Page Top

2015年 8月

  • 2015.8.25(火)
    事務局からのお知らせ
    東大阪市と「文化芸術のまち推進協定」を結びました!

    みなさまこんにちは

    本日、東大阪市と「文化芸術のまち推進協定」を締結致しました。

    IMG_3669

     

    締結式の様子
    右:東大阪市長 野田 義和 様
    左:関西フィル専務理事 浜橋 元

    東大阪市とは、2013年に初めての演奏会のご依頼をいただき、
    2014年、2015年と今までに3回演奏会をさせていただいています。
    東大阪市が大変ご理解のある予算を捻出してくださったおかげで、
    チケット料金が低くおさえられ、毎回満席のお客様にコンサートを
    楽しんでいただいています。

    歴史ある東大阪市立市民会館が2015年6月に閉館し、2019年に
    新市民会館が完成する予定です。
    これに向け、光栄にも東大阪市から
    「年に1回の演奏会だけでなく、もう少し深いお付き合いを」との
    お申し出を頂戴し、今回の協定締結となりました

    協定の中身は、今後、発展していく予定ですが、
    「東大阪市における文化芸術の振興及び心豊かな地域社会の形成」
    ということが主な目的です。

    ”地域密着”をコンセプトの1つとしている関西フィルですが、特定の都市との
    このような協定は今までありませんでした。
    今回の東大阪市が初めてです。

    クラシック愛好家の皆様だけでなく、未就学児、小・中・高、お年寄りの方など
    幅広い年齢層の方々に向けた公演開催、定期的な学校での楽器クリニックなど、
    1つの地域にじっくり腰を据えて音楽活動を展開できることは、
    オーケストラとして本当に幸せなことです。

    東大阪市の未来を担う青少年の育成、地域文化の醸造・活性化の一翼を
    担えるよう、そして新市民会館の魅力を東大阪市はもとより全国に発信する
    お手伝いをさせていただけるよう、力一杯努めてまいります。

    東大阪市ならではのプログラムを組んで関西一円のお客様に
    楽しんでいただきたいと思っております。
    東大阪市民の皆様、どうぞよろしくお願い致します!!

    新市民会館の建設場所は、近鉄奈良線「八戸ノ里駅」(鶴橋から11分!!)
    から200メートルの場所に予定されていて、大阪市内からもアクセスバッチリです。
    関西在住の皆様も、東大阪新市民会館を楽しみにお待ちください。

    東大阪市といえば、花園のラグビーが超有名ですね
    2019年のラグビーワールドカップも決まっています。(新市民会館完成と同じ年です!!)

    IMG_3653

    ↑締結式の様子ですが、スタッフの皆さんは行事がある時はこのようにラガーシャツを
    お召しになるとのこと!!楽しい雰囲気になりますよね~

    東大阪市と関西フィルががっちりタッグを組んだこの協定、
    ぜひ今後にご注目ください


  • 2015.8.22(土)
    関西フィルNews
    今週末は「城陽定期演奏会」と「親子定期演奏会」です!

    みなさまこんにちは
    お盆が過ぎてからぐんと涼しくなりましたね

    明日から、関西フィルの主催公演が2日間続きます
    「第5回城陽定期演奏会」と、ザ・シンフォニーホールさんと共催で
    開催する「関西フィル親子定期演奏会」

    練習の様子を少しご紹介

    8月23日(日)は5回目を迎える城陽定期演奏会です。

    IMG_3473

    シベリウスの交響曲、今月11日はいずみホールで第1番を演奏しましたが、23日は第2番を演奏します。

    第1楽章の冒頭の弦楽器がさざめき始めた瞬間、北欧の鮮烈で澄み切った風が
    迸り出るようですよね・・・

    IMG_3408

    2楽章冒頭のファゴットソロなど、たくさんの木管楽器のソロも見逃せません

    IMG_3476

    シベリウスの土着的力強さ、北欧ならではの色彩と心燃やす情熱・・・
    音響の素晴らしい文化パルク城陽でぜひお楽しみください

    そして、前半は25歳のピアノの貴公子、金子三勇士さんのラフマニノフの
    ピアノ協奏曲第2番です
    この曲、男の方が弾かれるともう本当にキュンキュンしますね

