Page Top

  • 2017.3.30(木)
    公演情報 関西フィルNews
    明日のプレミアムフライデーはザ・シンフォニーホールへどうぞ♪♪

    みなさまこんにちは

    練習最終日、熱い練習が先ほど終了しました。

    休憩時間に少し飯守さんにお話を伺いました。
    IMG_8067-2

    まずは、ブルックナーの交響曲でよく聴くご意見。
    曲が長い!ということ。
    特にこの7番の第2楽章、アダージョは25分近くもあります。
    モーツァルトの短めの交響曲1曲分…。
    この長さは必要なのでしょうか…??

    ― 2楽章、素晴らしいですね。ブルックナーの世界の一番深い所です。
     この第7番からワーグナーテューバが取り入れられますが、
     この特別な楽器、ワーグナーテューバで”軽く短い表現”をすると
     いうのは無理なのだと思いますよ。

    なるほど~
    他にも練習場に向かいながらこんなお話を。

    ― 4楽章のテーマは本当に素晴らしいんですよね。ただ、そのテーマを
     有機的にまとめ上げるのにブルックナーはとても苦労しているんです。
     ブルックナーの他の交響曲でもそうなんです。
     2楽章もね、私はこの7番の2楽章はとても好きなんですが、中間部分が
       少し弱いかな。。。 
     でもね、とにかくブルックナーは純音楽を作った最後の作曲家ですよ…
     1楽章の冒頭のチェロのメロディーの、この上ない美しさといったら…

    ブルックナーの音楽に対して、想いが溢れてとまらない様子で語られますpic_126714

    今回の譜面はノヴァーク版を使用しており、第2楽章にシンバルと
    トライアングルが入ります。
    どちらの楽器も演奏は1箇所のみ、シンバルは1回だけです。
    奏者は渾身の力を込めて演奏しますので、どうぞご注目ください

    コンサート前半は、若林顕さんをお迎えして、モーツァルトのピアノ協奏曲
    第25番をお聴きいただきます。
    IMG_8097-2

    飯守さんの強いご希望で出演を依頼させていただいた若林さん、
    最近ではテレビでもご活躍されていますね

    第25番のピアノ協奏曲、頻繁に演奏される曲ではありませんが、
    モーツァルト後期のピアノ協奏曲らしく、がっちりと落ち着いた
    中身の深い協奏曲です。

    若林さん、とても密度の高い音でピアノの深い部分を響かせて
    らっしゃいます。
    浮き足立たず、モーツァルトの真実の音楽を紡いでくださいました。

    今回、ティンパニは2種類の楽器を使用します。
    モーツァルトとブルックナーで使い分けますpic_306927
    IMG_8106-2

    奥に見えているオレンジ色の4つの楽器をブルックナーで、
    手前で演奏している楽器をモーツァルトで使用します。
    少し古典的な響きがするドレスデン・ティンパニを
    モーツァルトで使用しますよ。
    ティンパニの違いもどうぞお楽しみください

    明日は17時45分から当日券を発売致します。
    ザ・シンフォニーホールで皆さまをお待ちしておりますpicバラ

     

     


  • 2017.3.28(火)
    公演情報 関西フィルNews
    ブルックナー7番の練習始まりました!!

    みなさまこんにちは

    今月末の定期演奏会、ブルックナー交響曲第7番の
    練習が始まりました
    IMG_8026-2

    桂冠名誉指揮者の飯守泰次郎さん、お久しぶりですがお元気そうです。
    今日は、ひとつの楽章に1時間ずつかけ、ブルックナーだけを
    じっくり練習しました。

    第1番から演奏し続けてきたブルックナーツィクルス、
    とうとう最後の3曲にたどりつきました。

    そして今回の7番から、”ワーグナーテューバ”が登場します

    IMG_8018-2

    ホルンの後ろに座っている、奏者の顔が見えなくなっている楽器が
    ワーグナーテューバです。
    ワーグナーが、「ニーベルングの指輪」のために取り入れた楽器。
    小さなテューバ?ユーフォニアム?のような見た目ですが、
    ホルン奏者が演奏しますpic_119028
    ホルンに似たような音色ではなく、どちらかというとテューバを
    少し軽やかに少し明るくした感じでしょうか。
    ワーグナーテューバとテューバが5本で一緒に奏でている時など、
    それはそれはもう深遠な世界が広がります。

