Page Top
  • 2017.3.7(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~第285回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_ハチ

    本日は、「285回定期演奏会」のチケット発売のお知らせですpic_133950
    明日38()10:00より発売開始いたしますpic_99360
    ※お電話でのご予約は8日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は8日11:00からです。

    指揮はディエゴ・マルティン・エチェバリア、
    ソリストにホルン奏者のシュテファン・ドールをお招きしますpic_22505

    thumb_20170705 7月StefanDohr
              (c)Monika Rittershaus
    シュテファン・ドールの美しいホルンの音色をどうぞお聴き逃しなくpic_119028

    みなさまのご予約、心よりお待ちしておりますpic_拍手ぱんだpic.ぱっ2

    ≪第285回定期演奏会≫
    【日 時】201775() 1900開演(1800開場)
    【会 場】ザ・シンフォニーホール
    【出 演】指揮:ディエゴ・マルティン・エチェバリア
         ホルン:シュテファン・ドール
    【曲 目】モーツァルト:ホルン協奏曲第3番 変ホ長調 K.447
         R.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番 変ホ長調
         シューマン:交響曲第2番 ハ長調 作品61
    【料 金】S席:¥6,000A席:¥4,500B席:¥3,000
         C席:¥2,000/学生:¥1,000(全席指定・税込)
    【ご予約】関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         
    (平日 10:00~17:00、土 10:00~16:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
         チケットぴあ[ Pコード:312-978 ] 0570-02-9999

     


  • 2017.2.25(土)
    公演情報 関西フィルNews
    4月8日(土)は4大オケの響演!!

    皆さまこんにちは

    昨日の定期演奏会、プレミアム・フライデーということも
    あったのでしょうか、当日券のお客様にたくさん来ていただきました。
    ありがとうございましたpic.ぱちくり

    さてさて、今年も”4大オーケストラの響演”に出演致します。
    2017年4月8日(土)、今回は藤岡さんの指揮で、
    レスピーギの「ローマの松」をトリで演奏します
    この曲には、”バンダ”と呼ばれる舞台とは別の場所で演奏する
    別働隊が必要です。
    通常、トランペット4名、トロンボーン2名で演奏しますpic_112889pic_102824

    4月8日は、日本センチュリー交響楽団、
    大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団の金管楽器奏者
    の皆さんがこのバンダを演奏してくださいますpic_22505
    どの奏者さんが演奏してくださるか、当日をどうぞお楽しみに~pic_hokkori

    少し前ですが、去年の11月に4人の指揮者が集まって
    記者会見を致しました。
    IMG_7585-2

    会見の様子がまとめられ、フェスティバルホールのHPにアップ
    されています。
     ↓ ↓ ↓
    記者会見の様子(動画)

    今年の公演は、15時30分からトランペット・トロンボーンの
    ファンファーレや、ホルン四重奏などをお聴きいただきます。
    もちろん、4オケ混合チームでの演奏

    どうぞお楽しみにpic_110838

    公演詳細


  • 2017.2.23(木)
    公演情報 関西フィルNews
    明日は定期演奏会です♪♪

    みなさまこんにちはpicうた
    明日は今シーズン最初の定期演奏会です!
    今年はなかなかシブいプログラムで幕開け致します

    メインはプロコフィエフの交響曲第5番IMG_7912-2

    1945年1月に初演された、プロコフィエフの最も人気のある交響曲です。
    第二次世界大戦終結の年に初演されたのですね。

    この曲を導いてくださるのはピエール=カルロ・オリツィオさん。
    デュメイ音楽監督から推薦があったイタリアのベテラン指揮者で
    いらっしゃいます。
    IMG_7941-2

    (ハリソン・フォードさんに似てらっしゃいますー

    フルートとファゴットが口ずさんでいるようなメロディーで開始する
    第1楽章、人気交響曲の第1楽章に相応しく、雄大で重厚、高らかに
    締めくくられます。

    第2楽章は、常に何かの楽器がおもしろいことを演奏していますよ~。
    全く飽きない楽章です

    オリツィオさん、第3楽章冒頭をかなりロマンティックに仕上げて
    いらっしゃいましたが、進むにつれ、戦争の影のように心に突き刺さる
    部分が印象的です。

    第4楽章では、第1楽章冒頭のメロディーが帰ってきてハッと
    させられますpic.きらりん
    その後はプロコフィエフらしい疾風のような展開が繰り広げられ、
    そしてさらに彼らしい曲の終わり方!!

