Page Top

2015年 10月

  • 2015.10.16(金)
    関西フィルNews
    10月マグノリアはのどかにいきましょう

    みなさま、こんにちは
    空気がからっとしていて秋ですね

    明日に迫っておりますが、
    「マグノリア・サロンコンサート」のお知らせです

    毎月1回の室内楽コンサートシリーズ、「マグノリア・サロンコンサート」
    10月は、明日2015年10月17日(土)にございます
    明日です、明日

    今回の出演者は、
    関西フィルが誇る天然トランペッター、堀川正浩です

    堀川正浩写真1

    共演者は昨年に引き続いて、湊仁美さんと田村幸造さん。
    (湊さんは堀川夫人であらせられます
    なかよしトリオで3度目のマグノリア出演です

    マグノリアコンサートの曲目選びは基本的には出演者にお任せで、
    奏者自身が、いろんな想いを込めてプログラムを組むわけなのですが、
    今回のプログラムはと言いますと。。。

    城ケ島の雨 この道 雪の降る街を さくら・・・と
    日本のなつかしいメロディーが並びます

    堀川に「なんでこの曲を?」と聞いてみたところ、
    こんな答えと写真3枚が返ってきました

    『私、ホリカワの独断と偏見でえらびました。
    やはり、日本の曲は穏やかでしずかな風景とかを表して、
    のんびりとして、美しい、と、私は思います。
    のんびりとといいますと、うちには犬と鶏が共同生活してます。
    あと、田村さんちには、すだちが実りました。』

    KIMG0165

    堀川家のにわとり氏。
    ひよこから飼ってるそうです。

    KIMG0164

    わんこ様と共同生活を送っておられます。

    KIMG0166

    共演者でピアニストの田村さん家で実ったすだち。

    のどかです
    (ふだんの堀川もこんな感じですよ

    オーケストラで演奏するクラシックの名曲もすばらしいですけど、
    堀川の言うとおり、民謡や童謡などもまた美しく、
    やっぱり同じ音楽で、それぞれの良さがありますよね

    日本のメロディーだけではなく、
    そのほかにも工夫をこらしたプログラムを用意しています。
    今回はあえて「編曲もの」ばかりでプログラムを組み、
    楽器はトランペットのほか、フリューゲルホルンやツィンクも
    登場するとのこと

    こんな風に、マグノリアコンサートは、
    奏者自身が想いを込めて1曲ずつ選び、
    みなさまに演奏をご披露できる機会となっています。

    機会を提供してくださっている、阪急電鉄様、マグノリアホールの皆様には
    改めて感謝を申し上げます。

    さて、予告ですが
    11月、12月は、皆様お待ちかねのルーキーが登場いたします
    11月25日(水)にヴィオラの田代直子、
    そして12月6日(日)にティンパニの中山直音が出演させていただきます
    ブログでもまたお知らせさせていただきますので
    どうぞご期待ください

    10月のマグノリアコンサートは、のんびりほっこりと
    秋の土曜日のお出かけに、ご来場をお待ちしております

    【マグノリア・サロンコンサート】
    [日時] 2015年10月17日(土)13:15開演(14:00開場)
    [場所] 逸翁美術館 マグノリアホール
      (阪急宝塚線「池田」駅下車、北東へ600m)

    [出演]
     堀川 正浩(関西フィル・トランペット トップ奏者)
     湊 仁美(トランペット)
     田村 幸造(ピアノ)
    [プログラム]
    アルビノーニ:協奏曲ハ長調
    大島ミチル:風笛
    プロコフィエフ:ロメオとジュリエットより
    城ケ島の雨・この道
    雪の降る街を・さくら
    ほか

    [入場料]
     全席自由¥1,000
     (※120名様限定です!)
    [お問合わせ]
     逸翁美術館:072-751-3865


  • 2015.10.14(水)
    関西フィルNews
    “名曲アワー”明日に迫りました!!

