Page Top

2016年 5月

  • 2016.5.31(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~いずみホールシリーズVol.40♪

    みなさま、こんにちは209
    9月30日(金)開催、「いずみホールシリーズVol.40」のチケットを
    明日6月1日(水)10:00より発売開始いたします99360
    ※お電話でのご予約は1日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は1日11:00からです。

    15.11いずみ(C)HIKAWA
    (C)HIKAWA
     
    デュメイ監督指揮のもと、ソリストには内尾文香さんをお迎えします!

    いずみホール37(C)HIKAWA 
    (C)HIKAWA

    内尾文香0
     
    内尾さんと共演させていただくのは、2015年3月の
    中央公会堂特別演奏会ぶりです109598

    当時は高校を卒業されたばかりでした!
    1年経ち、ますます磨きがかかった演奏をどうぞお楽しみに136444

    また、11月26日(土)開催の「いずみホールシリーズVol.41との
    セット券同時に発売開始いたします
    公演まとめてお得な『いずみホールシリーズS席セット券』を
    この機会にぜひ、お求めください

    ※2公演セット券は関西フィル事務局のみでのお取り扱いとなります。
    ※関西フィルWebチケットでのお取り扱いはございません。
     

    いずみホールシリーズでは無料託児サービスを実施しています 126416
    6か月~就学前のお子さまをお預かりいたしますので、
    小さなお子さまをお持ちのお客様も、ぜひお気軽にご来場ください133950
    ※事前のご予約が必要です。関西フィル事務局(06-6577-1381)までお電話でお申込みください。
    詳しくはこちら117764
       
      
       
    ≪いずみホールシリーズVol.40≫

    [日時] 2016年9月30日(金) 19:00開演(18:30開場)
    [会場] いずみホール
    [出演] 指揮:オーギュスタン・デュメイ
        ヴァイオリン:内尾文香 
    [曲目] シベリウス:悲しきワルツ
        シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
        シューマン:交響曲第4番 ニ短調 作品120
               ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
           あらかじめご了承ください。

    [料金] S席¥5,000 A席¥4,000
         関西フィル友の会価格 S席¥4,000 A席¥3,200
         関西フィル・サポーターズ価格 S席¥4,500 A席¥3,600 
        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮下さい。

    1108382016年いずみホールシリーズ2公演S席セット券も同時発売5738
      9/30(金)、11/26(土)の2公演をお得にお聴きいただけます。
        2公演セット券(S席) ¥9,000
        関西フィル友の会価格 ¥7,500
        関西フィル・サポーターズ価格 ¥8,500
        ※2公演セット券は関西フィル事務局のみでのお取り扱いとなります。
         ※関西フィルWebチケットでのお取り扱いはございません。

    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
          (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
          ※発売日当日は11:00より
         いずみホールチケットセンター 06-6944-1188
          (10:00~17:30 日・祝休み)
         チケットぴあ[Pコード:299-326] 0570-02-9999


  • 2016.5.26(木)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~第2回親子定期演奏会♪

    みなさま、こんにちは
    5月24日の神戸特別公演Meet the Classic in KOBE Vol.13に
    ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました123501
    春のデュメイシーズンはお楽しみいただけましたでしょうか20697

     

             

     

    さて、本日は9月19日(月・祝)開催、「第2回親子定期演奏会」の
    チケット発売のお知らせです。
    5月30日(月)より一般発売を開始いたします99360
    ※お電話でのご予約は30日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は30日11:00からです。
    (関西フィル友の会会員、サポーターズ会員のみなさまは
    一般発売に先駆けて先行発売中です133950)

     
    kpoオケ
    (C)s.yamamoto

     昨年「親子コンサートなのに内容は本格的27968」と大好評をいただいたこの公演、
    2回目となる今年は『オーケストラってかっこいい!!』をテーマに
    多彩な時代と様々な国から、選りすぐりの曲を集めました

    今回も、指揮の藤岡幸夫さんの軽快でたのしいお話つき。
    楽曲や作曲家のウラ話が聞けるかもしれません

    トリミング(C)HIKAWA
    (C)s.yamamoto

    また今回は、指揮者の様子を真正面からご覧いただけるように
    『マエストロ・ビュー・シート』をご用意いたしました
    パイプオルガンの前に設けられているお席です22505
    いつもとは違う、オーケストラと同じ目線から見るステージ・・・
    まるで一緒に演奏しているような一体感が味わえますよ117764
    ※関西フィルWebチケットでは、システムの関係上「MVシート」と表記しております。

    クラシックコンサートが初めてのお子さまはもちろん、
    「生のオーケストラは久しく聴いてないワ」というお父さん、お母さんも
    この機会にぜひ、ご家族でザ・シンフォニーホールへ足をお運びください27303

