Page Top

2017年 4月

  • 2017.4.28(金)
    公演情報 関西フィルNews
    明日は定期演奏会です♪♪♪

    皆さまこんにちは
    今日は本当に気持ちの良いお天気でしたね

    関西フィルは毎年、4月29日(祝)は必ず主催演奏会を
    開催していますpic.ト音記号_m
    この関西フィルの風習(?)は1996年に始まりました。
    今は「定期演奏会」として開催していますが、
    「みどりの日コンサート」と呼んでいた頃もあります
    ”4月29日の祝日は関西フィルのコンサート♪”と思ってくださっている
    お客様もいらっしゃるみたいで、ありがたく思っております。

    さて、明日の4月29日は、ベートーヴェンの晩年の大作、
    「ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ)」
    を演奏致します。
    IMG_8166-2

    オーケストラの規模、ソリスト4人、合唱団、ぱっと見は「第九」の
    練習をしているみたいですね。

    ベートーヴェンが作曲した独唱・合唱付きのオーケストラ作品は、
    37歳頃に作曲した「ミサ曲ハ長調」、50歳代前半に作曲した
    交響曲第9番「合唱付き」と、この「ミサ・ソレムニス」の3曲です。

    この中でも最も深遠な「ミサ・ソレムニス」、
    飯守さんは
    「この曲は「第九」よりも”内面的”な部分がたくさんあります。
    特に”サンクトゥス”とかね。乱暴にならずに常にハモってください!」
    と厳しくおっしゃっていました。
    IMG_8155-2

    「この曲には”ベートーヴェンらしい力強い部分”、”繊細な部分”、
    ”機械的ではなく感覚的に演奏してほしい部分”があって、これを
    ぜひ描き分けたい!」
    ”構築美”が素晴らしいベートーヴェンですが、
    「機械的に演奏しがちになる所を、あえて音楽的に演奏して欲しい」
    というようなことを指示してらっしゃいました。
    IMG_8168-2

    とても高度なテクニックが要求される独唱は、
    右から、澤畑恵美さん、池田香織さん、畑儀文さん、片桐直樹さん
    に歌っていただきます
    テノールの畑儀文さんは関西フィルハーモニー合唱団の指導も
    お願いしています。

    そしてこの曲の大きな見所の一つ、「サンクトゥス」後半の
    「ベネディクティス」ではコンサートマスターの長大なソロが
    ありますpic_109598
    IMG_8201-2

    今回、このソロの部分は岩谷祐之が立奏します
    「ベネディクトゥス」の部分、最初から最後まで引き続ける
    ヴァイオリンソロにどうぞご注目ください。

    ここで飯守さんが興味深いことを。
    「サンクトゥスの最後の部分(ヴァイオリンソロの直前)、
      私にとっては”トリスタンとイゾルデ”です…」と。
    弦楽器と木管の響きが変化しながら広がっていきますpic_709ad2b50918c539a67b0fa9be8b32ba
    飯守さんにとっては”トリスタンとイゾルデ”に通じる部分があるそうです。
    岩谷が立ち上がってソロ演奏の準備を始めたら、”トリスタンとイゾルデ”
    の合図ですよ

    明日の演奏会は休憩がありません。
    遅れられた場合、ご自分のお席まで行っていただけいので、
    どうぞ14時までにお越しください。
    13時40分から飯守さんのプレトークがあります。

    12時45分から当日券の発売を開始致します。

    ザ・シンフォニーホールでお待ちしていますpic.びっくり

     


  • 2017.4.11(火)
    事務局からのお知らせ 公演情報 関西フィルNews
    チケット発売日のお知らせ~Meet the Classic Vol.35♪

    みなさま、こんにちはpic.きらり

    今週末の16日はなら100年会館にて奈良定期演奏会がございますpic_拍手ぱんだ
    大人もお子様も楽しんでいただけるプログラムとなっておりますので、
    是非奈良にお越しくださいませpic_onpu

    さて本日は、「Meet the Classic Vol.35」のチケット発売のお知らせです。
    明日412()1000より発売開始いたします。
    ※お電話でのご予約は12日10:00より、関西フィルWEBチケットでのご予約は11:00より開始です。
    ※関西フィル事務所窓口での直接のご購入は12日11:00からです。

    指揮の藤岡幸夫に加え、
    eyecatch20170416

    ピアニストの小川理子さんをお迎えしてお贈りいたしますpic_2965
    8月小川理子

    曲目はのだめカンタービレでおなじみの
    バッハのピアノ協奏曲第1番、
    そして、チャイコフスキーの交響曲第6番pic_105498
    林そよかさん作曲の曲は新作ですpic_hokkori

    みなさまのご予約、お待ちしておりますpic_27303

     

    ≪Meet the Classic Vol.35≫

    【日 時】2017810() 1900開演(1830開場)
    【会 場】いずみホール
    【出 演】指揮&お話:藤岡幸夫
         ピアノ:小川理子
    【曲 目】
     ♪アンダーソン:舞踏会の美女
     ♪林そよか:弦楽器と打楽器のための新作(※タイトル未定)
     ♪J.S.バッハ:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 BWV.1052
     ♪チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
    【料 金】一階席:¥4,000/二階席:¥3,000/学生(25歳以下):¥2,000(全席指定・税込)
    【ご予約】関西フィル事務局 06-6577-1381
                 
    (平日 10:0017:00、土 10:0016:00、日・祝休み)
         関西フィルWEBチケット https://yyk1.ka-ruku.com/kansaiphil-t/
         チケットぴあ[ Pコード:328-153 ] 0570-02-9999


  • 2017.4.6(木)
    公演情報
    いよいよ”4大オーケストラの響演”です!!

    みなさまこんにちは
    今週8日(土)は大阪の春の風物詩、”4大オーケストラの響演”ですね

    今日から、レスピーギ:「ローマの松」の練習を始めています
    IMG_8131-2
    上の写真、最後の絢爛豪華な場面の部分ですね~pic_22505
    IMG_8108-2

    関西フィルとしては演奏し慣れている曲ですが、8日の公演は特別
    藤岡さんも気合入りまくりで2日間の練習です

    皆さま、もうご存知でしょうが、本番は上記のオーケストラとは別に
    6名の金管楽器奏者のバンダが客席で演奏します。
    大阪交響楽団さん、大阪フィルハーモニーさん、日本センチュリーさん
    の金管楽器奏者さんが吹いてくださるのですpic_110651

    あまりに豪華なメンバーで、今すぐお名前発表したい!!
    という訳にもいきませんので、どうぞ当日お楽しみに。
    プログラムにもお名前を表記しております。

    8日(土)は開演前も豪華ですよ
    團 伊玖磨さん作曲の大阪国際フェスティバルのためのファンファーレを、
    4つのオーケストラからトランペット6名、トロンボーン6名で
    煌びやかに演奏します。
    各オケからホルン2名づつで構成したホルン8重奏もお楽しみに。
    15時30分から上記プレイベントが始まりますpicうえ

     

    今回の公演もとても売れ行きが良く、残席僅少だそうです。
    チケットのお問い合わせはフェスティバルホール(06-6231-2221)
    へお早めにpic_99360
     ↓ ↓
    公演詳細