    IMG_3628

    印象的なピアノソロから始まる第1楽章、冒頭の和音から”男の美学”とも言える
    この協奏曲を完全に手の内に入れていらっしゃいます。

    IMG_3565

    フルコンサートグランドピアノを鳴らしきる金子さんのラフマニノフ、文化パルク城陽の
    響きをまとって残響の最後までご堪能ください

    そして8月24日(月)は関西フィル親子定期演奏会
    4歳以上のお子様とご家族を対象とした名曲揃いのファミリーコンサートです

    IMG_3367

    お、これは稀代の名曲、エルガー:威風堂々第1番の練習が始まった所ですね

    1901年に作曲されたこの曲、100年以上経った今でもダントツに親しまれ、
    メディアにも多く使われ、オーケストラがコンサートでも頻繁に演奏する
    選ばれし珠玉の1曲です。

    この曲以外にも、ムソルグスキー「禿山の一夜」、チャイコフスキーの
    弦楽セレナーデのワルツ、スメタナのモルダウなど、クラシック曲の
    センターを張っている曲ばかりを並べました

    そしてこの公演のもう1つの目玉は、チェロの北村陽くん
    現在小学5年生の若き俊英
    2013年の夏、北村くんが小学3年のときに初めて共演させて
    いただきました。

    その時の写真が藤岡さんのブログ(8月28日分)に載っています。
     ↓ ↓ ↓
    藤岡さんの2013年のブログ

    その時に比べてとても大人っぽくなられました!!

    IMG_3336

    今回はフォーレの「エレジー」とエルガーの「愛の挨拶」の2曲を弾いていただきます。

    今まではサン=サーンスのチェロ協奏曲第1番第1楽章や、
    ハイドンのチェロ協奏曲第1番第1楽章など、溌剌とした曲が多かったのですが、
    今回のエレジーは心の奥底の悲しみを表す曲。
    今までに聴いたことの無い深い音色で見事に表現されていました

    でも、時々見せてくれる”チェロ弾くの楽しい!!”という笑顔はそのままです

    IMG_3319


    ザ・シンフォニーホールで演奏するのは、今回が初めてとのこと
    音楽の殿堂、ザ・シンフォニーホールの舞台で、活き活きとびのびと、とびきりの笑顔で演奏してくださることでしょう

    【関西フィル城陽定期演奏会】
    日時:2015年8月23日(土)14時開演
    会場:文化パルク城陽
    詳しくはこちらへ→
    関西フィルHP8月23日(日)

    【関西フィル親子定期演奏会】
    日時:2015年8月24日(日)14時開演
    会場:ザ・シンフォニーホール
    詳しくはこちらへ→
    関西フィルHP8月24日(月)


  • 2015.8.17(月)
    事務局からのお知らせ
    お得な「学生席」をご存知ですか?〜学生の皆様へお知らせ〜

    関西フィルの主催公演に「学生席」という席種があることをご存知でしょうか?

    学生の皆様にもっと気軽に演奏会を楽しんでいただき、様々な音楽作品に触れていただきたい、そんな願いをこめて販売しているお席です。そこであらためて学生席についてお知らせ致しますので、今後も奮ってお申込下さい!

    <販売している公演>

    ■学生(25歳以下)の方が対象の公演
     ●定期演奏会(年9回)・「第九」特別演奏会(年1回)
     ※ザ・シンフォニーホール クワイア席
     ●Meet the Classic ※1階席のみ
     ●奈良定期演奏会 ※1階席のみ
     ●大阪市中央公会堂 特別演奏会
     ほか

    <学生の条件>
    ■学生席をお求めいただける方は、文部科学省が認定する学校に在籍され、通常公共交通機関での通学定期券並びに学割制度利用可能な学校で勉学なさっている方とします。

    <ご購入の条件>
    ■学生席は1つの公演につきご本人様が1枚のみお申込いただけます。
    ■ご予約はお電話のみでございます。ご予約の際にお名前・年齢・学校名・電話番号等をお伺いします。
    ■ご精算は公演当日に行ないますので、精算窓口に必ずご本人がお越し下さい。ご精算の際に学生証・生徒手帳・生徒証等のご提示をお願いします。

    なお、学校の先生がご引率されての団体鑑賞も受け付けております。関西フィル事務局へお気軽にお問い合わせ下さい!

     


  • 2015.8.17(月)
    関西フィルNews
    藤岡幸夫&関西フィルの音楽番組がBSジャパンで好評放送中!


    [今後のラインナップ]
    ◎第65回(12月29日)《名場面&名演奏スペシャル》
     ゲスト:斉藤一也(テレビ東京アナウンサー)
    【2016年】
    ◎第66回(1月5日)《ニューイヤー・スペシャル〜ヨハン・シュトラウス2世を大特集》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)

    藤岡幸夫&関西フィルの音楽番組が2014年10月よりBSジャパンで好評放送中!