     

    ≪関西フィル 第2回親子定期演奏会≫

    [日時] 2016年9月19日(月・祝) 14:00開演(13:00開場)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:藤岡幸夫
        クラリネット:梅本貴子(関西フィル首席クラリネット奏者)
    [曲目] 《第1部》
        ♪チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」より
                 “トレパック~ロシアのお菓子の踊り~”
        ♪マスネ:組曲「絵のような風景」より “ジプシーの踊り”
        ♪アーノルド:クラリネット協奏曲第2番より
        ♪サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」
        《第2部》
        ♪ヴィヴァルディ:「四季」より“秋” 第1楽章

        ♪ヨゼフ・シュトラウス:鍛冶屋のポルカ
        ♪エルガー:行進曲「威風堂々」     ほか
        ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。
         あらかじめご了承ください。
    [料金]  大人 A席¥4,000  B席¥3,000
           マエストロ・ビュー・シート¥4,000
         小人 一律¥1,500(4才から中学生まで)
        (全席指定・税込)
               ※4才以上のお子様からご入場いただけます。
         ※小さなお子様が静かにご鑑賞いただけない場合は、ロビーでのモニター鑑賞を
          お願いさせていただく場合がございます。

    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
          (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/                      
          ※発売日当日は11:00より
         ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
          (10:00~18:00 休業日 毎週火曜日)
         チケットぴあ[Pコード:296-255] 0570-02-9999
         イープラス http://eplus.jp/symphonyhall (PC、携帯共通) 


  • 2016.5.23(月)
    公演情報 関西フィルNews
    明日は、松方ホールでオール・シューマン・プロです!!

    みなさまこんにちは
    初夏のようなお天気が続いていますね~。
    明日までは良いお天気みたいですよ。

    今日まで3日間、みっちりシューマン漬けでした127293
    ピアノ協奏曲と交響曲第1番「春」という、シューマンの中でも
    とても親しまれているオーケストラ作品です。

    シューマンのピアノ協奏曲は、「好きなピアノ協奏曲ランキング」
    でも常に上位の方には入っていますよね
    シューマンの真髄と言ってもいいほどの霊感に溢れた協奏曲です
    今回ピアノを弾いてくださるのは、23歳のレミ・ジュニエさん。
    IMG_5627-2
    ミケランジェロのダヴィデ像にそっくりです!!!
    IMG_5641-2

    ジュニエさん、シューマンの協奏曲をとても深遠に限りなく繊細に
    演奏されています123501
    弱音はほんとに消え入りそうなほどの素晴らしいコントロール109235

    とても印象的な1楽章冒頭、うっとりとろーんとした愛らしさが溢れる
    2楽章、3楽章はシューマンにしかできないのではなかろうか、と思える
    ハーモニーや色彩の変化がありますよね。
    シューマンらしく憂いやフレッシュさが混在するこの協奏曲、
    いつ聴いてもいいものです

    そしてメインは交響曲第1番「春」5738
    きっと”シューマン”と聞かれると、なんだかあっちいったりこっち
    いったり、うねうねしてわかりにくい…、という方が
    いらっしゃるかもしれません。

    でも、この交響曲第1番はすっきりと喜びに満ち溢れ、初めて
    聴いてもすっと心に寄り添ってくれる親しみやすい曲想ですよ
    IMG_5670-2

    各楽章には、その昔、表題が付けられていたそうです。
    第1楽章 春の始まり
    第2楽章 たそがれ
    第3楽章 楽しい遊び
    第4楽章 たけなわの春
    と、これだけでもなんだか親しみがわきますね。

    ゆるりと春が頭をもたげるような第1楽章開始のファンファーレの後は、
    もう春満開です
    そしてデュメイ監督はさらに軽快に溌剌とした流れを重要視しながら
    練習を進めました。

    第2楽章はまさに「春眠暁を覚えず」というような雰囲気です116114

    第3楽章はスケルツォらしく力強く始まりますが、やはりシューマン、
    すぐに木管の歌が聴こえてきます110838

    各楽器が喜びの歌を奏でる第4楽章は、きっと松方ホールいっぱいに
    今日の空のような明るさが広がるでしょう

    そして練習風景の写真が撮れなかったヴァイオリン・ソナタ第1番も
    お忘れなく!!
    大阪近辺のお客様はホールまで少し距離がありますが、どうぞどうぞ
    遅刻されませんよう、お願い申し上げます。
    デュメイのソロは1曲目です

    春のデュメイシーズン、印象的なプログラムで幕を閉じます

    18:00からホール入り口にて当日券を発売開始致します。
    松方ホールの豊潤でありながらクリアな響きをどうぞ
    お楽しみください

    ↓↓↓
    公演詳細

     


  • 2016.5.17(火)
    公演情報 関西フィルNews
    デュメイ監督の定期演奏会、間もなくです!!

