Page Top

  • 2014.2.25(火)
    関西フィルNews
    チューバ4本でマグノリア

    みなさま、こんにちは

    2月ももう終わり、あっという間ですね
    先日にゃんにゃんにゃん(2月22日)のマグノリアコンサートが終わった~!
    と思ったら、もうすぐそこに3月のコンサートが迫ってきています!

    2月はギオルギ・バブアゼと友永健二のヴァイオリンで
    室内楽らし~い音楽をお届けいただいましたが、
    次なる3月は・・・



    吉野竜城プロフィール写真

    我が関西フィルが誇るコメディアン(のひとり)、チューバ吉野竜城による
    なんとチューバ4本のアンサンブルです

    共演は、
    大阪フィルの川浪浩一さん、
    そして、久村泰輝さん、濱崎誉人さん

    川浪浩一プロフィール写真久村泰輝プロフィール写真濱崎誉人プロフィール写真


    チューバが4本・・・迫力ありますね

    金管楽器の中で最も大きく、最も低い音域を担うチューバ。
    「テューバ」「チューバ」と2通りの表記があります。
    関西フィルでは普段は「テューバ」と表記することが多いのですが、
    今回は吉野が愛する「チューバ」の名称で進めさせていただきます

    吉野からみなさまにメッセージです
    ~~~~~~~~~~~
    今回は4人がかりでチューバの魅力をお楽しみいただこう、
    ということで、なんとも暑苦しい企画です。
    落語で言う「一門会」のような感じで(笑)
    大阪フィルの川浪さんは、実は関西フィルの吉野の生徒です。
    若い久村・濱崎両氏は難関をくぐり抜け見事、海上自衛隊、陸上自衛隊の音楽隊に合格、
    この春から入隊する事になっています。
    今回はピアノを使わずチューバだけのアンサンブル、無伴奏ソロを
    お楽しみいただきたいと思います。

    チューバには古典、ロマン派のオリジナル作品が無いので、
    他の楽器の作品を借りて演奏する事が良くあります。
    オケでおなじみの「軽騎兵」序曲をチューバ4本で演奏します!

    「セレナーデ12番」は1963年に書かれたチューバの「古典」、
    作曲者のパーシケッティは、長らくジュリアード音楽院の教授を務め
    門下には三宅榛名さんや一柳慧さんなどもおられます。

    現在も活躍しているグラントの「Three Furies」 は新しい世代のスタンダードです。
    それぞれの作品をお楽しみ下さい。

    ~~~~~~~~~~

    チューバ4本で「軽騎兵」
    「重」騎兵にならないことを祈るばかりです

    ところで、
    管楽器専門誌の「パイパーズ」3月号に、吉野が登場しています

    IMG_1168IMG_4245

    こちらもぜひご覧になってくださいね

    3月1日(土)のマグノリアコンサートも、お昼14時の開演です
    マグノリアホールは駐車場も完備されていますので、
    お車でのご来場もOKです。
    チューバ4本のアンサンブル、めったに聴けない「チューバ祭り」、
    みなさま是非ご来場くださいませ

    【マグノリア・サロンコンサート】
    [日時] 2014年3月1日(土)14:00開演(13:15開場)
    [場所] 逸翁美術館 マグノリアホール
      (阪急宝塚線「池田」駅下車、北東へ600m)

    [出演]
     吉野 竜城(関西フィル・チューバ奏者)
     川浪 浩一(大阪フィル・チューバ奏者)
     久村 泰輝(チューバ)
     濱崎 誉人(チューバ)
    [プログラム]
    ~マグノリア・チューバ祭り~
     スッペ/久村泰輝:「軽騎兵」序曲
     ジェームス・グラント :Three Furies
     ヴィンセント・パーシケッティ:Serenade No.12 For Solo Tuba
     テレマン:無伴奏フルートの為のファンタジー12番  
      他
    [入場料]
     全席自由¥1,000
     (※120名様限定です!)
    [お問合わせ]
     逸翁美術館:072-751-3865