    みなさまこんにちは

    オリックス劇場での「名曲アワー」、いよいよ明日に迫りました。
    最終練習を行っています


    IMG_4345

    コンサートタイトルの通り、後半は超名曲のチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」です。
    もう、この曲に対してあらためてご説明するまでも無いですね~。
    (あえてお願いしたいことは、3楽章の後の拍手はご遠慮いただければ嬉しい、
    ということでしょうか・・・

    指揮の大友直人さん、後半のチャイコフスキー「悲愴」には色々
    思い出があるそうですよ

    1986年(大友さん28歳!)に大阪フィルハーモニー交響楽団さんと
    ヨーロッパ公演に行かれた時に「悲愴」を指揮されたことがとても印象深いそうです。
    この演奏旅行が、プロオケとの初めての海外公演だったとのこと。
    「とても緊張しましたが、良い思い出です」とおっしゃっていました


    IMG_4310

    また、大友さんがNHK交響楽団の指揮研修生だった時に、最晩年の
    イーゴリ・マルケヴィッチさんがいらっしゃって、この曲を指揮されたそうです。
    マルケヴィッチさんの練習をずっと見学され、本当に素晴らしい練習だったそうです

    この時に学ばれたことは、今も悲愴を指揮する時に実践されているとのこと
    巨匠指揮者の言葉は、相当深く重い意味を持っていたのでしょうね~。


    IMG_4243

    マルケヴィッチさんの練習では、第4楽章のチェロの指使いについて、
    「私がベルリン・フィルを指揮した時にチェロの首席奏者から教えてもらったんだ」と、
    その指使いをN響の団員さんに教えてらしたとのこと。

    「大巨匠なのに、このように謙虚に物の伝え方をされるんだと思いました・・・」
    などと、大友さんはとても懐かしそうにマルケヴィッチさんの練習に
    想いを馳せていらっしゃいました

    大友直人さんのさまざまな思い出が積み重なっている”悲愴”、
    どうぞお楽しみに

    9月13日のブログに悲愴4楽章のメロディーの秘密を載せています。
     ↓ ↓ ↓ 
    関西フィルブログ・・・4楽章のメロディーの秘密
    よければご覧くださいませ

    今日も、もちろんプログラム全曲の練習をしたのですが、
    「大樹の樹」の練習の際には、作曲者の真島俊夫さんがいらしてくださいました

    3ショット

    左から、名倉誠人さん、真島俊夫さん、大友直人さん

    大変光栄です
    とても充実した練習になりました

    前半と後半で対照的な明日のプログラム、ぜひお楽しみください

    明日は18時から当日券の発売を開始いたします。


  • 2015.10.13(火)
    関西フィルNews
    なんとも心躍る名倉さんのマリンバです!!

    みなさまこんにちは
    今日も気持ちの良い秋の一日でしたね~

    今日、明日と15日(木)に開催する「名曲アワー」公演の練習を行っています。

    2012年にリニューアルされ、素晴らしい反響板が備わった大阪の
    中心地に位置するホールです
    下記写真は、今年5月ヨーロッパ公演直前の演奏会の様子。

    IMG_0874

    15日の公演の大きな目玉は真島俊夫さんの”大樹の樹”。
    もともとはマリンバと吹奏楽のために作られた曲ですが、オーケストラ伴奏版に作り直されました。
    15日はオーケストラ版の日本初演となります
    指揮は大友直人さん。2012年の第九公演以来の共演となります。

    IMG_4223

    真島俊夫さんは、「三つのジャポニスム」などの楽曲でよく知られて
    いる作曲家でいらっしゃいます。
    特に吹奏楽のジャンルでは大活躍なさっていますね

    日本とブラジルの友好100周年を記念して、名倉誠人さんのために作曲
    されました。
    1908年に初めてブラジルに渡った日本人の希望や苦労、友情などが
    描かれた3つの楽章で構成されています。
    有無を言わさず前向きでポジティブな気持ちになれる素敵な作品です!!


    IMG_4203

    日本からの移民が、希望を抱いてブラジルに渡る様子を描いた第1楽章”航海”、何度も出てくるマリンバのリズミカルなメロディーが印象的で心に残ります。

    ”郷愁”と名付けられた第2楽章、マリンバのトレモロがこんなに心に
    響くものだとは、初めて知りました
    真島さんが「渾身のメロディー」とおっしゃっている旋律を、名倉さんが
    信じられないくらいのエモーショナルな表情で、まるで歌を歌うかのごとく
    紡ぎ出されていかれます。

    そして、両国民の信頼と友情が結晶化する第3楽章の”結実の祭り”、
    充実のリズムに満たされたフィナーレです。
    サンバのリズムも出てくるのですが、これがもう理屈無しに楽しい