    ただ、構造上とても音程が不安定な楽器なのです。。。
    慣れない楽器である上に、音程を取るのが難しい、とあって
    奏者達はピリピリしています

    飯守さんはいつものように何ごとに関しても一切妥協されず、
    手の内に入ったブルックナーを極めていかれます。
    IMG_8068-2

    また、空き時間にお話を伺ってきます

    今回、飯守さんが
    「ブルックナー7番の前には、若林さんくらい”格”のあるピアニスト
    でないとバランスが取れない!」
    とおっしゃって出演をお願いした若林顕さんのモーツァルトも
    楽しみですね。

    C席は完売しておりますが、S・A・B席はもう少し残券がございます。
    今月のプレミアム・フライデー、ぜひシンフォニーホールに
    いらっしゃってください

    公演詳細

     


  • 2016.12.20(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~第282回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_105498

    先日の「第九」特別演奏会にお越しいただきました皆様
    おかげ様をもちまして、超満員でしたpic_133950
    ご来場ありがとうございましたpic_wa-i

    本日は、2017年4月29日(土・祝)開催
    第282回定期演奏会」のチケット発売のお知らせです。
    明日12月21日(水)10:00より発売開始いたしますpic_99360
    ※お電話でのご予約は21日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は21日11:00からです。

    新国立劇場オペラ監督として、円熟を極めた飯守さんのタクトpic_22505

    IMG_3363

    ソリストには
    澤畑恵美さん(ソプラノ)、池田香織さん(メゾ・ソプラノ)
    畑儀文さん(テノール)、片桐直樹さん(バス・バリトン)
    をお迎えしますpic_5738

    (4月)sawa澤畑恵美  (4月)池田香織
    澤畑恵美さん         池田香織さん

    畑儀文写真(新)(C)篠原栄治 0319入手 片桐直樹(新)
    畑儀文さん             片桐直樹さん

    合唱曲の最高峰をお楽しみくださいpic_27968

    ご予約お待ちしておりますpic_136444


    ≪第282回定期演奏会≫

    [日時] 2017年4月29日(土・祝)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:飯守泰次郎
        ソプラノ:澤畑恵美
        メゾ・ソプラノ:池田香織
        テノール:畑儀文
        バス・バリトン:片桐直樹
        合唱:関西フィルハーモニー合唱団
    [曲目] ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123
    [料金] S席 \6,000 A席 \4,500 B席 \3,000 C席 \2,000
        学生席(25歳以下) \1,000
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
            (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/   
            ※発売日当日は11:00より

         ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
            (10:00~18:00 火曜定休)
         チケットぴあ[Pコード:312-975] 0570-02-9999


  • 2016.11.29(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~第281回定期演奏会♪

    みなさま、こんにちはpic_105498

    先日のいずみホールシリーズVol.41にご来場いただきました皆様
    ありがとうございましたpic_27303
    今年最後のデュメイウィークはお楽しみいただけましたでしょうか?

    本日は、2017年3月31日(金)開催
    第281回定期演奏会」のチケット発売のお知らせです。
    明日11月30日(水)10:00より発売開始いたしますpic_99360
    ※お電話でのご予約は30日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は30日11:00からです。

    指揮は関西フィル・桂冠名誉指揮者の飯守泰次郎さんです。
    飯守泰次郎(c)武藤章
    (C)武藤章

    この日は飯守さんとのブルックナー・ツィクルス第7回目。
    交響曲第7番をお贈りします。

    前半はモーツァルトのピアノ協奏曲第25番をお贈りしますpic_2965
    飯守さんの強いご希望で若林顕さんをお迎えします!
    (3月)Akira Wakabayashi2 photo Wataru Nishida
    (C)Wataru Nishida
    どうぞお楽しみにpic_7434

    25歳以下の学生のお客様には学生席(\1,000)もございます。
    皆様のご予約、お待ちしておりますpic_136444

     

    《第281回定期演奏会》

    [日時] 2017年3月31日(金) 19:00開演(18:00開場)
    [会場] ザ・シンフォニーホール
    [出演] 指揮:飯守泰次郎
        ピアノ:若林顕
    [曲目] モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K.503
        ~飯守のブルックナー・ツィクルス第7回~
        ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調
    [料金] S席 \6,000 A席 \4,500 B席 \3,000
        C席 \2,000 学生席(25歳以下)\1,000
        ※学生券をお求めの方は、関西フィル事務局までお電話でお申込みください。
        当日学生証のご提示が必要です。
        ※乳幼児、未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮ください。
    [ご予約] 関西フィルハーモニー管弦楽団 06-6577-1381
         (平日10:00~17:00 土10:00~16:00 日・祝休み)
          関西フィルWEBチケット http://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
          ※発売日当日は11:00より
          ザ・シンフォニーチケットセンター 06-6453-2333
         (10:00~18:00 休業日 毎週火曜日)
          チケットぴあ[Pコード:312-974] 0570-02-9999


  • 2016.7.14(木)
    公演情報 関西フィルNews
    「トリスタンとイゾルデ」、いよいよ明日本番です!