    みなさまこんにちは
    雨がやっと上がりましたね

    今週19日(木)の定期演奏会までこのお天気が続きそうです。
    ぜひドイツ・オーストリアの美しい音楽の夕べにお越しください110838

    前半ではヴィオラのソリスト、ミゲル・ダ・シルヴァさんをお迎えし、
    デュメイ監督のソロも一緒にお楽しみいただきます。

    シルヴァさんは、ポール・メイエさん、パスカル・ロジェさん、
    エマニュエル・パユさんなど、そうそうたるアーティストの皆さんと一緒に
    演奏活動をされています
    IMG_5538-2

    音程にまったくブレが無く、少しヴァイオリンに近い華やかでくっきりした
    音色を紡がれます。
    なので、デュメイ監督と一緒にメロディーを奏でる時のこの上ない
    美しさは天にも昇る気持ちに

    IMG_5524-2

    上の写真、モーツァルトの二重協奏曲で、ソロの部分が始まるまで、
    ご機嫌でオーケストラのヴィオラパートを弾いておられたシルヴァさん109598
    オーケストラのメンバーにも色々シグナルを送ってらっしゃいました。

    前半の最後は、シルヴァさんのヴィオラが歌うブルッフの”ロマンス”を
    思う存分ご堪能いただきます。
    ブルッフは、ヴァイオリン協奏曲第1番やスコットランド幻想曲が
    お馴染みで、この「ヴィオラとオーケストラのためのロマンス」は
    あまり演奏されませんね。
    ですが、曲が始まってすぐに”この曲、いい曲~!”と思ってしまうほど、
    とても親しみやすいメロディーで、心をつかまれます~

    ヴィオラのソロ、って聞くとちょっと小難しい感じしませんか??
    いえいえ、演奏時間は10分、珠玉の小品と言って間違いありません

    後半は、ブラームスの交響曲の中でも渋く輝く第3番をお聴き
    いただきます。
    ドイツ的でありながらも、とても甘やかな気持ちにもなることができる
    交響曲です。
    IMG_5576-2

    特に第3楽章116114
    映画で使用されたことで有名ですが、この冒頭メロディーの他の追随を
    許さない突出したロマンチシズム…

    ブラームスのほかの交響曲と違い、4楽章の最後は静かに終わります。
    ぜひ、ザ・シンフォニーホールの素晴らしい残響をお楽しみください

    明日5月18日(水)の17時まで事前ご予約を受付しております。
    関西フィル:06-6577-1381

    公演詳細はこちら


  • 2016.5.10(火)
    公演情報 関西フィルNews
    デュメイシーズン、監督のヴァイオリンから開始です!!

    皆さまこんにちは

    デュメイ音楽監督、お元気に来日されています。
    2016年最初のデュメイシーズンの開始です~

    IMG_5504-2

    上は、明日の本番の前半、モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番の練習中109598
    左から、デュメイ監督、岩谷祐之、中島悦子、山本知資、日野俊介です。

    弦楽四重奏の編成にヴィオラを1本加えた五重奏。
    ヴィオラ2本は味が出ますよね~

    ヴァイオリニスト・デュメイがリードする室内楽、さすがですね。
    彼の推進力溢れる音楽につられて、楽団員がいつも以上に
    生き生きと精彩を放つ動きになっていきます

    終わった後、
    「やっぱデュメイさんは天才だわ…」
    「いつもの監督らしくすごく刺激的だけど、どんなことをしても
    エレガント!!」などと、ため息交じりに語っていました。

    モーツァルトの室内楽の中でも深い憂いに満ちたこの五重奏曲、
    フェニックスホールの響きの中で、皆さまの心に寄り添う
    ひとときをお贈りできればと思います。

    後半は弦楽器22名でお聴きいただくチャイコフスキーの
    弦楽セレナーデ
    色々ありまして、デュメイ監督と関西フィルで演奏するのは
    今回が初めてとなります。

    1楽章冒頭はテレビやCMでも超有名ですし、第2楽章ワルツは単独で
    大変よく演奏しています。
    IMG_5522-2

    演奏し慣れている曲ですが、私達の”慣れ”はいつものようにデュメイ監督
    によって覆されるのです27968

    何の疑いもなく楽譜通りアクセントを付けている所を、
    「これは重すぎるよね」とアクセントを外したり、
    思いもつかないようなフレーズの作り方などで、
    いつも聴いている”弦セレ”とは色彩が違ってきた部分が
    たくさん

    ぜひお楽しみいただければと思います110838

    明日は18:30からホールの1階ロビーにて当日券を
    発売開始致します。

    フェニックスホールでお待ちしております