    2014年10月7日(火)より好評放送中!(全国放送!)
    BSジャパン(7ch)にて、毎週火曜日23:00〜23:30
     ※2016年4月より、毎週月曜日23:00〜23:30となります。
    エンター・ザ・ミュージック 〜音楽はお好きですか?〜
    提供:阪急電鉄株式会社
       株式会社コーセー
       株式会社ワン・ダイニング
       高砂熱学工業株式会社

    指揮&司会:藤岡幸夫(関西フィル首席指揮者)
    アシスタント:繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
    オーケストラ:関西フィルハーモニー管弦楽団

    毎回お招きするゲストと藤岡幸夫が「音楽は世界を豊かにする!」のコンセプトを元に、音楽のジャンルを越えたトークや演奏に挑戦し、今までの常識を打ち破った「新しい世界」へ誘います。クラシック音楽の新たな魅力を発見し、ぐっと近くに感じることのできるライヴ・ミュージックショーです!

    番組発表記者会見の様子はこちら!
    (ぴあ関西版WEBより)

    [放送予定]
    【2014年】
    ◎第1回(10月7日)《熱演!ラプソディ・イン・ブルー》
     ゲスト:山下洋輔(ジャズ・ピアノ)
    ◎第2回(10月14日)《大人とサックス特集!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第3回(10月21日)《オペラの世界の「恋多き女性たち」》
     トークゲスト:安倍なつみ
    ◎第4回(10月28日)《コンサートマスターの熱い思い》
     ゲスト:岩谷祐之(ヴァイオリン/関西フィル・コンサートマスター)
    ◎第5回(11月4日)《オーケストラで映画音楽を楽しもう》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第6回(11月11日)《ピアニスト・横山幸雄×ショパンの魅力》
     ゲスト:横山幸雄(ピアノ)
    ◎第7回(11月18日)《小学生チェリストと弦楽器特集》
     ゲスト:北村陽(チェロ)
    ◎第8回(11月25日)《「プログレッシブ・ロック」の正体!?》
     ゲスト:荒井英治(ヴァイオリン/東京フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスター)
    ◎第9回(12月2日)《サクソフォン奏者・須川展也と吹奏楽部を訪問!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第10回(12月9日)《バレエ・ダンサー×チャイコフスキー三大バレエ》
     トークゲスト:神戸里奈(バレエ・ダンサー)
    ◎第11回(12月16日)《情熱のタンゴとバンドネオン》
     ゲスト:三浦一馬(バンドネオン)
    ◎第12回(12月23日)《クリスマス合唱スペシャル》
    ◎第13回(12月30日)《年末スペシャル》

