝石のような名曲を1日で
    聴けるとはなんとも幸せな気分ですね
    IMG_7470-2

    ブルネロさんはとても軽やかに、完全に手の内に入ったこの2曲を
    美しく紡ぎ出されていきます。

    鼻歌を歌いながら練習場を出てきた楽団員に、
    「ご機嫌ですね~」と声をかけると、
    「あったりまえじゃん!!ブルネロさんがものすごいよ!!!」
    と高いテンションの返事がこれは楽しみです105498
    ぜひこの2曲の個性の違いにもご注目ください。

    そしてメインはドヴォルザークの交響曲第7番。
    なんともシブイ密かな名曲です

    ドヴォルザークの交響曲といえば第8番と第9番「新世界より」が
    圧倒的に人気ですね。この2曲とは少し趣きが違います。
    民族的な要素を見事に取り入れている部分で、他の追随を許さない
    のは8・9番と同じですが、7番は少し重く内なる情熱に支配されている
    ように感じます。
    だからこそ、1楽章と4楽章などでは時々現れるロマンティックで
    牧歌的なメロディーにものすごくときめいてしまいますよtoon

    IMG_7430-2

    2楽章、木管楽器・ホルン・チェロなどのドヴォルザークならでは
    ソロを、デュメイ監督はとにかく感情のおもむくままに歌わせますpiyo

    3楽章冒頭のメロディーはチェコの民族舞曲のメロディーなのですが、
    すごく耳に残って気が付いたら口ずさんでいますよ。。。
    とても身近に感じられるメロディーで、少しジブリ的な雰囲気を
    感じる方もいらっしゃるかもしれません大樹

    前半のハイドン2曲と後半の渋いドヴォルザーク、この違いを
    ぜひ生でお楽しみください

    明日は17時45分から当日券は発売開始致します。
    シンフォニーホールで皆さまをお待ちしております

     

     


  • 2016.11.15(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~大阪市中央公会堂特別演奏会♪

    みなさま、こんにちはいちょう

    昨日から定期演奏会の練習が始まっています
    IMG_7451-2
     2015年にドヴォルザークの8番をデュメイ監督指揮で演奏しましたが、
    今回は7番です!!少しマイナーな曲ですね~。
    でも、練習後に楽団員が
    「デュメイさん、この曲が好きなんやなぁ」と言っていました。
    デュメイ監督の思い入れが伝わる演奏になると思いますよ

    さて、毎年多くのみなさまにご来場いただいている
    関西フィルの「古典の真髄~大阪市中央公会堂特別演奏会」、
    大阪が誇る重要文化財・大阪市中央公会堂で毎年3月に開催しています☆_m
     
     2016年中央公会堂特別演奏会
    (C)HIKAWA

    2017年は3月18日(土)15:00開演、
    藤岡幸夫さん指揮のもと、ソリストには大谷玲子さんをお迎えします109598
    大谷玲子

     関西フィル主催公演でご一緒するのは、2010年以来7年ぶりです27968
     
    こちらの公演のチケットを11月16日(水)10:00より発売開始いたします99360
    ※お電話でのご予約は16日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は16日11:00からです。
    25歳以下の学生の皆様には学生席(¥2,000)もございます。
    どうぞお聴き逃しなく24693

     

    《大阪市中央公会堂特別演奏会》

    [日時] 2017年3月18日(土) 15:00開演(14:00開場)
    [会場] 大阪市中央公会堂
    [出演] 指揮:藤岡幸夫
        ヴァイオリン:大谷玲子
    [曲目] シューベルト:交響曲第7(8)番 ロ短調 D.759「未完成」
        サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 作品61
        シューマン:交響曲第1番 変ロ長調 作品38「春」      
        ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
        あらかじめご了承ください。
    [料金] 一般席 ¥4,000 学生(25歳以下) ¥2.000 (全席指定・消費税込)
        ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
         当日学生証のご提示が必要です。

        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮下さい。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
         ※発売日当日は11:00より
         チケットぴあ[Pコード:315-077] 0570-02-9999

     

     


  • 2016.11.15(火)
    公演情報 関西フィルNews
    JR・地下鉄弁天町駅にスケートリンクができます★★

    みなさまこんにちは

    ちょこっとしたお知らせです

    関西フィル練習場・事務所があるJR・地下鉄弁天町駅直結の
    「ORC200(オーク200)」にスケートリンクが出現します

    氷ではなく滑走面の素材は樹脂とのことですが、プロジェクション
    マッピングやイルミネーション、クリスマスツリーなど、とても
    華やかな光の楽園になるそうですよぱちくり
    詳しくはORC200のHPをご覧ください!
    http://orc200.com/skaterink/