    皮肉が込められているように感じられるかもしれませんが、
    彼はこの曲について
    「戦争が始まって、誰も彼もが祖国のために全力を尽くして戦って
    いるとき、自分も何か偉大な仕事に取り組まなければならないと感じた。」
    「私の第5交響曲は、自由で幸せな人間、その大きな力、その純粋で
    高貴な魂への讃歌の意味を持っている。」
    と言っていたそうです。

    素晴らしき独創性ですね

    さて、前半では今をトキメク27歳の俊英、
    ルーカス・ゲニューシャスさんにラフマニノフの名曲を奏でて
    いただきます。
    IMG_7877-2

    パガニーニのかの有名なメロディーを元に繰り広げられる変奏曲形式
    ですが、最近ではメインテーマより、変奏されたメロディーの方が
    有名かもしれません。
    第18変奏のメロディーは映画やCMで多用され、最近は東急不動産の
    CMで聴こえてきますね

    なんと、今月16日にゲニューシャスさんがシャルル・デュトワさんと
    共演された時の動画を広報用に頂戴しました!
    第18変奏を聴いていただけます。
     ↓ ↓ ↓
    https://www.facebook.com/medicitv/videos/10154114256142352/

    ぜひ、明日はシンフォニーホールでライブをお楽しみください

     

    明日は、17時45分から当日券を発売開始致します。
    皆さまのお越しをお待ちしております

    公演詳細

     

     


  • 2017.2.22(水)
    その他 関西フィルNews
    藤岡幸夫&関西フィルのCD「菅野 祐悟:交響曲第1番~The Border~」

    首席指揮者 藤岡幸夫と関西フィルハーモニー管弦楽団によるCDが完成いたしました。菅野 祐悟「交響曲第1番~The Border~」の世界初演の模様を収めた貴重なライヴ録音です。
    皆様、是非お買い求めいただき、ご高評下さい。
    詳細は日本コロムビアでご確認下さい。
    COGQ-103 本体価格¥3,000+税


    菅野 祐悟:交響曲第1番~The Border
     ●指揮:藤岡幸夫
     ●関西フィルハーモニー管弦楽団
     ●録音:2016年4月29日 ザ・シンフォニーホール
         (関西フィル「第273回定期演奏会」でのライヴ録音)

    境界線の向こうに立ち現れる極私的音世界…
    劇伴作曲家の旗手が交響曲の高みに挑む。10年代の交響曲、世界初演!

     劇伴音楽の旗手として、大ヒット映画「SP野望篇」、映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年)、映画『謎解きはディナーのあとで』(2013年)、さらに、TVドラマでは2014年NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』をはじめ、この10年間で連続テレビドラマの音楽を50番組以上手掛けている菅野祐悟。そのたぐいまれなるオーケストレーションを携えて、ついに交響曲の高みに挑戦します。普段は映画やドラマが持っている「ストーリー」や「テーマ」にそって音を紡ぐ名手が、交響曲を書くときに表現したいテーマはなにか。菅野は、意識と無意識、現実と夢、その境界線・狭間に立ちながら、自らの内面に深くダイヴすることを試みました。その果てに生まれた音楽がこの交響曲第1番〜The Border〜です。
     菅野の才能に惚れぬいたマエストロ藤岡幸夫の確信に満ちたタクトのもと、2016年4月に関西フィルの定期演奏会で行われた定期演奏会の模様をライヴ収録。
     21世紀に入り、ますます先の見えない日本のクラシック音楽界。劇伴と正調クラシックのまさに狭間=境界線で新しい芸術表現を生み出そうとする菅野の、交響曲形式への力強い意志に満ちた力作です。

     ※関西フィルのCDまとめはコチラへ。