    【2015年】
    ◎第14回(1月6日)《箏とオーケストラで迎える新年》
     ゲスト:遠藤千晶(箏)
    ◎第15回(1月13日)《錦織健×オペラの魅力》
     ゲスト:錦織健(テノール)
    ◎第16回(1月20日)《福田進一×クラシックギターの魅力》
     ゲスト:福田進一(クラシックギター)
    ◎第17回(1月27日)《「交響曲」とは》
    ◎第18回(2月3日)《映画音楽特集 第2弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第19回(2月10日)《イージーリスニングとエレクトーン》
     ゲスト:長谷川幹人(エレクトーン)
    ◎第20回(2月17日)《パイプオルガン特集》
     ゲスト:片桐聖子(オルガン)
    ◎第21回(2月24日)《チャイコフスキー「交響曲第4番」》
    ◎第22回(3月3日)《藤井フミヤ×「ポップスとクラシック」》
     トークゲスト:藤井フミヤ(歌手)
    ◎第23回(3月10日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第2弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第24回(3月17日)《交響詩「ローマの松」大特集》
    ◎第25回(3月24日)《奇跡の歌声「ソプラニスタ」》
     ゲスト:岡本知高(ソプラニスタ)
    ◎第26回(3月31日)《名場面・名演奏スペシャル》
     ゲスト:斉藤一也(テレビ東京アナウンサー)
    ◎第27回(4月7日)《宝塚の魅力》
     ゲスト:明日海りお(宝塚歌劇団・花組トップスター)、南里沙(クロマチックハーモニカ)
    ◎第28回(4月14日)《ワルツ王、ヨハン・シュトラウス2世》
    ◎第29回(4月21日)《日本の歌》
     ゲスト:高津佳(歌手)
    ◎第30回(4月28日)《フォルテピアノの魅力》
     ゲスト:久元祐子(フォルテピアノ)
    ◎第31回(5月5日)《寺井尚子×ジャズ・ヴァイオリンの魅力》
     ゲスト:寺井尚子(ジャズ・ヴァイオリン)
    ◎第32回(5月12日)《冨田勲「ジャングル大帝」》
     ゲスト:冨田勲(作曲家)
    ◎第33回(5月19日)《18歳でデビューした天才ピアニスト・松田華音×ロシア》
     ゲスト:松田華音(ピアノ)
    ◎第34回(5月26日)《“天使の歌声”ウィーン少年合唱団》
     ゲスト:ウィーン少年合唱団
    ◎第35回(6月2日)《安倍なつみ×関西フィルが贈るミュージカルナンバー》
     ゲスト:安倍なつみ
    ◎第36回(6月9日)《トランペット特集》
     ゲスト:白水大介(関西フィル首席トランペット奏者)
    ◎第37回(6月16日)《夏の夜にオーケストラで楽しむ千夜一夜物語・・・「シェエラザード」に隠された謎》
    ◎第38回(6月23日)《映画音楽特集 第3弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第39回(6月30日)《ベートーヴェン、不滅の恋人》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)
    ◎第40回(7月7日)《平原綾香×「ポップスとクラシック」》
     トークゲスト:平原綾香(歌手)
    ◎第41回(7月14日)《「ねこふんじゃった」の世界》
     ゲスト:デイヴィッド・ハウエル(指揮者、作曲家)
    ◎第42回(7月21日)《冨田勲×シンセサイザー》
     ゲスト:冨田勲(作曲家)
    ◎第43回(7月28日)《林英哲×「太鼓とクラシック」》
     ゲスト:林英哲(太鼓奏者)
    ◎第44回(8月4日)《左手のピアニスト、舘野泉》
     ゲスト:舘野泉(ピアノ)
    ◎第45回(8月11日)《山中千尋×ジャズの魅力》
     ゲスト:山中千尋(ジャズ・ピアノ)
    ◎第46回(8月18日)《オペレッタの魅力》
     ゲスト:三谷結子(ソプラノ)
    ◎第47回(8月25日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第3弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第48回(9月1日)《映画音楽特集 第4弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第49回(9月8日)《クロマチックハーモニカの魅力》
     ゲスト:南里沙(クロマチックハーモニカ)
    ◎第50回(9月15日)《生誕150年記念!シベリウス特集》
    ◎第51回(9月22日)《作曲家・菅野祐悟の世界》
     ゲスト:菅野祐悟(作曲家)、藤原道山(尺八)
    ◎第52回(9月29日)《冨田勲「源氏物語幻想交響絵巻」》
     ゲストコラボ:ホリ・ヒロシ(人形師)
    ◎第53回(10月6日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第4弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第54回(10月13日)《交響詩「モルダウ」大特集》
    ◎第55回(10月20日)《荘村清志&福田進一「ギターアンサンブルの魅力」》
     ゲスト:荘村清志(ギター)、福田進一(ギター)
    ◎第56回(10月27日)《サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付」大特集》
    ◎第57回(11月3日)《映画音楽特集 第5弾》
     トークゲスト:有村昆(映画コメンテーター)
    ◎第58回(11月10日)《門奈紀生×タンゴの魅力》
     ゲスト:門奈紀生(バンドネオン)
    ◎第59回(11月17日)《神戸里奈×バレエ音楽の魅力》
     トークゲスト:神戸里奈(バレエ・ダンサー)
    ◎第60回(11月24日)《ベートーヴェン「交響曲第7番」大特集》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)
    ◎第61回(12月1日)《サクソフォン奏者・須川展也さんと吹奏楽部を訪問!第5弾!》
     ゲスト:須川展也(サクソフォン)
    ◎第62回(12月8日)《奇跡の歌声「ソプラニスタ」岡本知高の素顔》
     ゲスト:岡本知高(ソプラニスタ)
    ◎第63回(12月15日)《組曲「宇宙戦艦ヤマト」》
     ゲスト:ささきいさお(歌手・声優・俳優)
    ◎第64回(12月22日)《クリスマス・スペシャル》
     ゲスト:半田美和子(ソプラノ)

    [今後のラインナップ]
    ◎第65回(12月29日)《名場面&名演奏スペシャル》
     ゲスト:斉藤一也(テレビ東京アナウンサー)

    【2016年】
    ◎第66回(1月5日)《ニューイヤー・スペシャル〜ヨハン・シュトラウス2世を大特集》
     トークゲスト:新井鴎子(クラシックコンサート構成作家)

    を予定しています。

    どうぞお楽しみに!