    スケートリンクのオープンは11月22日(火)18時。
    18時から、クリスマスツリーの点灯式があるのですが、
    関西フィルも少し演奏させていただきます5738
    入場無料ですので(スケートは有料)、お近くの方はぜひお寄り
    くださいませ110838


  • 2016.11.5(土)
    事務局からのお知らせ 募集・求人
    ステージアルバイト募集について

    現在は募集を停止しています。

    昨年、音楽監督オーギュスタン・デュメイのもと、初のヨーロッパツアーを
    成功させ、更なる飛躍を目指す関西フィル。
    年間約120回の公演を支えるのが事務局です。 
    今回は事務局の組織強化を図るため、新しいスタッフを募集いたします。
    音楽や文化芸術に対する情熱を持って働いていただける方をお待ちしております。

    ■職種:
      ステージアルバイト(募集人数1名)

    ■資格:
      ・40歳くらいまで
    (事務局内平均年齢と体制を考慮)

    仕事内容
     オーケストラの裏方のスタッフとして、演奏会業務全般を行っていただきます。出演者が演奏に専念できる環境を整え、演奏会が滞りなく進行するように、リハーサルの立ち合い、ホールや主催者との打ち合わせ、重量のある楽器の搬入搬出、舞台セッティング等を行っていただきます。

    ■求めるスキル等:
      ・コミュニケーション能力・協調性のある方
      ・PC基本操作能力のある方
      ・普通自動車第一種運転免許を有する方
      ・経験のある方を歓迎します。
      ・長期間勤務していただける方を歓迎します。

    ■勤務日・勤務時間:
      週5日程度
      ・オーケストラの公演スケジュールにより、大きく変動します。
      ・土曜日・日曜日・祝日の勤務、早朝・夜間の変則勤務が可能な方

    休日:
      週2日程度
      ・オーケストラの公演スケジュールにより変動します。

    ■雇用形態:
      パートタイマー
    (勤務状況を評価の上、正規職員としての登用制度あり)

    ■給与・待遇:
      ・時給:900円以上(経験を考慮の上、決定します)
      ・社会保険(勤務日数・勤務時間数により加入していただけます)
      ・交通費支給

    ■応募方法:
      履歴書(写真添付・メールアドレス記入)および職務経歴書
    (書式は任意) を下記宛てに郵送してください。                       
      ・応募後、10日以内に書類選考の結果をメールにて通知いたします。
      ・書類選考通過者には、面接を実施いたします。                                           ・応募いただいた書類は採用・不採用に関わらず返却いたしません。
         こちらで責任を持って破棄いたします。
      ・面接日、就労開始日は可能な限り相談に応じます。 お気軽にご相談
      ください。
      ・応募の秘密は厳守いたします。

    ■応募期間:
      
    随時募集(お早めにご応募ください)

    ■お問合せ・送付先
    認定NPO法人

    関西フィルハーモニー管弦楽団 事務局「ステージアルバイト募集係」
    〒552-0007 大阪市港区弁天1丁目2-4-700 オーク2番街西館7F
    Tel 06-6577-1381


  • 2016.10.24(月)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~第280回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはいちょう

    本日は、2017年2月24日(金)開催、「第280回定期演奏会」の
    チケット発売のお知らせです。
    10月26日(水)10:00より発売開始いたします99360
    ※お電話でのご予約は26日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は26日11:00からです。 

    2017年最初の定期演奏会は、指揮に
    ブレシア・ベルガモ国際ピアノ音楽祭などで芸術監督もされている
    ピエル・カルロ・オリツィオさんと、

    Orizio  
    (C)Elisa Severi

    2015年のチャイコフスキー国際コンクールで第2位入賞され
    今最も注目のピアニスト、ルーカス・ゲニューシャスさんをお迎えします22505

    Lukas

    お贈りするのは ラフマニノフ作曲「パガニーニの主題による狂詩曲」、
    プロコフィエフ作曲「交響曲第5番」など、言わずと知れた名曲…27968
    これを聴き逃す手はないですよ9591

    25歳以下の学生の皆様には学生席(¥1,000)もございます。
    みなさまのご予約、お待ちしております136444

     