    皆さまこんにちは105498

    昨日13日から、歌手の皆さんとの合わせが始まり、本日、
    練習最終日です。
    下記の写真、初歌合わせ1コマ目から全曲通しまして、
    その後の放心状態の練習場
    IMG_5868-2

    第3幕は約80分、休憩無しで演奏致します。
    独唱の皆さまは8名いらっしゃいますが、その中でもダントツ歌いっぱなし
    なのはトリスタン役の二塚直紀さんIMG_5852-2

    3名の歌手の皆さん、右手前から牧童役の谷浩一郎さん(青いシャツ)、
    トリスタン役の二塚直紀さん(白いTシャツ)、クルヴェナール役の
    萩原寛明さん。
    飯守さんのすぐ後ろに座ってらっしゃるのは、ピアノ稽古のピアニスト
    から、オーケストラ合わせの飯守さんのアシスタントまでこなして
    くださっている小梶由美子さんです。

    二塚直紀さん、2011年5月の定期演奏会、「ジークフリート」第1幕の
    ミーメ役でご出演いただいた時は暗譜で歌われ、新聞や音楽雑誌評でも
    二塚さんの素晴らしいミーメがとても話題になりました。
    今回はタイトルロールの大役をお願いしました!!
    心理的・体力的にもかなりシビアなトリスタン役、ずいぶん前から
    集中して練習されており、きっと練り上げられたトリスタンを
    聴かせてくれること間違い無し

    ”トリスタン”は役名だけではなく、オーケストラの中でも大きな役割が
    あるのです。

    飯守さんが頻繁に
    「みなさん、ここは”病めるトリスタン”です、
     今のはなんだかマイスタージンガーみたいです!!」
    「みなさん、トリスタン和音です!!」と注意喚起してらっしゃいました。
    IMG_5820-2

    この「トリスタンとイゾルデ」には”トリスタン和音”という特別な和音が
    使用されています。
    具体的には、
    ファ・シ・レ♯・ソ♯(ファ・ソ♯・シ・レ♯)
    という4つの音の和音です。
    ご自宅にピアノをお持ちの方は、ぜひ弾いて響きを確かめてください2965

    安定していない、とても不安な気持ちになる響きです。

    飯守さんがとても奥深く難しい説明をしてくださいました。。。
    「トリスタン和音は変化していきたいエネルギーを秘めている
    和音です。でもその動きは解決することはなく、
    (ド・ミ・ソ、のように終わった!という和音になることを「和音が解決する」とよく言います。)
    半音を多様しながら調性は曖昧になり、不安定な状況になるのです。
    ワーグナーは、愛の問題、人の心の問題を描くのにこの作曲法が
    一番良いと思ったのでしょう。
    このトリスタン和音自体が、愛の問題そのもののようにも思います」

    なるほど…

    「このトリスタン和音は、基本的には3幕一番最後にしか解決しません。
    各場の終わりなどに一応解決することはありますが、根本的に精神的には
    オペラの最後にしか解決しないのです。
    このオペラは主役の2人、トリスタンとイゾルデが亡くなって終わります。
    本当の愛は生きている間には得られない、死をもって愛の問題が解決する、
    ということなのです」

    死なないと本当の愛が得られない、とはなんだか救いようの無い感じも
    しますが、トリスタン和音、重要ですね~。
    IMG_5865-2

    勢ぞろいの歌手のみなさん、右手前から谷さん、メーロト役の松原友さん、
    オペラ最後で重要な”愛の死”を歌ってくださるイゾルデ役の畑田弘美さん、
    二塚さん、出番が終わり一休み中の萩原さん、マルケ王役の片桐直樹さん、
    ブランゲーネ役の福原寿美枝さん、舵取り役の黒田まさきさんです。

    12日の記事で少しご説明しましたが、第1場で登場するバンダ
    (オルガン前)のイングリッシュホルン(コーラングレ)は、
    今回、読売日本交響楽団から北村貴子さんに来ていただいています。
    IMG_5850-2

    イゾルデに寄せるトリスタンの想いに共鳴するようなイングリッシュホルン
    のメロディー、オケ伴奏無しの完全なソロです。
    それも結構な長さキリン_m
    芳醇な音色でとても幅広い表現をしてくださっています。
    どうぞお楽しみに

    明日は、17:45から当日券を発売いたします。
    19:00の開演に遅れられますと、ホール内にご入場できなく
    なってしまいますので、お気をつけください。
    18:40からの飯守さんのプレトークを目標にお越しくださいませ