Page Top

関西フィル後援会(法人会員)のご案内Supporters

関西フィルハーモニー管弦楽団後援会は、楽団の自主的な運営を応援する趣旨で、昭和55年4月に、当時サントリー社長・佐治敬三氏や安井設計事務所社長・佐野正一氏をはじめ財界人が中心となり、毎日放送会長坂田勝郎氏を理事に「ヴィエールフィルハーモニック後援会」として発足しました。
昭和57年1月、楽団の名称が「関西フィルハーモニー管弦楽団」と改められたのを契機に後援会の名称も改め、楽団の財政支援を第一の目標とし、また聴衆拡大の一助となるべく、さらなる会員の拡大を目指して今日まで積極的な活動を続けております。
現在は、後援会理事長に株式会社毎日放送相談役最高顧問・山本雅弘氏が就任、後援会事務局をサントリーホールディングス株式会社に置き、関西財界を中心に180余の会員の皆様にご賛同いただいております。関西フィルの経済的基盤を支え、オーケストラの運営がより安定したものとなり、その活動が我が国の文化芸術の発展に寄与するよう、法人企業の皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

特典
  • ●定期演奏会の招待状をお送りいたします(ザ・シンフォニーホール 年10公演)
    (このほか、定期演奏会以外のコンサートの招待状を不定期にお送りさせていただく場合がございます)
  • ●主催演奏会のプログラム冊子に貴社名を掲載いたします
  • ●後援会会報誌をお届けいたします(年3回)

お問い合わせ、お申し込み