  • 2015.8.14(金)
    関西フィルNews
    8月のマグノリアコンサート

    みなさまこんにちは
    お盆ウィークはいかがお過ごしですか?
    お盆が過ぎたらいよいよ夏も後半戦ですね
    夏の疲れが出やすい時期なので、体調管理に気を付けて
    湿度の高い日本の夏を乗り切ってまいりましょう

    さて、お盆明けの8月19日(水)、
    毎月恒例のマグノリア・サロンコンサートがございます
    8月はクラリネットの梅本貴子、そしてヴィオラの中島悦子が出演いたします

    IMG_8103

    共演していただくピアノの森玉美穂さんと。

    このおねえさまトリオでマグノリアコンサートに出演するのは
    これで3回目になります。
    音楽の相性がとっても良くて、演奏が楽しい!とのこと


    IMG_5218

    こちらはサービスのオフショット
    悦子ねえさんはヴィオラで顔を隠しています

    トリオのリーダー梅本より、みなさまへメッセージです

    『今回で第7回目を迎える梅本貴子によるアンサンブルシリーズですが、
    その中でも今回は最多出場でもある、ヴィオラとのトリオです。
    クラリネットとヴィオラはとても音色が似ていて、
    室内楽の中では一番心地よい響きがするのではないかなと思っております。
    今回の作品はドイツロマン派の作曲家ライネッケ、
    そして、フランス近現代の作曲家フランセのトリオを取り上げます。
    ロマン派の熱い作品とエスプリ感満載の軽快で爽やかな作品という
    コントラストのある作品に挑戦します。
    この暑い夏を吹き飛ばすような熱い演奏をお届けしたいと思います。
    是非、皆様のご来場を心よりお待ちしております。』


    IMG_6124

    ライネッケとフランセ、どちらも「クラリネット、ヴィオラとピアノのためのトリオ」
    という、そっくり同じタイトルがついている曲なのですが、
    まったく印象が異なりますので、とってもおもしろい聞き比べができると思います。
    是非とも実際に聞き比べてみてください

    奏者の表情や雰囲気などにも、ご注目くださいね
    二つの曲でどんな表情を見せるのか、
    奏者の息使いを間近に見ることのできる、
    マグノリアコンサートならではの楽しみかたです

    ドイツロマン派のカール・ライネッケは、
    スメタナやブルックナーと同じ年1824年に生まれています。
    今日の日本ではフルート協奏曲くらいしか一般には知られていませんが、
    当時のドイツ音楽業界では、文字通りの大御所としてその名を轟かせていました。
    あの、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」初演を指揮したそうですよ。

    対するフランスの作曲家ジャン・フランセは1912年生まれで
    1997年に没しました。ごくごく最近ですね。
    いわゆる現代音楽の方面へは進まず、おしゃれなフランスを地で行く
    軽妙洒脱でひょうきんな作品を多数残しています。

    ライネッケとフランセは、ふたりともかなり多作な作曲家で、
    膨大な数の曲を残しています
    そしてふたりとも長生きしました
    単なる偶然の共通項ですけど、もしかするとなにか
    通じるところがあるかもしれませんね

    8月のマグノリアは≪19時30分開演≫です
    今すぐ手帳にメモをお願いします
    18時45分よりホールを開場します。暑い時期ですので、ちょっと早めに到着して、
    ロビーやお隣のカフェで涼みながら呼吸を整えて・・・
    梅本・中島・森玉の熱~いトリオをお楽しみくださいませ
    ご来場をお待ち申し上げます

    【マグノリア・サロンコンサート】
    [日時] 2015年8月19日(水)19:30開演(18:45開場)
    [場所] 逸翁美術館 マグノリアホール
      (阪急宝塚線「池田」駅下車、北東へ600m)

    [出演]
     梅本 貴子(関西フィル・首席クラリネット奏者)
     中島 悦子(関西フィル・首席ヴィオラ奏者)
     森玉 美穂(ピアノ)
    [プログラム]
     ライネッケ:クラリネット、ヴィオラとピアノのためのトリオ 作品274
     フランセ:クラリネット、ヴィオラとピアノのためのトリオ
    [入場料]
     全席自由¥1,000
     (※120名様限定です!)
    [お問合わせ]
     逸翁美術館:072-751-3865