    今回は、日本の老舗マリンバメーカー、「サイトウ」のマリンバを使用されます。
    幅2メートル60センチ強の巨大なマリンバ

    IMG_4220

    今日の練習は、斉藤楽器製作所代表の斉藤さんもお越しいただいて行いました。
    マリンバのメーカーはたくさんありますが、「サイトウ」の特徴としては、機械を多用しない
    ハンドメイド製造とのこと。
    特に写真のコンサートマリンバでは、低音の共鳴管(鍵盤の下の管)が
    くるっと曲がって上を向いているのが特徴
    これによってとても豊かな低音域の音が実現できるそうです

    さらに!上の写真をよく見ると~、名倉さん、左手の左側の
    マレット(バチ)だけ違う色ですね。
    マレットの材質や硬さによって音色が変化するので、「サイトウ」マリンバの
    豊かな低音域をさらに効果的に響かせるようになさっているのかも

    この曲では、名倉さんは何度もマレットを持ち替えされます。
    その時にはぜひ響きの変化にご注目くださいませ

    そして後半の大きなメインは大友直人さんのチャイコフスキーの”悲愴”
    これはまた明日ご紹介いたします

    明日の17時まで事前ご予約を受け付けています

    【関西フィル名曲アワー】

    [日時]2015年10月15日(木)19:00開演 (18:00開場)
    [場所]オリックス劇場(旧 大阪厚生年金会館)
    ※地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅あるいは「本町」駅下車
    [出演]
    指揮:大友 直人
    独奏:名倉 誠人(マリンバ)

    [プログラム]
    ◆冨田 勲:新日本紀行のテーマ
    ◆真島 俊夫:大樹の歌~マリンバとオーケストラのための協奏曲~
    ◆チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」

    ※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。

    入場料:
    S席¥5,000/A席¥4,000/B席¥3,000/学生席(25歳以下)¥1,000(全席指定・税込)
    ※学生席は関西フィル・チケット受付でのみご予約承ります。

    関西フィルハーモニー管弦楽団
    06-6577-1381

     


  • 2015.10.2(金)
    公演情報
    2016年も”4大オーケストラの響演”の開催が決定!!

    みなさまこんばんは

    今年の4月22日、大反響を呼んだコンサート”4大オーケストラの響演”、
    2016年4月にも開催することになりました!!

    次回、関西フィルは一昨日に75歳を迎えられ、音楽もお人柄もますます滋味
    溢れんばかりの飯守泰次郎氏(関西フィル桂冠名誉指揮者)で出演します

    もちろん曲目はワーグナー
    (昨日、新国立劇場新シーズン「ラインの黄金」初日を終えられたばかりですね)

    「トリスタンとイゾルデ」から、”前奏曲と愛の死”を演奏します。

    前に、飯守さんとこの曲を演奏したのは2009年3月の定期演奏会。
    下記はその公演の演奏前(か演奏後)の写真です

    20151002203222932_0001

    演奏中じゃなくてごめんなさい画像が荒くてごめんなさい
    懐かしい仲間が何人かいますね。

    2016年は7月定期演奏会で「トリスタンとイゾルデ」第3幕を
    演奏しますよこちらもお忘れなく~

    今年の「4大オーケストラの響演」では、発売後すぐに1階や2階の良いお席は
    すぐに売れてしまい、もちろん完売になりました。
    買っていただけなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    良い席はぜひ発売日にお申し込みくださいませ~


    【2016年♪4大オーケストラの響演♪】

    日時:2016年4月24日(日) 開演17:00(開場16:00) 
       16:40から4人の指揮者によるプレトーク開催!
    会場:フェスティバルホール

    【プログラム】
    外山雄三/大阪交響楽団・・・ストラヴィンスキー:「かるた遊び」
    井上道義/大阪フィルハーモニー交響楽団・・・ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
    飯守泰次郎/関西フィルハーモニー管弦楽団
             ・・・ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より”前奏曲と愛の死”
    飯森範親/日本センチュリー交響楽団・・・ベートーヴェン:交響曲5番「運命」
    (演奏順)

    【チケット情報】
    チケット料金:S席8,000円 / A席6,000円 / BOX席11,000円
    各オーケストラ会員優先発売日:12月1日(火)
    チケット一般発売日:12月13日(日) 
    *関西フィル事務局では14日(月)10:00から一般発売開始

    関西フィルハーモニー管弦楽団
    06-6577-1381