    ≪第280回定期演奏会≫

    [日時] 2017年2月24日(金) 19:00開演(18:00開場)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:ピエル・カルロ・オリツィオ
        ピアノ:ルーカス・ゲニューシャス
    [曲目] ベッリーニ:歌劇「ノルマ」序曲
        ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
        プロコフィエフ:交響曲第5番 変ロ長調 作品100
        ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
        あらかじめご了承ください。
    [料金] S席¥6,000 A席¥4,500 B席¥3,000 C席¥2,000
        学生席(25歳以下)¥1,000
         (全席指定・税込)
        ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
        当日学生証のご提示が必要です。
        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮下さい。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
         ※発売日当日は11:00より
         ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
         (10:00~18:00 休業日 毎週火曜日)
         チケットぴあ[Pコード:312-973] 0570-02-9999
      

        きのこ    きのこ    きのこ

    さて、ところで・・・
    オリツィオさんのご紹介『ブレシア・ベルガモ国際ピアノ音楽祭』や
    お写真を見て、“おや…?”と思われた方。。
    そうです『ブレシア・ベルガモ』と言えば、
    2015年の関西フィル・ヨーロッパ公演
    まさにこの、国際ピアノ音楽祭に出演させていただきました24693

    そして、オリツィオさんのお写真の背景は
    ご出身地でもあるブレシアの「ブレシアグランド劇場」です127760
    関西フィル公演時の様子がこちら↓133551

    ブレシア公演

    ブレシア公演2

    同じ劇場の空気を知っている、というのはとても光栄です709ad2b50918c539a67b0fa9be8b32ba
    オケとの一体感も増し、あのイタリアでの高揚感を
    みなさまにも味わっていただけるかも…hatena

    乞うご期待です拍手ぱんだ


  • 2016.10.13(木)
    公演情報 関西フィルNews
    明日定期演奏会です♪♪

    みなさまこんにちは
    明日はいよいよ藤岡さん&デュメイ監督の定期演奏会です

    今日も時間いっぱい練習しましたIMG_7317-2

    シベリウスの交響曲の中では1番と並んで親しまれている第2番。
    藤岡さんと関西フィルでも、よく取り上げる交響曲の中の1曲です。

    1楽章の始まり方、本当に個性的で素敵ですよね。
    音が始まった瞬間、オーケストラから風が吹いてくるようです
    第1楽章で、ヴァイオリン群に雰囲気を伝えるために藤岡さんが
    良い表情をされているのを発見
    IMG_7329-2
    「大きな空を見上げる感じで!!!」という風なことをおっしゃって
    いたような。。
    1楽章の前半はこのようなイメージの部分が多いですね。

    凍結した大地の歌を奏でるファゴットソロで始まる2楽章、
    この楽章は心を熱くするメロディーに溢れています

    3楽章の中間部分、類稀なるオーボエのソロの部分ですが、とても
    浮世離れした調性です。
    変ト長調、フラット記号(♭)が6つも付いている調です…
    ファンタジー溢れる非現実な音空間にご注目を。

    続いて突入する4楽章の雄大で幅広いサウンド、北欧フィンランドの
    自然そのものですね
    使用されている楽器は、時代を超えてあらゆる作曲家と同じなのに、
    その国の気温、空気の透明度、大自然の中の音までもが感じられる…、
    シベリウスならではです126714

    このシベリウスと並んで民族色が強いバルトーク、
    デュメイの容赦無い演奏にオーケストラもかなり感化されましたhokkori
    IMG_7408-2

    初めて聴いてすんなり理解できる、という曲ではありませんが、
    ゾクゾクする音の並び、鋭角的なリズムに溢れたこの曲の魅力を
    感じていただけると思います。
    このバルトーク、デュメイのヴァイオリンにぴったりだと思って
    いましたが、想像以上です
    楽員が「”参りました!!”って感じだわ~」とつぶやいていました。。。

    全然ご紹介できませんでしたが、1曲目の吉松隆さんの”夢色モビール”は、
    コンサートマスター、岩谷祐之のソロでお届けします。
    吉松ファンの中でも、”過去に聴いたことがないくらい素敵なメロディー”
    ”絶品の小宇宙”などと絶賛されている曲ですキラキラ_m
    関西フィルでは初めて取り上げます。こちらもお楽しみに

    明日は17時45分から当日券を発売致します。
    S席は完売しており、C席はかなり残り少ない状況です。

    みなさまのお越しをお待ちしております306927